ナナのメキシコ料理『The MEXICAN』




今日は『The MEXICAN』に行ってみる。店名がそのままのメキシコ料理店。
スクンヴィット・ソイ2だからナナとプルンチットの中間になる。

マリオットホテルから300mくらい奥のほうに進んだところになる。





01_1257Mxca.jpg



********************************************************
重厚な扉を開けると、「オラ」と声がかかる。

「オラ悟空だ」のオラを連想してしまった。


入り口にはドクロがお出迎え。ドクロのバックには死んだ女の絵。死神?

かなり厨2病っぽい感じ。「死者の日Dia de muertos」というらしい。


02_skull_Mxca.jpg


メキシコのお酒メニューを見たらテキーラだったけど、そんな強いのは飲めないからワインを注文。120バーツ

付け合わせにナチョスがどんと出てくる。

なんかドン・タコス@コイケヤみたいだが、スナック菓子ではなくてパンに相当するらしい。

03_0544Mxca.jpg



最初に注文したのは、「ソパ・デ・リマSopa de lima」150バーツ、約450円

訳すとライムのスープということになるが、「鶏肉と玉ねぎのコンソメ」と言ったほうが的確。ライムは最初から入っているわけではなくて一緒に出てくるので、好みに合わせて絞って入れる。

岩塩とシーズニングが付いてくるので直前に入れる。
アボガドが付け合わせになっている。

これが実においしい。今度来たらソパ・デ・リマだけでもいいかもしれない。

04_1342Mxca.jpg


タコスはトルティーヤを3種類から選ぶようになっている。ハード、ソフト、あと1つ。ここはソフトを選んでみた。

タコスが来るのが遅いと思ったら、トルティーヤを焼いているらしい。
ソフトトルティーヤといっても、小麦粉で作ったフラワートルティーヤではなくて、あくまでトウモロコシを重曹(?)で膨らませたものだから固い。

固いが、ハードのようにお煎餅状態ではなくて、ぬれ煎餅といったところなので、トルティーヤが食べるうちに壊れるということはない。

タコスにはサルサソースかアボガドソースと思っていたが、ここではチーズソースが出てきた。少し酸味のきいたチーズソースである。

3つで330バーツ。約1000円だったが、食べきれないほどに多い。これは2人くらいでシェアしたほうが他の料理がたのめるからいいかもしれない。

05_1333Mxca.jpg



デザートもいろいろあったが、もう食べ過ぎなのでとっても入らない。

家庭で作るタコスは小さいので、1人で4個でも少し足りないくらいだが、お店のタコスは侮れませんな。

タコスってスナックかエスニックだと思っていたが、美味しくなることに徹底させた料理だったですね。

06_1956Mxca.jpg


それにしても、トルティーヤってスペイン料理では卵焼きで、メキシコ料理ではパンなのはなぜだろう。いつも混乱するんだな。

全部で600バーツ+チャージが60バーツでした。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR