バンコクで和食を食べてみました

(2013/11/1)


「バンコクで和食を食べてみました」っていまさらですよね。何言ってんのウチら毎日食べてるからって言われそう・・・・

今日はシーロムコンプレックスの『まい泉』に行ってみました。『まい泉』というのは表参道にあるトンカツ屋さんです。

00_maisen0788.jpg

本日のオーダーは黒豚ロースかつセット395バーツです。(サービス料を入れたら434バーツでした)

日本の『まい泉』でも同じメニューの物がありますが、2990円(950バーツ)とタイの2倍もします。タイにとんかつを食べに来た方が安く上がるということです。

  ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇

豚肉はやわらかで、衣がカラッとしていてとてもいい感じです。日本で食べるロースと比べて少し脂身が多いのでロースよりヒレかつの方がヘルシーでしょう。

漬けものは浅漬けが付いてきます。フジレストランのキムチではせっかくのトンカツが死んでしまいます。キムチは焼き肉の時だけにして欲しいです。

お茶(アイスorホット)と味噌汁とデザートが付いてきます。

01_maisen5739.jpg

  ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇

っとここまでは普通の食べログですが、言いたいのはそこじゃない。

店員さんがチーフからフロアースタッフまで100%タイ人のみで、日本人の板前さんとか見えなかった事です。(裏にいるかもしれませんが)

カウンター席で見ていると、タイ人にありがちな喋りながらの作業とか、マイペンライな動線とかがなくて、キビキビと仕事をこなしているし、厨房を見ると注文伝票を料理の下に貼りながら作業をしています。

注文伝票を料理の下に貼るというのは日本ではどんなファミレスでも普通の事ですが、タイでは見た事が無かったです。

今まで料理の順番がおかしかったり、注文ミスがあったり・・・とそれがタイスタイルってもんだと納得していたんですが(しぶしぶ)

なあんだタイ人だってやればできるじゃない(失礼)と思った次第でして。

何が新発見なのかと考えてみたが、トンカツという商品を販売しているのではなくて、トンカツという商品を通じてマネージメントそのものを持ち込んでいる事に新鮮さを感じたのだと思います。

今まで、日本料理店がどんどんタイ化して最後は撤退しているのを見てきましたが、今までのような郷愁にかられた日本人をターゲットにして和食という商品を販売しているだけでは、スタッフがタイ人に変わるといつの間にかお客のニーズに合わせて商品に変貌してしまい、特徴を失って撤退を余儀なくされてしまいます。

ところが商品は工場で前処理されており、スタッフが商品選択ではなくサービスの仕方(衣の付け方とか、調理場の清潔感とか、もてなし感とか)がマニュアル化されている場合はお客は商品ではなくサービスでお店を選ぶようになります。

実際、とんかつ屋さんやカレー屋さんなど星の数ほどに有るわけなので、商品だけを売ろうとしている店は、さっさと淘汰されて、これからはタイ人にも日本人にもウケる店が生き残れるんじゃないかなと思った次第です。

『まい泉』ただひとつ問題点は、タイ人のお客さんで混んでいて、なかなか入れないことです。お昼の2時ころでもお客さんでいっぱいでした。

02_maisen0787.jpg


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

No title

美味しそうですね。しかも日本より安いなんて!

それでも昼食代に約400バーツっていうお値段はそれなりですよね。
でもタイ人客で一杯だなんて、タイ人も裕福になったなって思います。
シーロムというオフィス街だからでしょうか?

No title

>海外暮らしさん いつもコメントありがとうございます

やはりそう思われるでしょう。私も以前の感覚だとタイで400バーツなんて高すぎて。来るのは外人だけかなって思っていたのですが。

でもビミョーにタイ人は裕福なのです。みんなi-Phoneもってるし、歩けばいいような距離をモトサイ使うし。

屋台ご飯を買ってもおいしくないとか言って捨てちゃうし。日本フェアだと言って1個200バーツのリンゴを買ってきてかじっているし、ちょっと逆カルチャーショックです。
非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR