リッチモンド編。始まります




バンクーバーの内陸側を大きく分けると、
北にあるのがウェスト・バンクーバー
中心部でガスタウンなど観光の中心地がダウンタウン
南に下りハイソ系のショップが多いところがキツラノ
東がバーナビーコキットラム
南がリッチモンド市になります。

リッチモンド市の南がステブストン、東はサレー、サレーから南でアメリカ合衆国に接しています。

日本に例えると、バンクーバーが東京ならリッチモンドは市川くらい。郊外になるサレーは千葉ということでしょうか。里見八犬伝の上総から先はアメリカ合衆国です。

01_richimond_map01.jpg


ということなので、バンクーバーを少し下るとそこはアメリカ合衆国。シアトルだってクルマで数時間になります。

****************************************************

カナダラインの終点は「リッチモンド・ブリッグハウス駅 Richmond-Brighouse」になります。中心街のバラッドからでも30分くらいですからそんなに遠くではありません。

02_2079RmdBrg.jpg
[Richmond-Brighouse前]

リッチモンドは京都のように道路は碁盤の目になっています。縦方向はNo1-Road、No2-RoadとNo8まであり、横方向はウェストミンスターHwy、グランビルAve、ブランデルRd、フランシスRd、ウィリアムズRd、ステブストンHwyと大きな道路が交差します。その間をいろいろなアヴェニューが網羅します。

03_richimond_map02.jpg
[ Richmond]


中にはウェストミンスター・ハイウェイのようにHwy表記の道路もありますが、高速道路という事ではなく片側3車線くらいの大通りの意味になります。

04_1988wstHwy.jpg
[ウェストミンスターHwy]

さてこのリッチモンドは戦前は日本人の移民が多く暮らしていた街でしたが、中国人が白人をそそのかして日本人を排斥してからというもの、すっかり中国人の街と化してきました。

その中国人が鼻につくという事で、しだいに嫌われつつあるようです。
カナダのど真ん中で中国語のみで会話している連中ということで、ちょっと異質感が半端ない。
うまく使うと美味しい料理を安く食べられるから、いいんだけど。ちょっと身なりが貧乏くさい。

05_public-market-stalls.jpg



たしかに中国人は固まってコミュニティーを形成して、排他性を醸し出すので嫌われるのですが、この地区にはもっとやっかいなフィンランド人もいるので喧嘩を始めるときりがないことになります。
フィン人は放射性廃棄物の立入禁止の処理場などに無断で住み込んでいるようです。それで病気になって被害者だと訴えてもねぇ。

06_234RmdBrg.jpg






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : カナダ   ジャンル : 海外情報

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR