GT-Rに乗ってみた




(前回の続き)
日産グローバル本社で「さらば、あぶない刑事」の使用パトカーを展示しています。「あぶない刑事」といえば、レパードを代々パトカーで使っていますが、この最後の映画に限りGT-R2014年モデルが登場です。


01_4276gtr.jpg


それでこの展示車をいろいろ見ていたら、日産のドライバーサポートの人がやってきて「どうです。乗ってみませんか」ということになりました。

展示しているクルマに座らせてもらえるのかと思ったら、外に実車がありますよ。ということです。

02_4287gtr.jpg


ということで、GT-Rの試乗を体験することになりました。高速に乗ることは出来ないのですが、横浜みなとみらい地区をひとっ走りしてきます。


********************************************************

まずはキーレスエントリーで、キーは持つだけで中に入れます。シートは本皮張りのワイルドな仕様。
シートの調節は電動でアジャストします。

03_4282gtr.jpg


スターターはシフトレバーの後ろの赤いボタンです。シフトは一番下に下ろすとDモードですが、そのまま右にちょっと倒すとマニュアルモードになります。


Dモードも4速シフトか5速シフトか6速シフトを選択できます。
一見オートマチック車ですが、コンピューター制御でシフトチェンジとクラッチ操作をしているのでマニュアル車の感触で運転できます。

04_4298gtr.jpg

ハンドル周りでオーディオが調節できますが、エンジン音がすごいのでオーディオはどうなんだろ。

05_4288gtr.jpg


さてと、エンジンをかけると、クルマとは思えない程のグォングォンと咆哮が聞こえます。おまけにズンズンと腹に響く。
お買い物クルマとは感触がちがいますね。

06_4291gtr.jpg


いきなりの600馬力は、加速したという実感も無いままスピードが上がってしまいます。おかげでスピードメーターを見ていないと速度超過になってしまいます。


見通しの良い所でアクセルを少しだけ踏んでみますが、猛烈なGがかかって体がシートに押さえつけられるようです。これはガンダムに搭乗したときの加速感か(乗ったこと無いけど)。

07_4292gtr.jpg


さて、スピードメーターの横にパワー配分のメーターがあったので、これは何だろうと思ったら、FRからFF、4WDへとパワーを配分するようです。
そこで乗り心地重視のFR配分から、引っ張り感重視の4WDへとどんな天候状態に合わせても対応できるようになっています。


強烈な加速力のあるGTRですが、普段はおとなしいクルマです。年中加速しまーすというレガシイとは少し違います。
加速した後のブレーキ制御はニスモ仕様でピタっと止まります。そして意外にも曲がり角を見つけてからの小回りが早い。カーブを曲がりきれませんでしたということがない。


あえて言うと、ふだんはゆっくり走っているけど、スピード違反車を見つけたら、絶対に逃がさないという自信のあるクルマという感じです。
こんなのをパトカーにされてたら、絶対イヤだね。


ただし公道走行車には170km/hリミッターが付けてあるとのことなので、どんなに頑張っても170キロより先は出せません。

多分170キロ走行しても、不安を感じたりしないクルマでしょうね。

08_4286gtr.jpg


エンジンは3.8リッターV6ツイン・ターボ600馬力です。燃費は・・・8.7km/L
燃料タンクは74Lだから満タン走行では74kgの人を一人余計に乗せて走ることになります。タンクを10Lくらいにすれば燃費は稼げたかもしれませんな。
実際はNISMOチューンしてあるということなので、燃費は5km/Lくらいかもしれない。


このエンジンは一つ一つに組み立て職人のサインが入っているそうです。
まるでロールスロイスかジャガーか。
その割には、お値段は意外と安くて1,000万円から。ニスモ仕様で1,500万円もあるようです。
300万バーツだから、タイ人なら欲しがるんじゃないかな。
でも関税とか輸送費とかは、どうなるんだろう。

09_4295gtr.jpg


感想・・・最近の日本ではスポーツカーが売れなくなったので、トヨタではセリカXXとかスープラとかの次が無くなってしまった。
おかげでおとなしいレクサスGSくらいをスポーツカーとして再定義するようになったが、これまたトレノとかMR-2とか86とかと同様ファミリースポーツカーなので、走ってて面白いとは思うが、凄いとは思えない。


そうなると暴れん坊のBMW-M6クラスとか、ポルシェ911GTのクラスが正統派スポーツカーのジャンルに入るのかもしれない。
それらが2,000万円クラスなので、GT-Rはかなりのお買い得車のような気がする。(買えないけど)



なおおとなしいスポーツカーで、お買い物クルマにも使えるとなるとフェアレディZの方がいいかもしれない。GT-Rにしろ911にしろお買い物には使えないな(笑)

10_4281gtr.jpg
[フェアレディZ]


なお、タイヤ交換もポテンザ特注のランフラット構造タイヤなので、専用工場でないと交換できません。エアも窒素だし。
4本で50万円越えになるそうです。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 展示会、イベントの情報   ジャンル : 学問・文化・芸術

うらやましいです

GT-Rの試乗車、というか「わ」ナンバーですので、レンタカー登録されているわけですね。

タイでもたまに見ますよ、このGT-R。

こんなややこしい車、タイできちんと整備できるのか不安ですけど。

それ以前に、タイではガソホールで無いハイオクガソリンは今ではほとんど売っていないので、本来の性能は出ないような。

まあ、そんな細かいことは気にしないのでしょうね、タイの金持ちは。

Toshi@タイ さんコメントありがとうございます

じつはこのGT-Rのメンドくささは、そこですね。

オクタン価96以下だとエンジンが壊れる恐れがあります。(と貰った取説に書いてありました)

良い点はサーキットモードにして、スポーツ走行が出来るという事です。(取説にサーキットモードもあります)

日本だと公道では300km/h走行は出来ませんが。タイはどうかな。罰金500バーツ払えば済むのかな。
非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR