サティ「パラード」、ストラヴィンスキー「火の鳥」



水星交響楽団の55回定演にミューザ川崎シンフォニーホールへ行く。

本日の演目は
サティ バレエ音楽「パラード」
ストラヴィンスキー バレエ音楽「火の鳥」


と近代のバレエ音楽の特集である。


最初に登場する「パラード」とは、原作:ジャン=コクトー、美術:パブロ=ピカソ、音楽:エリック=サティという1917年の当時としては極めて前衛的であり、実験的な作品である。


まず、ピカソのデザインした舞台衣装がとても前衛的。
この森のような人物とビルのような人物とが出てくる。
ピカソのゲルニカに描かれていた馬が出てくる。
こうした奇妙な人物だけかというと、普通の人間も出てくる。

01_du_ballet_Parade.jpg



音楽の方も前衛的である。
パレードのようなお祭り音楽が演奏されているかと思うと、タイプライターやらハイヒールの足音やらも出てくる。ピストルの音も混じっている。
パーカスとして外部音が入るというのはそう珍しいことでは無いが、突然のように入るというのは不思議な感じがする。



[Parade, 1917]

********************************************************
次の演目はストラヴィンスキーの「火の鳥」

サティとストラヴィンスキーとの組み合わせというのは不思議な感じもするが、ジャン=コクトーがバレエ「パラード」の音楽を最初に依頼しようとしたのはストラヴィンスキーの方だったらしい。

同時期にバレエ・リュス(ロシアバレエ団)の公演を介して活躍をした関係ということになる。

さて、「火の鳥」はもう少し前の時期の作品になるのだが、この「火の鳥」については以前より気になって仕方のないことがあった。

「火の鳥」の序奏部で、楽譜にはあるはずのコントラバスの半音階変調の3連符が聞こえないのだ。
JIMMYも歳なので、ピアニッシモのコントラバスの極低音などは聞こえなくなったのかもしれない。

02_sw1149.jpg



それともCDの録音が悪いのだろうか。YOUTUBEでもやはり聞こえない。


[火の鳥 序奏/Bernstein IPO]


生演奏ではちゃんと聞こえました。やはり録音状態か再生機器の問題だろう。極低音を弱音で再生するというのはブックシェルフのスピーカーでは無理かもしれないなぁ。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : コンサート   ジャンル : 音楽

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR