カナダへ行こう。②空港編




バンクーバーにしばらく行ってます。
これから1ヶ月ほど「タイ情報」を離れて「カナダ情報編」になります。


成田からデルタ航空でシアトル・タコマ空港を経由してバンクーバー国際空港に到着です。

直行便でなくてシアトル経由なのは安いから。直行便だと成田から111,000円ほど。シアトル乗り継ぎだと42,700円。

BKKからだと成田乗り継ぎで167,820円もするから、いったん日本に帰ってからあらためて格安航空券で成田から出発した方がよいことになる。

乗り継ぎ便によってはキャセイのように成田/香港/バンクーバーのような便もあるから、バンコク/香港のチケットを別途購入すれば安く組み立てられるかと思ったけど、これでは成田/香港間がノーショウになるから使えない。(正規料金を請求されるらしい)罰金無しに使うとすると、BKK/成田+成田/香港/バンクーバーという非常に疲れるコースになってしまう。



ただしシアトル経由だとESTA(アメリカの電子渡航認証申請)とeTA(カナダの電子渡航認証申請)の2つのアプリケーションを申請することになる。

それも面倒だが、もっと面倒なことはシアトルでの入国申請では一度受託荷物を受け取ってから、再度預けるという二重受託がある。イミグレもシアトルとカナダと二回やるのでいろいろ手間がかかる。

まぁ節約のための代金という事で・・・

成田からシアトルまでは8時間45分。デルタの北米線は思ったよりシート間隔が広いのであまり疲れることはない。
****************************************************

バンクーバー国際空港。略称YVR

01_6842YVR.jpg


受託荷物を受け取ると、あとは税関で出るだけだけど、これが意外と時間がかかる。出る窓口が一カ所しかない。スルーの人も、捕まって荷物を調べられる人も一緒のレーンなので、これじゃあいくら待っても進まない。飛行機が到着してから空港内に出るまでに1時間30分かかってしまった。

その日の予定をきっちり組んでいる人は初っ端から計画通りにはいかないことになる。


2階の到着ロビー出口付近には2体のインディアンの像が待ち構えている。

02_1813YVR.jpg


インディアンの像の前にあるインフォメーションには、バンクーバーのマップやワインリストなどが置いてあるので、適当に集めてホテルで読んでみるといいかもしれない。

         ♡♥

2階の到着ロビーから3階の出発ロビーへは短いエスカレーターで上がると、今度は緑色のインディアンの像がある。

04_1814YVR.jpg


この階には、レストランやお土産物屋さんが揃っている。ハドソンブックスだから雑誌だけかというと、食べ物やらいろいろある。ただし、空港内ではすごく高い。コーラの小瓶でだいたい$2.45(\220)くらい。

05_1810YVR.jpg


空港から外に出て長い通路を進むとスカイトレインの駅がある。ここの券売機はすごくと混んでいるので、可能なら他の駅で買った方がいい。
券売機ってもどこそこの駅までという買い方ではなくてコンパスカード(SUICAみたいなもの)を買ってチャージする方式。

タクシーは乗らなかったけど、去年から均一ゾーン制になって空港からダウンタウンへはどこでも○○ドルというようにゾーン内は均一になったらしい。
メーターを倒して!!とか、
ターボメーターを使わないで!!とか
遠回りしないで!!とか
余計な心配をかけさせないので、いい方法じゃないかな。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR