横浜音祭り2013

(2013/9/27)

横浜音楽祭2013に行ってきました。

横浜音楽祭というのは、9月20日~11月30日の間に横浜市内90か所に分かれて音楽関係のイベントが行われる行事です。

音楽関係というのには、クラシック音楽やジャズだけではなく、雅楽、能楽、即興ライヴ、地下鉄ホームでストリートミュージック、ドイツレストランでビアフェスタなど盛りだくさんの音楽会です。
招聘外国人オーケストラもあれば、地元の小学生バンドも出てくるし、ロックコンサートには三味線のコラボもあります。

会場も様々です、音楽ホールもあれば、赤レンガ倉庫もあるし、日本丸やロイヤルウイングのクルーズ船での演奏会もあります。横浜には能楽堂が2つあるので、そこでも行われます。

********************************************************

会場に行く前に、みなとみらい地区を散歩してみます。

これは日本丸。現在では繋留されており日本丸ミュージアムとして中が見学できますが、いざ外洋に出る事も出来るらしい。

01_0666.jpg
[日本丸]

日本丸の反対側には、コスモクロック(観覧車)が見えます。ここは、東京タワーと並んでよくゴジラに壊される場所です。大地震とかの映画でも、コスモクロックが倒れたら横浜が壊滅したというイメージなのでしょう。

02_0862.jpg
[コスモクロック(観覧車)]

赤レンガ倉庫に行ってみます。ここは夜景が美しいところですね。デートスポットに最適です。

03_0871.jpg
[赤レンガ倉庫]

みなとみらいホールはランドマークプラザの向かいのクィーンズイーストにあります。ランドマークプラザは旧造船所のドックを改造したものです。ここから見ると、昔のドックが偲ばれます。

04_0668.jpg
[ランドマークプラザ]

********************************************************

今日は、コル三重奏団+チェロの四重奏団を聞きに横浜みなとみらいホールまで行ってきます。

演目は、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲k219とヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲k364。

四重奏団で交響曲というのは不思議な感じがしますが、モーツァルトの時代にはよくあることです。

四重奏団にヴァイオリンとヴィオラとオーボエを数名追加します。金管やフルートなどの高音楽器、コントラバスやファゴットのような低音楽器は無いので、現代のオーケストラに比べると音が薄いのですが、本来はこうした10名くらいの編成の室内楽でも十分オーケストラでした。

05_0875.jpg
[横浜みなとみらいホール]

*******************************************************

モーツァルト作曲 VnとVaのための協奏交響曲 k364

これは、ヴァイオリンとヴィオラの二重協奏曲です。
ヴィオラは半音ほどチューニングを上げてキラキラ楽器にしておきます。
本来、ヴィオラはしぶ~い音を奏でるものですが、ここではメランコリックに抒情的な楽器になります。

第2楽章のアンダンテは、とても美しくそしてもの悲しさにあふれた音楽です。
華やかさと悲しさという2つの感情もこの二重協奏交響曲で求めているのです。

ヴィオラは、できるだけ開放弦にして心の中にまで響き渡るように、運指が工夫されています。


[ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 第2楽章アンダンテ k364]


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR