ピアノの調律をしてみよう




日本にいる間にもう一仕事。ピアノの調律をどうしようか。

楽器屋さんに頼むと大変である。しばらく放置したままだから安くて10万、場合によると20万くらいを覚悟しなくてはいけないかもしれない。

そこで自分で調律をすることにする。

まずは音叉だが、音叉には2種類あって、
まずはトーンジェネレーターになっている電子音叉。

これは440HZ(Aの音)を出して、楽器とのずれを診るもの。
いわゆる昔ながらの音叉です。

ヤマハのME-100というメトロノームは、音叉モードもあります。

01_2304pftune.jpg
[YAMAHA ME-100]



もう一方は楽器の出す音をマイクで拾って、周波数を割り出すもの。クロマチックチューナー、電子チューナーという。

02_9554pftune.jpg
[YAMAHA TD-19BK]


クロマチックチューナーの嫌いな人は、音を合わせた気がしないと言いますね。確かに音を合わせたのは機械の方ですから。

********************************************************
トーンジェネレーターもクロマチックチューナーも高いものですから、「お試しで」というわけにもいかない。

実はアプリの方で、そのいずれも揃っている。
トーンジェネレーターでは「Best Tuner」

03_best-tuner.png



クロマチックチューナーでは「Fine Chromatic Tuner」

04_Fine-Chromatic-Tuner.png



「Fine Chromatic Tuner」は、音をマイクで拾い、周波数をコードで返す。これはおおまかなチェックをするもので、「ド」のキーを押したら「C」が表示されているかどうかを見るものである。


調べてみると、ほぼどの鍵盤も周波数は狂ってはいない。ただし、2つのキーで音が不安定になっている。


そこでさらにピッチのずれを「BOSS Tuner」を使って調べてる。これはピッチのずれを左右のポインタで示してくれる。

05_3456pftune.jpg



「レ=D6」のキーなのに、TunerはC6#・D6・D6#の間をふらついている。これは測定レンジを超えた音階なので、倍音振動を拾って測定しているのだろう。
この場合、倍音周波数もピタっと示すものなのか、倍音帯であればこんなものなのかが分からない。
もう少し周波数レンジの広いアプリを探した方が良さそうだ。



もうひとつの不具合は、キーの押さえ方で音の出方が違うというもの。こちらはハンマーフェルトが固くなっているのかもしれない。




********************************************************
どちらにしてもブライドルテープが切れているとか、キーが戻らない、ハンマーが戻らない、というような事は無いようだ。

結論は、正確なタッチを要求するのでなければ、とりあえずそのままでも大丈夫。

勿論、放置するとますます劣化が進むというのもわかるが、すぐにこのピアノを使うという事では無いので、調律費用をかけただけの効果というものも無い。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR