TPPのことでも考えながら林檎のコンポートを作りましょうか

(2013/10/30)

林檎をTOPSで買ってみました。ニュージーランド産で1つ39バーツだから120円くらいでしょうか。だいたい日本と同じ値段です。

01apple_1037.jpg
[TOPSのリンゴ]

日本産のリンゴも隣にありましたが、1つが175バーツ(500円くらい)という大変な値段です。
日本でも500円くらいの大きなフジリンゴはありますが、ここで見かけたものは日本でいうと早生のフジくらいですので日本では100円くらいで買えるものでした。

さて他の物はというと中国産フジリンゴと韓国産リンゴが19バーツ(60円)、アメリカ産のリンゴが60バーツでした。
売れ筋を見ていたら39バーツのものが一番よく売れていました。

このニュージーランドのリンゴは、硬くて酸っぱめのリンゴです。生食にはすこし硬すぎるかな。
蜜がのっているとかというようなことは全くありません。

TPP参加で日本の農産物は壊滅的になる・・・という記事をよく目にするけどTPP参加でこの日本産リンゴが40バーツくらいに下がるとしたら、壊滅するのは絶対に中国産やニュージーランド産の方だと思う。
現時点でも安いだけでは売れないのに、安全で美味しい高級リンゴの日本産が低価格になれば無敵でしょう。

日本の食の安全性が侵されるとも言ってるけど、それって日本以外の国での食の安全性はどうでもいいということなのかな。
日本の安全な果物をどんどん輸出して、食の安全性をアピールすることで、そういうことに無頓着だった他の国の果物の安全性を高めさせる事になる方がいいのではないでしょうか。
********************************************************

さてさて、硬くてすっぱいリンゴです。
こういうリンゴは紅玉と同じで焼くか煮るかすると美味しくなります。
逆に今の日本産のリンゴは生食用ですので、調理するとスカスカになります。

そこで、今日はタイの素材を使って「リンゴのコンポート」を作ってみましょう。
タルトや焼きりんごと違って用具は必要ありませんので、身の回りの物だけで作ります。

用意するものとしては、リンゴ、砂糖、蜂蜜、ワイン、レモンです。

まず砂糖は椰子糖を使います。
椰子糖は文字通り椰子の木の樹液を固めた砂糖です。グラニュー糖にくらべるとコクが強い砂糖ですが、黒砂糖のようにそれだけで存在感を示すほど自己主張は強くは無いので、ジャムやお菓子にとても使いやすい砂糖です。

お店で買うと5cmくらいの半球状の塊になっています。だいたい8個で20バーツくらいです。

02apple_0984.jpg
[椰子糖]

蜂蜜はロイヤルプロジェクトの蜂蜜を使います。チットロムのセントラルワールドプラザの7階にお店があります。
水飴などの混ぜ物を加えていない蜂蜜ですので、加えた時に爽快感があります。
280gで65バーツです。

03apple_1064.jpg
[ロイヤルプロジェクトの蜂蜜]

ワインはとくに銘柄はわかりません。キャバネット・スーヴィニオンと書いてありました。フランスワインらしいです。ANAに乗るとタダでくれます。

04apple_1062.jpg
[ANAの機内で貰ったタダのワイン]

レモンは、タイですからマナオを使いましょう。レモンがあれば、それを使えばいいのですが、たまたまマナオが残っていましたからこれを使いましょう。

05apple-ab6.jpg
[マナオ]

********************************************************
レシピ

リンゴ 4個
ワイン 200mL
水 200mL
椰子糖 4個
蜂蜜 大匙3
マナオ 3滴
********************************************************
リンゴは12等分くらいに切り分けます。4つに割って皮と芯を取って、くし切りにして12等分にします。
皮を残す方法もありますが、外国で調理する時は残留農薬やワックスの事も考えて皮は捨ててしまいます。

リンゴに椰子糖、ワイン、水、蜂蜜、マナオを加えて10分ほど煮込みます。

この水の量に対してリンゴの方が多くて汁に浸からないので、煮る時に困ると思いますので、紙で落としブタをして下さい。
キッチンペーパーを3枚重ねで、リンゴにかぶせればいいでしょう。

07apple_1050.jpg
[キッチンペーパーによる落としぶた]

途中でアクが多量に出てきましたので、弱火にしてひたすら取り続けます。
洗剤でも混ざってるんじゃないだろうか、と思えるほど白いアクが出てきます。
取るべし・・・取るべし・・取るべし・・ひたすら取るべし・・・・

06apple_1048.jpg
[アク取り]

10分ほど煮ると、水の方が上がってきますのでヒタヒタになります。リンゴがしんなりして、半透明になってきますので火を止めます。

煮るタイミングは時間よりもリンゴの透明感の方を目安にします。時間を気にすると煮崩れます。ジャムよりは食感を大事にして煮崩れは防ぎましょう。

08apple1056.jpg
[出来上がりの状態]

殺菌消毒した瓶に入れるとよいのですが、圧力なべが無いので熱湯で消毒しただけの瓶になってしまいましたので、冷やしたらできるだけ早く食べきりましょう。

09apple_1055.jpg
[完成したコンポート]

椰子糖と蜂蜜のコクがあって、さっぱりとしておいしく出来ました。
少しワイン臭があったから、ワインはもう少し減らして替わりにキリンレモンのような清涼飲料を入れてもいいかもしれません。

レシピではシナモンを入れるというのもありますが、お菓子臭が強くなってリンゴの仄かな香りがとんでしまいます。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR