巡視船「しきしま」と北朝鮮の不審船

(2013/10/10)
日本に帰っているうちにどうしても行きたかった場所があります。
横浜の海上保安庁(横浜海上保安部)です。
ここには、奄美沖で沈没した北朝鮮の工作船が保管してあります。

横浜の海上保安庁の行き方は、横浜からはみなとみらい線に乗って「みなとみらい」駅で降ります。駅から地上に上がると、クィーンズスクエアに出ます。そのまま新港パーク沿いに赤レンガ倉庫に向かって歩きます。
ヨットの帆の形をしたヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルと、その右には国立横浜国際会議場が見えます。

01-インターコンチ0858
[新港パークから見たヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル]

新港パークでは、季節外れの桜が咲いていました。ちょっとピントが合わなかった。(2013年10月10日です)

02-kita0863.jpg
[桜の花]

ここが横浜海上保安部です。そばには旧横浜港駅のプラットホームと線路が保存されています。大正時代には東京駅から汽船連絡列車が乗り入れ、ここから海外へと旅立っていました。ちょうど成田エクスプレスや関空の南海ラピートのような役割だったわけです。

03-kita0852.jpg
[横浜海上保安庁]

これは、海上保安庁横浜海上保安部所属の巡視船「いず」です。船体番号PL31。船体後部にヘリポートを持っています。

04-kita0848.jpg
[巡視船 いず]

PLH31という大型の船は巡視船「しきしま」です。世界最大の巡視船になり、護衛艦とほぼ同サイズになります。尖閣専属ではりついている最大級の巡視船です。巡視船ですので兵器は最小限になっており、機関砲は4門しかありませんが、内部は軍艦構造になっており、ミサイル攻撃にも耐えられる構造になっていること、航続距離は20,000海里ですからほぼ世界一周を無寄港で長距離航行が可能であることが特徴です。後部ヘリポートからは大型ヘリAS332スーパーピューマを2機搭載しています。

05_kita0923.jpg

19_kita0926.jpg
[巡視船 しきしま]

横浜海上保安部の工作船展示館です。ここに北朝鮮の工作船が引き揚げられて、歴史の証人として保管されています。

06_kita0853.jpg
[工作船展示館]

********************************************************

不審船事件は、2001年(平成13年)12月22日に九州奄美大島沖合の日本のEEZ(排他的経済水域)内において怪しい漁船らしき船が発見されたことから始まります。
不審船は国旗も揚げずに無許可漁業等を行っている疑いで停船命令をしたところ、高速で遁走を始めます。そこで巡視船「あまみ」「きりしま」「いなさ」「みずき」で追尾。護衛艦「こんごう」「やまぎり」も加わります。

そんななかで不審船は急に中国国旗を揚げてみたりして逃げ始めますが、停船はせずに中国のEEZにまで逃げ込みます。中国のEEZに入った途端に、日本の巡視船にアサルトライフルや対戦車砲などで攻撃を始めます。

その間、巡視船「あまみ」は船体に100発以上の銃撃を受けたので、反撃として20mm機関砲を発射しています。
やがて逃げ切れないと判断して不審船は自爆豪沈してしまいます。

07_kita0945.jpg
[工作船と巡視船の位置関係]

********************************************************

そこで、この事件が中国のEEZ内での出来事であることから、野中広務らの親中系議員は猛反対をし、中国も抗議をするのですが、日本は物的証拠保存及び遺留品による解析を目的として、この不審船を引き揚げます。

その遺留品リストから明らかになったのは「日帝残滓」というスローガンによるマインドコントロールによる自爆テロの研究。

韓国民団に在籍して韓国のふりをしながら北朝鮮に情報を流すグループがあること。または韓国人も手引きをするグループである可能性。

覚醒剤を密輸し、在日朝鮮人ルートを使って日本の暴力団に流していたこと。等が判明してきています。これは、後日暴力団も捕まっています。

********************************************************

さてここで、中国のEEZと書きましたが、EEZというのは領海の事ではなく、あくまで排他的経済水域です。
ただし、追跡権があって、自国のEEZにおいて違法行為を行った船舶について継続的に追跡をしていた場合は、他国のEEZにおいても追跡権を行使できます。そこで、中国の抗議は国際法上は無視できるものです。

ただEEZはあくまで漁業水域であって、主権が及ぶかどうかは議論の余地のあるところです。ただこの事件は国籍不明の漁船(らしき)不審船の行動ですから、漁業法違反の嫌疑における臨検とそれに対する公務執行妨害が成立したものです。

ただEEZのルールが中国や韓国も同じかどうかは疑問もあります。いわゆる韓国の李ラインは日本の領海内にEEZを独断でひいて、それを領海と宣言して中にいた日本人を拉致していますから、EEZを領海として扱っているとも考えられます。

********************************************************

工作船の先端ですが、漁船に偽装しているものの、船体構造はV字形をしていますので、漁船を改造したものではなく、初めから高速艇として設計されています。船体前部にも銃痕が生々しく残っています。
実際の船体はこの上に木が貼ってあり、漁船を偽装しています。

08_kita0928.jpg
[工作船の先端]

09_kita0934.jpg
[工作船の後部]

10_kita0931.jpg
[工作船先端への巡視船「あまみ」による弾痕の跡]

引き揚げられた救命浮環には「宮崎」「明成丸」の文字があり、また偽装表面の木片にもMZの記号が書いてあるので宮崎県の漁船を偽装していたことがわかります。

11_kita0948.jpg
[救命浮環]

工作船の復元模型。工作船は大型の母艦と小型のボートからなっており、小型ボートは母艦の後部に収納できる構造になっています。

12_kita0944.jpg
[工作船の復元模型]

上陸用小型船は工作船の1/3の長さで、900馬力のエンジンにより50ノットの速度が出るようになっています。
イカ釣り漁船を偽装するために、甲板には集魚灯が付いています。

13_kita0937.jpg
[小型艇]

後部甲板にはロシア製ZPU-2対空機関砲14.5mmが装備されており、この砲が巡視船「あまみ」を砲撃したものと思われます。

14_kita0933.jpg
[ロシア製14.5mmZPU-2対空機関砲]

その他に引き上げられた武器には、82mmB-10無反動砲、RPG-7ロケットランチャー(ロシア製?中国製?イラン製?)、ロシア製イグラ9-M地対空ミサイル、AKS74自動小銃、手榴弾などが見つかっています。

15_kita0953.jpg
[82mmB-10無反動砲]

16_kita0935.jpg
[RPG-7ロケットランチャー]

17_kita0950.jpg
[ロシア製イグラ9-M地対空ミサイル]

18_kita0949.jpg
[AKS74自動小銃]

********************************************************

酒井法子さん、シャブ打ちなんかやってる場合じゃないですよ。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR