木口の銅葺き




横浜の家でウッドバルコニーを作ったのだが、ペンキ塗りだけを何度かやっていたが、木口が雨風で劣化していた。

木目に沿って柔らかな部分が剥離してしまった。

早速、木工パテを買ってきて剥離した部分を埋めていきます。もう取れそうな部分については、ザックリ取ってしまって、木工パテを充填し新しい木片を埋めていきます。

作業がすべて終わったら、仕上げに木工ボンドを塗っておきます。

炎天下なので2~3日したら固くなっていますので、養生テープを周りに貼って外部用水性ペンキで塗っていきます。これは浸透性のあるものがいいでしょう。

塗ったら乾くまで待って、胴板を上から貼り付けます。
銅板は厚さ0.5、幅100×180を購入。800円。ついでに銅釘も購入。

01_0849.jpg



さてこれを木口に打ち付けるわけだが、意外と作業が難しい。
上面や側面は平気だが、下側から上に打ち付けるのは釘が落ちるし、力は入らないしで結構時間がかかる。
結局、石頭ハンマーで打ち付けるのが一番効くようです。

02_070508-02.jpg
[石頭ハンマー]


完成したのはこんな状態。となりは木工パテの上にペンキを塗った状態。

03_1226dobuki.jpg



ウッドデッキの手すり部分は木口ではないが、木口と木口を合わせてある。
この部分も腐食しているので、カドを覆うように銅板を打ち付ける。

04_1232dobuki.jpg



結局、1枚の銅板に付き3カ所の木口葺きが出来た。
銅板は高いので、全面施工というわけにはいかないので、腐食の進行具合を見ながら追加工事をしていく。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド   ジャンル : 趣味・実用

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR