エカマイの本格的なフライトシュミレーター




エカマイのゲータウェイの2階にフライトシュミレーターが出来たので覗いてみた。
以下は下見に行った時の係員の話をまとめたものである。


01_1730fltepe.jpg


ボーイング737-800のコックピットの実機を使った正式なシュミレーターだということである。

まずコックピットにはパイロット、コ・パイロットの2席には左右対称でコントローラーやディスプレイが配置してあり、その後部に2席の機関士席もある。

子供をパイロットシートに乗せた場合は、親が機関士席から見ることも可能だということのようだ。

まず最初にTakeoffするエアポートとLandingのエアポートを選択する。ここには世界中の24000の空港情報がインプットされている。

まずはブリーフィングでは機器の操作法だけではなく、該当する空港の地形や天候状態などもレクチャーされる。ネパール空港のようにダウンヒルではtakeoff(離陸)は早めになるが、Landing(着陸)は地面に激突するリスクがある。広島空港のように霧が出やすいというのもある。

Takeoffに際しては、チェックリストが渡されてコ・パイは各項目について正確に冷静にチェックをしていきチーフ・パイはTakeoffにゴーサインを出すわけだが、コ・パイにまかせっきりではなく自分でもチェックをしていく。Takeoffの前段階の滑走状態をClimbという。

********************************************************
実際に24000の空港シュミレーションを行うのはパイロット養成コース8500B/60minということになる。

実際の入門コースでは4550B/30minということで、空港も1000に絞ってあるし、急激な悪天候などの難コースは無いようである。

初級コースではCity circleというから町の上空を飛び回るというコースになる。「あの町に魔女いるかしら」などとつぶやきながら飛んでみようか。5750B/45min。

02_0032fltepe.jpg


中級コースで6900B、上級コースで9550Bになるが、上級コースでは95分のフライトだから実際に羽田/福岡くらいのフライトになる。9550B(31,780円)が高いか安いかは難しいが、子供の遊びにしては高いが、大人の訓練としては安いのかもしれない。



写真を撮ってみたかったが、450Bと書いてあったのでやめておく。多分自分の子供の写真とかを撮る場合の料金だろうね。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR