バンコクで天ぷらを・・・




「バンコクで天ぷら」とタイトルにしたけど、天ぷら料理店の紹介をしたいわけじゃあない。

バンコクの日本食屋さんの天ぷらが「なんじゃこりゃ」状態なので、いっそのこと自分で作ろうかという事である。

まずはタイで一般に使われている天ぷら鍋を見てみると、中華鍋を電熱にしたものが多い。電気中華鍋とでもいうところか。

01_b0fa-a5901a258066.jpg



これでは油が少ないので、中華鍋のように高温でサッと揚げるものには適しているが、やや低温でじっくり揚げるには適していない。

電気だから温度コントロールしやすそうに見えるが、それでもすぐ高温になって、素材を入れるとすぐに温度が下がってしまう。


********************************************************
そこで、ニトリの天ぷら鍋を買って、バンコクへ持ち込みます。

02_1134bktepr.jpg



この鍋は25センチとやや大ぶりなので、油がたくさん必要です。
そのぶん、素材を入れても温度が下がりにくくなっています。
IHでも使えるので便利だけど、鉄鍋なので使用後に油で拭いておかないと錆びてしまいます。
銅ナベは、IHで使えないので却下します。

03_1905bktepr.jpg


この天ぷら鍋。後で気がついたけど、温度計が付いていた。
箱の写真に温度計が写っていたけど、それは別売品とばかり思っていた。箱にはちゃんと温度計付きって書いてあるのにね。

いままでは箸を入れて温度をみるとか、天かすを作ってみるとか、音がシャワシャワというと180度とか、けっこう勘だよりだったけどこれなら楽勝です。

04_1132bktepr.jpg



さっそくキノコとかアスパラとかいろいろ買って、試運転。
天ぷら粉はTOPSで普通に売っていた。15B。

天ぷら粉のままでは衣が厚くなるので、卵の黄身を入れてのばします。
油はコメ油と大豆油を半々にします。

05_2009bktepr.jpg



これは思ったよりも簡単で、ちゃんとした天ぷらになったと思う。

魚介類も揚げたいけど、油が傷んでしまうので、さしあたりは野菜のかき揚げや鶏天を中心に作りましょう。

鶏天って唐揚げと違って、鶏のむね肉でつくる美味しい天ぷらなんだけど、大分の料理なので知らない人が多いようだ。
かしわ天って、もも肉の天ぷらだから違います。(地方によりかしわ天も胸肉で作るようだ)



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん   ジャンル : グルメ

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR