ステブストン路面電車Steveston Interurban Tram




モンクトン通りのステブストン・コミュニティセンターの一角が、広い公園や学校施設になっており、この場所には線路がまだ残っています。
この線路はSteveston Interurban Railwayの跡です。

01_2066int.jpg


近くにあるステブストン交通博物館「Steveston Interurban Tram Building 」が開いていたので入ってみます。9月~6月は土日だけ10:00~16:00、7月~8月は月曜定休の連日に11:00~17:00開館

02_2068skgv.jpg



説明プレートを読むと、「このステブストン路面電車は、1902年にカナダパシフィック鉄道CPRによって蒸気機関車鉄道として設置されたのが始まりで、1905年(明治38年)からブリティッシュコロンビア電気鉄道BCERに移行して電車が走行するようになった。」とあります。


03_2069skgv.jpg



1945年の時刻表を見ると、Steveston/ Branscombe/ Woodwards/ Blundell/ Lulu/ Brighouse/ Lansdowne/ Cambie/ Bridgeport/ Marpole/ 57th Avenue/ Kerrisdale/ 22nd Avenue/ 4th Avenue/ Vancouver Davie St. となってます。ステブストンからバンクーバーまで、6時始発の16時30分終電というダイヤで所要時間は約57分でした。

バンクーバー駅は、ディビーストリートなので、今のイエールタウンあたりにバンクーバー駅があったようです。

ステブストン路面電車の線路の跡は現在リッチモンドのRailway AvenueとなってNo1 St.とNo2 St.の間の大通りに残っています。





[ステブストン路面電車線路跡]



路面電車の歴史としては、東京市電や大阪市電よりも早い時期になるから、大正時代にはステブストンはかなりの都会だったと思われます。

04_streetcar-4755-01.jpg
[引用 http://transit.toronto.on.ca/streetcar/4755.shtml]



バンクーバーと違って、ステブストンという都市に関する情報は極めて少ないのだけど、昔からとても開けていた都市のようです。

「一郎亭」だけでなく、「横濱鐵板焼」や「彦寿司」「丸和寿司」などの日本料理屋さんも数多く展開しています。それらの日本料理屋さんを味わったことが無いので判断は出来ないのですが、物珍しさからの日本料理店の展開ではなくて、ふつうに日系人たちが作った町なんだという感覚です。


カナダの日本料理店については、こんど入ってみたら再度レポートしてみましょう。


05_47ea-ba9f-b72fe10aaadb-1908.jpg
[1908年のステブストン]
引用 http://transit.toronto.on.ca/streetcar/4755.shtml




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR