「不二家」って名前使ってるけど大丈夫かな




高雄の美麗島駅を出ると、愛河に向かって中山四路を1分くらい歩きます。

左手に「不二家」という気になる看板がありますね、入ってみましょう。

01_3125kaosfujiya.jpg


間口は1間ほどだから、そんなに広くはない店です。

02_3124kaosfujiya.jpg

********************************************************
「太陽餅」と書いてサンケーキと読ませるらしい。サンケーキって何だよ。日焼け止めクリームか?

03_3150kaosfujiya.jpg

中身は普通に中華菓子。パイ生地のようなサクサクとした生地に硬めの餡が入ってます。横浜中華街でも似たようなものがありましたね。


04_3151kaosfujiya.jpg


「桂花酥」と書いてオスマンサス・ケーキと読むようです。オスマンサスって金木犀のこと。台湾は英語の当て字が多いですね。そういえば昔のヤンキー用語で「愛羅武勇」なんてありましたな(古!)

05_3149kaosfujiya.jpg


パイナップルケーキは、これだけなぜか日本語表記です。日本人専用?日本人御愛用?

06_3152kaosfujiya.jpg


このパイナップルケーキが一番おいしかった。台北で買ったどの鳳梨酥よりもしっとりしているので、オススメじゃないかな。1つ35NTD。

パイナップルケーキ(鳳梨酥)ってボソボソしているので、なかなか美味しいものに当たらないんですよ。お土産の定番であり、貰って困る菓子のナンバーワンでもあります。


1938年創業というから、日本の「不二家」と奇しくも同一の創業年です。そこでどちらが本家かというのも難しいかもしれない。

ただパクリとかではなくて、むしろ高雄では日本の不二家以上に名店らしい。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 台湾   ジャンル : 海外情報

台鐵自強号に乗って台南から高雄に戻る



台南の駅までタクシーに乗っていきます。中心部の林百貨店から台南駅(台南火車站)までは初乗り85NTDで行けます。
高雄駅が横浜駅のサイズだから、台南駅は中山駅くらいのローカル駅のサイズかな。

01_3095twtrain.jpg

ここで切符を買うわけだけど、自販機もあるから迷わずに購入できます。列車の種類は、以下の通り。

普悠瑪 28分106NTD(特急)
自強号 35分106NTD(特急)
莒光号 61分 82NTD(急行)
區間車 64分 68NTD(各停)

この特急自強号には悠遊カードを使えば1割引きで乗車できますが、座席指定ではないので、立席または空いている場所に座るということになります。

しかし2016年8月から悠遊カードは、デポジット方式からカード代金100NTD+利用料金のチャージという方式に変わったので、カード代金100NTDを超える利用をしないと不利になる。だいたい高雄/台南5往復してやっと元が取れるということになります。

まあ便利さを取るのであれば、悠遊カードもありかな。

02_easycard01-buy1.jpg

********************************************************

03_3097twtrain.jpg


04_3098twtrain.jpg


「自強号」というのは車両タイプもまちまちなので、列車番号で判断するしかない。

No513は莒光号。4分遅れ。潮州行き。高雄にも行ける。
No3755は沙崙行き區間車。これは新幹線の高鐵台南駅に行く。
No125が自強号。屏東行き。高雄に行ける。

05_3096twtrain.jpg


自強号は台南を出ると次は新左營、その次が高雄です。新左營には高捷MRT、新幹線も併設されている大きな駅です。新幹線では新左營を左營と呼んでいます。

ただし間違えて台鐵の左營駅に行ってしまうと何もありません。紛らわしいから、もう台鐵左營駅という名称は変えた方がいいと思うのですが。

この高雄駅で降りて、高捷MRTに乗り換え紅線で美麗島へ、そこから橘線で市議会駅に向かいます。20NTD

06_3101twtrain.jpg

07_3100twtrain.jpg


市議会駅を出て自然食品の「里仁公司」でサツマイモ粉(蕃薯粉)をお土産に買って帰ります。80NTD

08_3153twtrain.jpg


この粉で何を作ろう。肉圓など出来るだろうか。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 台湾   ジャンル : 海外情報

台南安平は从また从




台南の次の予定地、「安平古堡」に向かいます。ここは元はオランダ東インド会社の植民地居点であるゼーランジア城です。

明の復興をかけた鄭成功がここ安平を包囲してオランダ人を降伏させてからは安平城になったという歴史があります。

「安平古堡」までの参道は安平老街という名前が付いているけど、老街とは名ばかりでお土産物屋さんだらけでそのうえ大混雑。

从・从の状態ですな。(从というのは本当は中国語では"従"だから、人がいっぱいの人人ではないのですが)

01_3087zeranja.jpg


とりあえず、ここの名物の海老せんべいを買ってみましょう。100NTD

カッパ海老せんよりは、板角に近い味ですね。ゆかりを柔らかくしたものと思えばいい。

02_3088zeranja.jpg

********************************************************
人ごみをかきわけて、「安平古堡」に到着です。

ここのほとんどは英国による攻撃で大爆発しており、見る影もなかったのですが、その後の日本の台湾出兵で日本と相談してここのレンガはほとんどを「億載金城」の建設に使ったので余計に何もなくなってしまった。

03_3084zeranja.jpg
[億載金城]

安平古堡のモニュメントみたいな展望台は、実は安平古堡とは関係ないということになります。

04_3089zeranja.jpg
[安平古堡]

実際の安平古堡の方は、この何もない壁の方。
このレンガの城壁がゼーランジア城の唯一の生き残りです。

05_3091zeranja.jpg
[安平古堡]

06_3090zeranja.jpg
[安平古堡]


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 台湾   ジャンル : 海外情報

猫と歩く台南神農老街




吾輩は猫である。名前を艾米莉(エミリー)としておこう。今日は吾輩の案内で台南の神農街を見てもらおうか。

01_1166shennong.jpg


まずは今日のコースの概要からじゃが、肥猫故事館、神農街、古蹟、小吃、廟宇ということになるかな。

02_3074shennong.jpg


まずはスタートが「肥猫故事館」だが、日本語でいうとデブ猫の館ということになる。まあ喫茶店じゃが。

03_3069shennong.jpg


デブ猫館のとなりが「無聊郎」、ヒマな犬屋敷といったところかの。狼と郎をひっかけとるが。

04_3067shennong.jpg


赤ちょうちんをぶら下げておるのが、神農街の鶴百貨という土産物店。
よくみるとハロウィンになっとる。

05_3066shennong.jpg


この田代まさし的人形のある店は、「炸蛋屋」とあるからバクダン卵でも出してくれるカフェかの。台湾のカフェにしては珍しくコーヒーも有ると書いてある。

06_3611shennong.jpg

********************************************************
艾米莉がどっかに行っちゃいましたので、続きを見ていきましょう。

次は「小吃」でしたね。
これは神農街ではなくて、隣の國華街になりますが、一般的な麺類のお店の値段です。

07_3128shennong.jpg


そのなかで「酸辣湯餃」65NTDを取ってみました。だいたい250円くらい。
酸辣湯(すーらーたん)というのは、よくトムヤンクンと同じものだと言う解説もあるけど、似ているのは酸っぱいということだけで、どちらかというと中華卵スープなので全く違います。
この酸辣湯に蒸し餃子を入れたものが、酸辣湯餃です。

08_3132shennong.jpg


最後に廟宇では、神農街の突き当りに「開基藥王廟」があります。

09_3070shennong.jpg

神農というのは、別名薬王大帝といって古代中国の最初の皇帝、三皇五帝の一人なので、ざっと4000年前からの話になります。韓国が今年が檀紀4350年だといいますから、檀紀350年の頃になりますか。



「藥聖恩光昭日月」とあるけど、どの人が薬王大帝だろう?

10_3072shennong.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 台湾   ジャンル : 海外情報

「奉茶茶荘」でお茶をいただきます




翌日、再度台南に行くのに、まず高雄からMRTで左營站に向かう。左營から台南まで新幹線が出ている。新幹線で台南まで15分。切符は140NTD、在来線でも106NTDだからあまり変わらない。

01_3103奉茶茶荘


ただし新幹線の台南駅は町から相当離れている。無料のシャトルバスが台南の中心部まで出ているから、それに乗れば台南へ行くことはできるが、バス時間を含めると新幹線を使うことで速いのかどうかよくわからない。

********************************************************
バスを小西門で降りて、タクシーを止めて「吳園」に向かう。

02_3105奉茶茶荘
[吳園]

吳園の中に昔の日本家屋の「柳屋」がある。「柳屋」の文字を、柳=木+卯=十+八+卯の順に分解していって「十八卯屋」となる。
ここも「奉茶茶荘」だから、出るお茶は同じなんだけど、この店は嫌だと言われて、別の「奉茶茶荘」に向かう。

03_3109奉茶茶荘
[柳屋]

もう一軒の「奉茶茶荘」は、吳園を出て公園路を下り「原台南測候所」の向かい側にある。
こちらは道路にテーブルを置いた店になっている。

04_3126奉茶茶荘
[奉茶茶荘]

ここで「霜乳青茶」35NTDを注文。霜乳青茶とはクリームミルク烏龍茶のこと。

05_3110奉茶茶荘


06_3112奉茶茶荘


これはとっても美味しい。烏龍茶にしては清々しい。お店に入ってどの茶葉を使っているのか聞いてみた。

07_1139奉茶茶荘


それは青茶と書いてある烏龍茶ではなくて、四季春茶とある烏龍茶だよと教えてもらった。その中でも、「赤崁四季春」を使っているらしい。200NTD/75g

08_3154奉茶茶荘
[四季春茶]

茶は凍頂高山茶に近い黄金色で、それより爽やかな香りがする。鉄観音のような烏龍茶とは全く異なるタイプである。アールグレイに近い。
これならアイスミルクティーにも出来そうである。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村

テーマ : 台湾   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR