視界一杯の富士と湧水池




今日は折から予定していた富士山を見に出かけることにする。
クルマで出かけるとアクセスは簡単なのだが、すべて公共交通機関だけで出かけてみる。

まずは、横浜を上野東京ラインで出発すると、東海道線の国府津で御殿場線に乗り換える。

御殿場線に入ると2両編成のローカル線なので、このあたりまで来ると旅行気分かと思っていたが、意外と春休みの部活動の高校生などで満席である。

御殿場まで行くと向かいのホームに沼津行きが待っているから飛び乗る。このあたりの列車は1時間に一本の割りだから、乗り過ごすと大変である。

御殿場を過ぎたあたりが、富士山に最接近の位置になる。画面一杯の富士山は、裾野付近まで雪に覆われていたので、まだまだシーズンには遠いようだ。


01_2464fjmtn.jpg


********************************************************
視界いっぱいに拡がった富士山をバックにして、電車はやがて沼津の駅に入っていきます。

沼津の駅にはオオグソクムシの煎餅が売っていた。漁港まで行けばオオグソクムシの刺身とかも食べられるらしい。タイのメンダーをキモチワルイとか言ってるようだが、メンダーは一応は調理してあるので生食ということはない。
してみると日本の方がタイよりは昆虫食がさかんなのかもしれない。

02_gusokumushi.jpg
[オオグソクムシ]

沼津の駅のそばの寿司屋でお昼のランチ海鮮丼をかきこむが、やたらと量が多い。田舎の人はこんなに多量のご飯を毎度食べているのだろうか。流石に苦しいのでご飯は少し残す。

駅前から三島行のバスに乗り込む。「八幡」で下車310円
降りた場所からしばらく歩いていく。
途中に「しぞーかオデン」のお店もある。いまお腹いっぱいだからまた今度。

10分ほど歩くと、道路の向かい側にエディオンやサントムーンやユニクロが見えてくる。ここが「柿田川湧水群」である。
ここまで沼津からバスで向かったけど、土日なら三島からサントムーンまで無料シャトルバスがあるらしい。

03_2474fjmtn.jpg


「柿田川湧水群」というのは、富士山の湧き水の吹き出し口で、柿田川の水源になっている場所である。一帯は公園になっているので、無料でいつまでも寛いでいられる。

04_2472fjmtn.jpg


05_2469fjmtn.jpg


06_2470fjmtn.jpg



富士山の溶岩の中を何年もかけて濾過されて流れ出す水は、透明度は無論のこと、悠久の時の流れを感じさせてくれる。
特段に滝や池があるわけでもないので、観光地には成りにくいのだが、いつまでも佇んでいると泉のパワーのようなものを感じさせてくれるから不思議だ。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 静岡県   ジャンル : 地域情報

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR