日立のHDDを分解してみた




日立のポータブル型のハードディスク。型番は0S00214。
320GBの容量のHDDなんだが、最近やけにベタベタする。

HDDがベタベタというのも変な表現だけど、最初は横のゴムの部分が溶け出した感じでベタベタ。そのうちボディ全体のプラスティックがベタベタ。

バンコクは暑いからねぇ。HDDも溶けてきたのか。

01_1693hdsk2.jpg



って材質に問題のある製品らしいが、日本の日立ではこの製品は扱っていないので文句の持って行き場もない。

裏を見るとメイド・イン・チャイナということです。
これはロシア語のサイトで商品レビューがあったから、どうやら中国で作ってロシアに出しているようだ。

ロシアは寒いからこの材質でも平気という事らしい。

02_1694hdsk2.jpg


********************************************************

さっそく箱を開けてHDDを取り出したいのですが、ぐるりと見渡してもネジが見つからない。足ゴムを外して隠しネジを探すが見当たらない。
どうやら解体することを全く考えずに、ハメ込みで作られているようだ。


そこでハメコミのつなぎ目にドライバーを差し込んで、強引に外してみる。

最初は両脇の黒いゴム部分を外す。

03_1699hdsk2.jpg


次にHDDを収納しているプラ部分を外す。この時、できるだけインターフェイスに触れないようにHDDの後ろから外していく。



やっと外れました。予想通りネジは全く使われずにハメ込みだけで取り付けられていました。

04_1700hdsk2.jpg


********************************************************

こうして頑張ってHDDを取り出したようですが、実はHDDの方はどうでも良くって、HDDの頭についている部品が大切なのです。

このパーツはシリアルATAをUSBに変換し、HDDに電源供給する電源アダプターの取り付け基盤になります。つまりノートPCのHDDにこの基盤を付ければ、データの復活、捜索ができるというわけ。PCにパスワードかけたってこの基盤の前では無力になります。

05_1703hdsk2.jpg



電源部は細ピンですので5VのUSB補助電源アダプター用でしょう。バス電源ではないようです。USBはミニUSBです。

06_1704hdsk2.jpg


さて、作動テストです。
電源部は出力5V、2.3AのBuffaloのモバイルルーター用のものが合います。

07_1705hdsk2.jpg


USBは若干古いタイプなので、ごそごそジャンク箱からミニUSBを探します。
電源が入るとLEDが光りました。多分ケースの外からアクセス状況を確認できるランプでしょう。

08_1707hdsk2.jpg


このHDDは容量298GB、使用領域に131GBのデータがまだ残っていました。

09_17i00hdsk2.jpg



なんか中坊の頃のラジオ工作を思い出しますな。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
     にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : パソコン修理   ジャンル : コンピュータ

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR