紫陽花の咲く頃





藝大の紫陽花は今がみどころです。

ここは「不忍荘」

藝大の奏楽堂の裏手にあります。藝大の福利厚生施設ですが、いちおう藝大に公式に業務があれば宿泊も出来ます。

でも。。。。。でるらしい。。。ほんとか

01_0206ajsai.jpg
[不忍荘]

不忍荘の周りには紫陽花がたくさん咲いていました。

02_0307ajsai.jpg


03_2219ajsai.jpg


04_2221ajsai.jpg


05_2222ajsai.jpg


********************************************************

藝大の中は銅像がたくさんありますので、すこし見て回りましょう。

バルザックの像。ロダン作
これは有名なロダンのバルザックの像。バルザックと言うのは有名な小説家ですが、バルザックが亡くなると偉業をたたえて銅像を作ることになってロダンに依頼します。
ロダンは夜中に推敲に苦悩するという偉大な芸術家の姿を作り上げます。
しかしこれは美しくないという理由でフランス文芸協会からは拒否されてしまい、ロダンは自宅にこの像をしまいこんでしまいます。

やがてロダンの死後、その作品の真価が再評価されるに至り、40年後にパリ市民から絶大な歓迎を受けてバルザックの像は最高傑作と位置付けられることになります。



06_2279ajsai.jpg
[バルザックの像]


青銅時代。ロダン作
これはロダンのデビュー作になります。ロダンというとカミーユという愛人がいて今でいうと不倫関係というになりますが、そんなチャラい話ではなくて。

ロダンとカミーユ・クローデルの話を読むと愛に生きるか今までの生活を支えてくれた内縁妻との義に生きるかの葛藤に悩み苦しむ芸術家の生涯が悲しい話として伝わってきます。
結局、愛に失望したカミーユ・クローデルは精神を病み、ロダンは妻が死んでからようやくカミーユへの想いを打ち明けます。

07_3275ajsai.jpg
[青銅時代]


岡倉天心像。平櫛田中作
岡倉天心という人は藝大の初代校長になりますが、今の日本の美というものを確立した人でもあります。明治初頭の廃仏毀釈によって日本の古美術は捨てられるか二束三文で海外に売り飛ばされるかしていた時代に法隆寺を初めて開き秘仏の救世観音を発掘し古美術の保存を強く訴えた人です。

この人が居なかったら、救世観音もゴミになり、茶道も華道もくだらない悪習として世の中から消失していたかもしれません。

「やなやつは銅像にでもして雨ざらしでころがしておけ」
と、捨てゼリフを残したとか。そのため六角堂で雨ざらしにせずに保管してあります。

08_3280ajsai.jpg
[岡倉天心像]


高村光雲像。高村光太郎作。
この人は高村光太郎のパパさんだということしか知らないが、上野の西郷さんの銅像を作った人でもあります。


09_3288ajsai.jpg
[高村光雲像]


ショパン像。ポーランド大使館より寄贈
これはむつかしいですね。ショパンといえばショパンだし。似てねぇ~という話もあります。
亡くなった年(39歳)に撮られた写真には似ていますが、ドラクロアの描いたエネルギッシュなショパン(28歳)の方がショパンらしい。

10_3334ajsai.jpg
[ショパン像]




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。   ジャンル : 学問・文化・芸術

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR