キャリアポルノの罠




Amazonの書籍案内を見ていたら「キャリアポルノ」という言葉が出てきた。
著者の谷本真由美さんの造語らしいが、「キャリアポルノは人生の無駄だ」という本で自己啓発本のことをキャリアポルノと定義して、若いビジネスマンが自己啓発本を読んだり、自己啓発セミナーに参加することで、自分で努力も行動もしないで、成功体験を妄想して簡単に人生が何とかなるような錯覚に陥り、かつその体験は中毒性があるということのようである。




さて最初に言っておくが、斜に構えて自己啓発本を頭から否定するつもりは無い。

そもそも金を払って本を買って否定するだけなら、これまたポルノを買って「チェ!たいした中身じゃない」と捨て台詞を吐いているのと変わりがない。

01_41WCaNlsHl.jpg


********************************************************

最近の高校生の大学選択の手法として、キャリア教育というのがある。これこれの夢があって、それを実現するにはこれこれのキャリアが必要である。そのキャリアを得るためにはこの大学に進学するのが良い。という三段論法で大学選択をすることになる。


まてよ、まさにこれこそキャリアポルノそのものではないか。
例えば、《アニメが好きだ》→《アニメーターに憧れる》→《アニメの専門学校》→《非正規で差分を描く》→《思い切りブラック企業》→《ブラックで働くくらいならニート人生大歓迎》
このような人生設計でいいのか。

ここでどこがキャリアポルノかと言うと、
1.安易にアニメーターに憧れ。
2.デッサンの勉強も基礎学習もやらない。
3.アニメーターの仕事を理解分析せず。
4.自分の能力の無さは専門学校や大学のせい。
この妄想の上に立って勝手に満足して終了していること。

【1.安易に憧れで職業選択をすること】
将来設計のモチベーションとして憧れを持つのは悪いことではないのだが、ただし高校生の卒業間近の数週間ですぐに将来の職業選択を迫っている方に無理がある。そんなことをすると単なる思いつきや今興味のあることに振り回されてしまう。
特にFランクの高校生にもなるとそんなに真剣には考えないものである。


【2.根気のいる基礎学習もやってないこと】
音楽で例えると分かりやすいのですが、3歳からレッスンを始めていないと物にならない。これはデッサンでも同様である。
これはどんな基礎訓練でも安易な道は無いということである。

大学入試であっても就職活動であっても、自己開発を行うのではなくて、試験対策・面接対策だけを重視しているという本末転倒。
面接試験でウソをついて、論文審査で誰かの作文をパクル。それで成功したと称して試験官の無能さを嗤う。

「○○の資格さえ取れば将来はバラ色」なんてね。そんな楽して成功するなどあるはずもない。


【3.憧れの仕事を理解分析してないこと】
仕事と言うのは楽しいことだけあるわけではなくて、時には頼まれ仕事もあるし、人間関係でぶつかることもありますが、そこを飛ばして楽しいことだけあるような妄想にひたってしまう。その時にじぶんの引き出しが少ないと、いきなり挫折してしまう。
理系の大学を卒業して、新採用の希望部署に研究職を選ぶようなものです。学部卒・院卒の能力とは、今後の研修や開発によって開花していくであろうと予測される能力であって、現時点で完成された才能や能力を求めているわけではない。


【4.自分の能力の無さを専門学校や大学のせいにしていること】
結局は過大なノルマのあるブラックな会社についてしまった場合、それは出身大学や専門学校のせいにしてしまう。確かにFランクの大学からはブラックな会社に行く確率は高いかもしれないが、それは自分の基礎学力の不足や就活能力の不足が要因であって、それ以外でも何でもない。

Aランクの大学にいたところで基礎学力が不足していたり就活能力が不足していれば同じことになるが、Aランクの大学に入学するにはAランクの高校でそれなりの学習を積まないと入れない。そこでの基礎学力の蓄積があったのでそれで踏ん張っているだけかもしれない。


例外があるとすれば、Fランクの高校からFランクの大学に入ったとしても、大学の4年間に頑張って基礎学力の再修復が出来ているかどうかになってくる。
つまりは自己開発をおこなってランクアップをすれば良いだけである。


逆にAランクの高校からAランクの大学に行った場合。自分の能力を過大評価してしまうこともある。まさにこれもキャリアポルノである。
東大法学部に入っただけで、自分は国家のリーダーになる運命だと妄想に捕らわれるような場合である。こちらは人生の挫折に弱いかもしれない。

02_15WCaNlsHl.jpg
[ヨシタケシンスケ http://www.bookbang.jp/anniversary/article/146]



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 思うこと   ジャンル : 学問・文化・芸術

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR