タイで売ってるHDDは不良品が多いのか




1年前の事。

PCのハードディスクから異音が発生するようになったので、パンティッププラザにHDDを買いに行く。

シーゲートの2TBで約3000バーツ。1万円近い値段。

HDDはタイで生産しているはずなのに、日本で買うよりずっと高い。恐らくは日本の方が流通が多いので価格が安くなるのかもしれない。

PCを開けてHDDを組み込む。

OSの入れ直しは、リカバリーディスクがあるのですぐに完了する。
いくつかのソフトを再インストール。


続いてデータの回収。

でもHDDにUSBをつなぐコネクターは日本に置いてきてしまった。

01_10204hdd.jpg


このPCはブックサイズになっているので、内部HDDは1つしか入る場所がない。SATAの端子もHDDとDVDの2つだけ。

そこでDVDを外し、SATA端子を古いHDDにつないで読み込ませる。


この方法で古い方のHDDを認識させてからデータを移動させて回収し、古いHDDを外してDVDを元に戻す。

でも今度はDVDのドライブを認識しなくなった。

スッたもんだといろいろやって、なんとかDVDドライブも回復。

あまりこういう力業は使うものではないな。


02_3735hdd.jpg


********************************************************
それで1年後。

今度はPCを使っている最中に突然リセットされるようになる。

やはりPC内部での異音が発生するようになって、そのうち突然のクラッシュと再起動。

データ保存をさせてくれるような余裕もなく終了するから、こまめに保存しておかないと作業がやり直しになる。

「予期せぬエラーが生じました」と一応のお詫びのメッセージが出るものの、「再起動しますか。Yes/No」などという選択肢もなく突然切れる。

ある時はエクセルの作業中に、ある時はメールを読んでる最中に。ゲーム中に再起動の場合もある。

ただ運よくソフトが破損しているようなことはなさそうである。

データに関してはわからない。


HDDがたった1年で壊れるものかね。



もうタイでHDDを買うのは止めて、日本から持っていくことにする。

とはいえ、新規にHDDを購入して入れ替えるというのもなんなので、ノートPCに125GBのSSDを換装して持ち込むことにする。

データ領域としてはシーゲートの3TBの外部HDDがUSB3.0仕様で9000円くらいなので、それも併せて持参することにする。

03_FNX030U_hdd.jpg
[外付けHDD]


Cドライブにはソフト以外は何もいれず、デスクトップもドキュメントフォルダもピクチャフォルダも空っぽ。すべて外部HDDに同名のフォルダを作ってショートカットで行けるようにする。

このようにすると、今後のPCの故障にも対応がすぐ出来るし、データ保護も容易になる。



ディスプレイはそのまま使い、マウスとキーボードもノートPCにつなぐ。ノートPCの機動性は少し落ちることになるが、ノートの欠点の画面の見づらさとキーボードの使いにくさはこれで解消する。


Windows8.1をセットして、シェルソフトにClassicShellをインストールする。これでインターフェイスはWindows7と同じになる。

結局、PCは小型化できたが、プリンタ&スキャナーはサイズを変えられないので場所を取ってしまっている。


04_2017_hdd.jpg
[PC配置図]



不調な方のPCはバラしてパーツを日本に持ち帰りますか。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR