カナダで爆買い




さてシー島専用コンパスカードをゲットしたので、「McArthurGlen Designer Outlet」に買い物に行きましょう。スカイトレインはテンプルトンで下車します。

入口は何となくTDL風でもあります。

01_2107outlet.jpg


02_2105outlet.jpg

03_3028outlet.jpg


ぐるりと外側だけを眺めて、少しお茶だけでも飲んで帰ろうかということだったのですが。。。。

********************************************************

まあ1軒くらいは入ってみようかということで、「リーバイス」に入ります。
外看板に50%オフとありますので、安い商品でもあるかもしれません。

04_3029outlet.jpg


入口付近にはごくごく少数だけが50%OFF商品で展示してあったんだけど、棚の裏側に回ったら、50%OFFをさらに50%OFF、つまり75%引きになっていた。
それで色々試着してみて選んだのが「Levis 511 ジーンズ」$24.99

05_1855outlet.jpg


じゃあこのジーンズに合わせてシューズもそろえなくちゃと思ってつぎに「VANS」に入ります。
「VANS チャッカロー スニーカー」$79.95

06_1515outlet.jpg


トップスは、ラルフローレンにはいいのが無かったので、隣の「カルバン・クライン」に入ります。
「Calvin Klein ポロシャツ」$41.70

07_1854outlet.jpg


「Calvin Klein スポーツシャツ」$55.65

08_1857outlet.jpg


バッグもそろえましょう。クロスボディバッグを探します。
「TOMMY HILFIGER トミーヒルフィガー メッセンジャーバッグ」$48.65

09_1852outlet.jpg


まだまだ買い物は続きます。
「Calvin Klein 財布」$47.70

「American Eagle チノ」$44.96
「American Eagle ジーンズ」$44.96
・・・・・
・・・・・

「American Eagle」は、バンコクではメガバンナーやサイアムスクエアワンにも出店してるから、そう珍しいブランドではないのだが。



ふと我に返ると、これはまた随分と買い物をしたもんだ。
それに「American Eagle」なんて大学生の着るようなパンツじゃないか。


「McArthurGlen Outlet」にはよい子は近づいてはいけません。後先考えずに買い物をさせてしまう魔力(魅力?)のようなものがありますね。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

シー島のみで使えるコンパスカード




今日の午後のフライトで日本に戻ります。

少し時間があるので、荷物を空港に預けてから「McArthurGlen Designer Outlet」に買い物に行きましょうか。

「マッカーサーグレン」はテンプルトンにあります。


ここで少しスカイトレインの空港支線の料金体系を説明します。

空港支線ゾーンからスカイトレインに乗るには空港税として$5かかります。つまりそのままではゾーン1料金$2.75+$5.0=$7.75必要です。

もう一つのルールとして、空港支線区間のシー島中では無料通行が出来るというのがあります。

Vancouver_Skytrain_Map.png
[Skytrain map]

この2つのルールはコンパスカードが自動的に判断するものと思っていたが、どうも違うようだ。旅行が終盤なのでコンパスカードの残量がギリギリの状態でこの区間を利用したら、残高不足で駅から出れないという旅行者を見かけました。


カード料金不足にならないように十分にチャージしてある場合のみ一度引き落としてから払い戻しをされるようです。でも十分なチャージをしてしまうと都心に戻らないと払い戻しができない。

そこで安全な方法は、空港支線用にコンパスカードを買いなおすということです。これは無料で発券されます。


いちおうトランスリンクのHPでの説明はこうなってます。
「Customers can travel for free between Sea Island stations by obtaining a "Sea Island Only" Compass Ticket, or by travelling with a Compass Card. The system will refund all charges related to Sea Island-only travel when customers tap out with a Compass Card.」

《シー島専用カードでもコンパスカードでも無料で使える。システム上シー島のみで利用した場合は使用したチャージはリファウンドされる》

********************************************************
空港支線のあるシー島専用のコンパスカードは、空港支線の3駅、YVRエアポート、シーアイランドセンター、テンプルトンでのみ発券されます。

「New Compass Card」をクリックします。次のメニューの右下に「Sea Island Only」というのがあるから、そこをクリックします。これで白いシー島専用カードが発券されます。

ただしこのカードは空港敷地の中だけ有効なので、この3駅から外には行けません。

02_3033seacomp.jpg


テンプルトンからYVRに戻るときにも使おうとしたらダメだった。どうやら1回のみの使用らしい。もう一度「Sea Island Only」カードを発券します。

これは何度でも発券できるので、時間さえあれば何回でも往復は可能ということになります。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

朝のスタンレー公園




朝の散歩で「スタンレーパーク」に向かいます。

ハイアット・リージェンシーからはすぐ横のマックまで歩くとバス停があり、そこから240、246、250番などのバスに乗ると5分でスタンリーパークに到着します。



とはいえ、スタンレーパーク自体は非常に広いので、歩いて回るには大変です。

一周する気ならレンタサイクルがいいかもしれません。
レンタルバイクなどは無かったな。

********************************************************
まずは「Vancouver Rowing Club」を目指します。

なんとなくレストランかと思ったら、ヨットハーバーで、係留するだけだった。係留1泊$5、宿泊は無し。パーティー会場としての利用は可能。

ここからはバンクーバーのコールハーバーがよく見えます。

01_2860stpark.jpg


ここからは森の中に入って「Stanley Park Pavilion」に向かいます。

動物も多そうだし、ガイドブックにもそう書いてあったけど、実際には動物には遭遇しなかった。

やはり都心でこんなに整備されていたら、動物もいなくなるのかもしれない。

Stanley Park Pavilionでは結婚式のパーティーの準備で庭一面に白いクロスを被せたテーブルが並んでいました。
やはり雰囲気的には結婚式+パーティー+森の中=インスタ写真ということでしょうか。

02_2862stpark.jpg


ちょいと目には自然公園に見えるんだが、ジョギングの人やら、サイクリングの人やら、と結構にぎやか。

03_2859stpark.jpg

それにしてもイヌもネコも出てこないというのは、いささか生活感が無さすぎ。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

オカナガンワインはワイネ・グレツキーかシダークリークか




わざわざタイから毎年のようにバンクーバーまで来るのはなぜか。

答えはワインがあるからである。



いやいや決してタイのワインがマズ〇などと言うつもりはないです。

フランスワインがあるのに。という質問も返答に困る。

敢えて返答すると、フランスワインは私には苦い。

タイのワインは酸っぱすぎる。。。と感じる。

まぁ、ワイン好きじゃあないのかもしれないけどね。



という超シロートとしてのワイン評です。

********************************************************
BC(British Columbia)ワインのうちでオカナガンワインと呼ばれるものは、オカナガン渓谷産ワインのことである。

オカナガン渓谷の中心はオカナガン湖になっており、周囲のワイナリーが多いのはケロウナ地区である。

サウス・ケロウナ地区のワイナリーで有名なのは「Summerhill Pyramid」、「Cedar Creek」、「Gray Monk Estate」、ダウンタウン地区で有名なのは「Sandhill」などである。



それぞれのワインの生産年度毎に評価グラフがあって星が付いているが、星が低いからと言って質が悪いということでもない。ただそれが好きだという人が多かっただけなので、星が多いというのは万人向きということかもしれない。


では片っ端から飲み比べてみればいいかというと、それはそれで大変である。


目指すポイントは二つ。

1番目は安くておいしいこと。

高くておいしいなどというのは当てにならない。高いから美味しいはずだ、美味しくないけど美味しいと言わないとミジメだ。という強迫観念で酒を飲むのはやだね。


2番目は地元の居酒屋で出していること。

実際には星の数ほどもあるワインなどどれがいいのかわからない。地元の居酒屋で使っているのは、安くて美味しいワインに違いないという勘です。
それでも居酒屋で出していないワインで美味しいのを見つけると、それはそれで発見した喜びもあるのだが。



それで今回のおすすめは2種類のワイン

1番目は「CEDARCREEK PINOT NOIR_2015」ピノノワールというから黒ワインみたいな名前だけど、これはブルゴーニュ系ブドウの品種の赤ワイン。「シダークリーク・ピノノワール 2015」は白いエチケットである。確か2013年物は赤いエチケットである。$24.49

「シダークリーク・ピノノワール 2015」は繊細で豊かな味わいのあるワインである。クリスマスの夜に飲みたいワインだな。


ピノノワールといえば、「ロマネ・コンティ」が一番有名だけど、なにせ高い。13万円のワインは果たして美味しいと評価できるのだろうか。

01_CEDARCREEK PINOT NOIR_2015
[CEDARCREEK PINOT NOIR_2015]


2番目は「WAYNE GRETZKY OKANAGAN PINOT GRIGIO 2016」ピノグリを使った口あたりの爽やかなワイン。これは気が付いたら一瓶が空っぽになっていたというワインなので飲みすぎに注意。$14

ピノグリというのはピノノワールの突然変異で色が抜けたものらしい。そこで他の白ワインに比べるとやや色がついている。ロゼほどじゃあないが。

白ワインというのは、日本酒的な白ワインもあるがデザート的な白ワインもある。デザートと言っても甘いという意味ではなくて、料理に添えて飲むか、料理の後でじっくり飲むかの違いだけど。

02_WAYNE GRETZKY OKANAGAN PINOT GRIGIO 2016
[WAYNE GRETZKY OKANAGAN PINOT GRIGIO 2016]


あえて2本に絞ってみたが、次点にするには惜しいワインもある。
「CEDARCREEK EHRENFELSER 2016」$17.5

これはリースリングに似た感じの白ワイン。軽めである。
エーレンフェルザーというブドウは聞きなれないが、ドイツワインに使う品種である。

これもデザートのように食後に音楽を聴きながらじっくり味わいたい。

03_Cedar Creek 2016 Ehrenfelser
[CEDARCREEK EHRENFELSER 2016]


「CEDARCREEK CHARDONNAY PLATINUM BLOCK 5 2015」$39.99も捨てがたい。
シャルドネを使った白ワイン。シャルドネだからさっぱりした辛口である。

料理と合わせるタイプのワインだが、イタリア料理のようなオリーブオイルたっぷりの料理には、やはりシャルドネは欠かせない。


04_Cedar Creek 2015Plattinum B5 Chardonnay
[CEDARCREEK CHARDONNAY PLATINUM BLOCK 5 2015]

※ワインは消費税5%の他に酒税10%が付くので、この価格に15%加算します。
********************************************************

ワインをどこで入手するかという問題については、ワイネ・グレツキーのワインブティックリスト(クリックで別窓が開きます)では「BC LiquorStores」を指定している。店舗はバンクーバー全体で展開しているが、ウォーターフロント駅の前のハーバーセンターが一番行きやすい。ウィスラーにもある。

他の購入方法とすると、ワイナリーから直接送ってもらうこともできる。「WAYNE GRETZKY」では会員になれば、オンタリオ州に限り初回無料で送ってもらえる。


荷造りにする箱などは売っていない。日本に持ち帰るには、ワインの輸送箱を日本から持っていく。輸送箱をAmazonで購入してホテルに配達してもらう。パッキング材を別に購入する。などの方法がある。
「BC LiquorStores」で聞いたら、お隣の「Dollarama」にあるかもね。ということでお隣で探したら$2.5でクッションマットがあった。これで瓶をグルグル巻きにしてガムテープを貼れば梱包材になった。
「Dollarama」というのは100均ショップみたいなものなので、だいたいの雑貨がそろう。

05_BC LiqureShop
[BC LiquorStores:グーグルマップから]





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

黒リス君に再会&日本まで連れて帰ってしまいました




「Britannia Shipyards National Historic Siteブリタニア造船所ナショナルヒストリックサイト」を出て、ウッドデッキのdykeTrailダイクトレイルを歩いてステブストンパークに向かいます。


13_2820ritstm.jpg


ステブストンパークには日本カルチャーセンターがあります。カルチャーセンターというのは空手の道場です。普段は開いてはいないようです。

01_2064blsqul.jpg


02_2065blsqul.jpg


********************************************************
この公園にもBlack Squirrel黒リス君がいます。リッチモンドならだいたいどの公園でも会うことができるというサービス精神旺盛な黒リス君です。

03_2063minoru2.jpg
[これは去年の写真]


ちょっと木陰に隠れたつもり。でもしっかり見えてます。

04_2837blsqul.jpg


よいしょ。よいしょと木に登り始めました。いったいどこまで行くのやら。

05_2838blsqul.jpg


ふと気が付くと、ホテルまで付いてきちゃいましたよ。
ちょっとオシャレな手編みのトックをかむって。

06_3553blsqul.jpg


それで現在、日本にまで連れて帰ってしまいましたとさ。
めでたし。めでたし。

07_3640blsqul.jpg


アクアリウムにてstuffy Squirrel $16.99、Toque pom $4.99
(stuffy=ぬいぐるみ。Toque pom=ぽんぽんトック帽子)


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR