八重洲FT-60を買ってみた




「八重洲FT-60」をヨドバシで2万円で購入してみた。FT-60というのは、ハンディトークの無線機です。

ケンウッドやアルインコでも無線機を出しているけど、この八重洲の無線機が一番性能が良さそうです。


01_2037ysutalk.jpg


性能を八重洲無線のサイトから引用してみると、

(1)シンプルな操作で高性能を追求した、最大5W出力・144/430MHz帯FMデュアルバンドハンディ機

(2)1400mAhニッケル水素電池で、VHF帯で約9時間、UHF帯なら約8時間の運用(5Wで送信6、受信6、待ち受け48秒の繰り返し)が可能

(3)ニッケル水素充電池、専用充電器を付属。外部DC電源入力、オプションの単3乾電池ケースなど、充実した電源系統

(4)専用受信機なみのワイドバンド受信。最大1000個のメモリチャンネル
2つのトーン信号の組み合わせを用いたオリジナルのページャー機能

(5)FT-60同士で緊急信号を伝達するEAI機能。グループでの登山などには、アクシデントの対策に

(6)ハンディ機でも海外と交信できる、話題のインターネット広域接続システムWiRESにカンタンにアクセス

********************************************************
上記のスペックのことならスマホでも十分に可能であるし、海外との交信もスマホのLINEを使えばもっとクリアにできるじゃないかと思われそうだけど。

ここにいくつかの特別な機能があります。

1.EAI(エマージェンシーオートマチック)

これは山岳などに行ったときに事故にあった場合。捜索に向かった仲間が事故者のIDをコールすると、事故者が動けなくて発信が出来なくても自動的にエマージェンシーコール音を発信するものです。
もし那須の雪崩事故の時、この機能を生かせたら雪崩の中から救出できたという事になります。

「名探偵コナン:沈黙の15分」では雪崩で雪中に埋まった場合のタイムリミットは15分ということになっていますが、その場合このEAIがあれば機能を発揮できるという事になります。
コナン君は持ってなかったのでサッカーボールを膨らませましたが、ありゃヘタすると雪中で膨らんだボールで圧死したかもしれないね。


2.盗聴器発見機能

FM波を自動的にサーチして盗聴器を探し出します。盗聴器に近づくとビープ音の間隔が短くなり盗聴器を発見できるという仕組み。
これも「名探偵コナン:炎の中に赤い馬」で家中に仕掛けられた盗聴器を発見するのに役立っています。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アウトドア   ジャンル : 趣味・実用

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR