チュラ大アートギャラリア




2016年1/29から2/18まで、チュラ大アートギャラリア「ミモザギャラリー」にて Chomsri Glumthanorm氏の“ดอกไม้ น้ำ สี”の展覧会が開かれています。

チュラ大アートギャラリアへの行きかたは、MBKからパトムワンプリンセスホテルに向かいアンリ・デュナン道路を南下します。チュラロコン・ソイ12を渡って次にあるバス停の前です。
平日10時-19時、ウィークエンド12時-18時までオープン。休館無し。

01_2103clart.jpg


ちょっと古めかしい建物ですが、中に入ってみましょう。

02_0641clart.jpg

********************************************************
本日の展覧会は「花・水彩画」と訳すことが出来ます。
主に植物の静物画が多く展示されていましたが、ボタニカルアートではありません。


静物画は美術のいちジャンルですが、ボタニカルアートは生物学のいちジャンルであり、写真では表現しきれない特徴を捕らえて描くものです。
そこでボタニカルアートでは生物学的特徴すなわち葉が互生か対生かとか、葉脈の走行など大切なことは曖昧にしてはいけません。
そこで花瓶とか、隣にある壷とか、背景の景色とかはどうでもよいことですので描いても描かなくてもかまいません。

それに対して静物画というのは、その場の空気と見る人の心に共鳴するものを描くわけですから、生物学的な約束事というものにも縛られない自由さがあります。
そこでファンタン=ラトゥールのようなボタニカルアートのような静物画もあれば、パブロ・ピカソやアンリ・マティスの静物画のように物の形そのものも破棄することもあります。

********************************************************

“ดอกไม้ น้ำ สี”の展示作品をみてみますと、

まず「Pink Vine」の連作です。

03_0689clart.jpg
[Pink Vine 1, 2015]


「เสลา」とはバナバ(オオバナサルスベリ)のことです。

04_2072clart.jpg
[เสลา 1, 2013]


Lotusはハスです。

06_2000clart.jpg
[Lotus]



「ดอกพีโอะนิ」は牡丹の花。

07_1123clart.jpg
[ดอกพีโอะนิ]


08_0646clart.jpg


4階建の建物の1・2階がギャラリーで3階以上は美術科の研究室になっています。入場無料です。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。   ジャンル : 学問・文化・芸術

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR