森の中のバール「FATTORY」@ウドムスック




スクンヴィットのソイ66は、ほぼウドムスックの駅前である。

今日はソイ66にあるバールの「FATTORY」で夕涼みしよう。

01_1329fatry.jpg



場所は、以前行ったカフェ「ルート66」の向かいである。


ソイ66はideoMobiのショールームの角にあるソイである。

01_1636rocaf.jpg


このバール「FATTORY」は夕方17時~23時にオープンするのだが、土日は12時~14時にランチもやっているようだ。ずいぶん短い時間じゃないか。

02_1333fatry.jpg

03_1345fatry.jpg

お店の中はアールデコなアイテムがいっぱい。

ちょいとシャンソニエを連想してしまう。


[さくらんぼの実る頃/加藤登紀子Le Temps des cerises Tokiko Katho]


💛 💙 💜 💗 💛 💙 💜 💗


通してもらった席は、昔懐かしSINGERミシンの台だった。でもミシンペダルは踏んでも動かない(当然か)

04_1817fatry.jpg



水の音がすると思ったら、目の前に水の流れるオブジェがある。
二階に通じる階段は飾りだから歩けないようだ。

05_1823fatry.jpg



料理はハンバーグ。う~ん。旨いことは旨いとは思うんだが。
こじゃれているから、ガッツリ食べるには不向きです。
ビールもシンハの小瓶しかないな。リオもあったけど。


06_1835fatry.jpg


この子が料理を運んでくれました(うそ)
各テーブルを順にまわってお相手をしてくれてます。

07_1843fatry.jpg



特に賑やかな音楽が掛かっている訳ではなく、話し声が大きい訳でもない。
静かに思い思いのひと時を過ごせるそんなバールだね。
「飲み屋」というよりは、「喫茶カフェ」




どうです?ウドムスック。

タイの下町の雑踏かと思ったら、こんなアーバンライフなスタイルのお店もある色々バラエティ豊かな街でしょう。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

そのイサーン料理、日本人には食べられないよ




いや、中には平気な日本人もいるかもしれないけど。
多分美味しくて病みつきになって、体を壊すかもしれないけど。


何かというと

「ラープ・ムーディプ:生の豚肉と生の血液で作ったラープ」

01_2290laplu.jpg


「いやぁ、サイコーっすよ。コレ。絶対アロイアロイよ。アロイマークだから、試してみなよ。」
とメコン片手にへべれけ状態で歓待してくれるのですが。

今一歩の勇気がありません。

いやいや。勇気の問題じゃあないのかもしれん。

02_2289laplu.jpg


********************************************************
「しかたがないね。じゃあこれならどうだ?」

と次のお勧め料理は、

「豚肉の刺身イサーン風」

03_2286laplu.jpg


いやぁぁぁぁ。これもダメだろ。生の豚肉ユッケだろ。
ふつう食べたら、死ぬよ。

その他にも、出てくるものは豚の生レバーのラープとか。いろいろ。

04_2288laplu.jpg


結局、すべてお断りして、焼き魚だけもらいました。
タイ人のパーティに行くと、お飾りなしの真のタイ料理が出てくるのだけど、日本人には食べられないと思うよ。



「日本人。生の魚は食べるのに。生の豚。食べない。不思議。」


病原体が、寄生虫が、というややこしい話をしても始まらないので、「日本人は食べられないよ。これ」で通すしかありませんな。



そういえば、殺人バクテリアで有名なビブリオも生魚を食べたら感染して死ぬわけだが、外国人から見たら生魚を平気で食べる日本人もクレージーに見えるのかもしれない。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

タイで出来るスペイン料理「ガルバンゾス・コン・チョリソ」




意外に思えるのが、タイは日本の農産物以外の諸外国からの輸入食品が安いので、輸入食材が手軽に手に入る。

チットロムのセントラル・デパートの食品売り場に行ったら、「ガルバンゾス(ヒヨコ豆)」が売っていた。

チョリソはハム売場に行けば置いてあるが、小さいサイズでも155バーツである。

01_1358galbanzo.jpg
[チョリソ]


レシピ

ヒヨコ豆 100g
ニンニク 2
トマト 1/2
骨付き豚 1/2
チョリソ 1/2
骨付きハム 1/4
ベイリーフ 1
パプリカ 大さじ1
オリーブオイル 大さじ4
唐辛子
岩塩
コショウ



とあるが、このレシピだと豆が多すぎるので少な目に使う。

骨付きハムは手に入らなかった。
そこで代わりにベーコンを使う。

要は塩味が効いていればいいのだが、豚肉は骨付きの方が美味しくなる。



豚肉とスペアリブとベーコンをニンニク、ベイリーフ、唐辛子と炒めて焼き色が付いたら、下茹でしたヒヨコ豆を加えて30分くらい煮込む。
その後放置冷却して味がなじんだ頃が食べごろ。

02_2017galbanzo.jpg
[ガルバンゾス・コン・チョリソ]


実際にはこれというルールもないので、野菜もいろいろ入れてみるといいかもしれない。


ただし大根は水っぽくなる。ジャガイモも炭水化物がかぶるので勧められない。

豆料理ではなくて、スープなので、豆は入れすぎないこと。
入れすぎてしまうとベイクドビーンズみたいになってしまう。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ゴールデンシャワーの咲く頃




ゴールデンシャワー Cassia fistula(マメ科)とは、タイを代表する花である。

01_0258gdnsw.jpg


まるで金色の雨のように降り注ぐ花びらは、亜熱帯の陽気さとアンニュイさを表現しているようである。

年中咲いているような気になるのだが、一番見事なのは乾季の終り頃、暑季の訪れがそろそろ気になる3月のころである。

このゴールデンシャワーの花の咲く頃が、暑さが一番こたえる。

何気なく花を見ているうちに、クラクラとしてくるのは、ゴールデンシャワーの陽気にあたったせいなのか。

02_0268gdnsw.jpg



********************************************************
タイならどこでも見かけることのできるゴールデンシャワーであるが、美しい花となると探すのが難しい。

この花は結実すると黒い長細い実がなる。しばらくすると実が弾けて少しべたつき気味の種が出てくる。この頃になると先の方から花が枯れて茶色に変わる。
全体に淡い黄色から山吹色に変わる。

03_0278gdnsw.jpg



カセサート大学の構内にあるゴールデンシャワーの並木は美しい。

さすがに農業大学だけあって、花の管理に関しては一日の長がある。

04_0288gdnsw.jpg



ゴールデンシャワーには抜けるような青空がよく似合う。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

昭和のハムカツカレー



今日は「昭和のカレー」というタイトルで昔の懐かしい味を再現してみます。

まずはカレールーから。

カレールーは「オリエンタル・マース・カレー」を用意します。

01_2433swcury.jpg


なにそれ?知らないんだけど・・・

オリエンタルといってもオリエンタルランドじゃあなくて、稲沢(愛知県)にあるオリエンタルです。

昭和30年代から販売しているチャツネ入りのカレー。
マースって火星のことかと思ってたけど、調べたらマンゴー・アップル・レーズン・スパイスの頭文字をとってるらしい。

チャツネ入りと書いてあって、小さなプラ容器に黒っぽい液体が入っていたけど、インド料理のチャツネだと思ってはいけない。

これはチャツネ風味でもチャツネもどきでもない。ウスターソースが一番近い。

********************************************************
人参、玉ねぎを炒めてカレールーを入れてよく煮込みますが、
出来上がり少し単調です。

そこでカツカレーにします。

トンカツを使ったのでは、レトロではないですね。ここはハムカツにします。

薄切りハムを2枚一組で小麦粉と溶き卵をつけて、パン粉を薄くまぶします。(グルメをめざして厚切りハムなどというものを使うのは外道)

衣は決して厚くなったり、ハネの立ったカツとかにしてはいけない。衣はぺったんこなのがいい感じ。


出来上がりは学校給食によく出てくる味に近くなりました。

02_2434swcury.jpg
[ハムカツ入りカレー]


最後はウスターソースで味のバランスを取りましょう。

ところでカレーパッケージのオリエンタル坊やは、なぜ顔が白いんだろう。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : おうちごはん   ジャンル : グルメ

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR