平家は負けやしま




さて高松の旅は最後に屋島に向かいましょう。屋島って「Yashima→」と平調に言うと通じないんですね。讃岐の人は最初の「Ya↑」を高くして「shima↓」を下げてます。さてどちらが訛りでしょうか。

屋島は台形の島です。とはいえほとんど四国にくっついてますので、橋一つで渡れます。ジャンプしても渡れます。

ここで昔々、源氏と平家が戦ったということらしいが、それ以外歴史が無いのでしょうか。

ともかくも車は屋島ドライブウェイを走っていきます。
途中、上り坂なのにニュートラルにすると車が昇っていくというミステリーゾーンに突入です。たぶん坂道の錯覚なのでしょう。それとも異常引力帯?サイコパワーを感じますね。

頂上は、大駐車場になっていて、そこから屋島寺になります。

01_0365yasi.jpg



02_0367yasi.jpg
[屋島寺]




屋島寺の仁王門を見ていたら、鎌倉の東慶寺を思い出してしまった。あちらは縁切り寺だけどね。



なんとなく、なんとなくだけど、この門を通り抜けたらもう逢えなくなるような気がしませんか。

03_0368yasi.jpg
[仁王門]
********************************************************

でも実際は、縁切り寺ではなくてタヌキ寺です。このお寺は四国の大狸。太三郎狸。
平重盛に助けられたので平家を守ると誓ったはずなのに、地元の屋島で源氏に負けてもうた。役に立たんな。

それで、後世に伝えるために、源平合戦をイリュージョンで再現するという「平家物語☆ザ・ムービー」を見せてくれるというタヌキです。

04_0366yasi.jpg
[太三郎狸]

屋島寺から展望台に向かう通路わきの土産物屋さんは、かなりシャッター商店街です。いまがシーズンオフだから休業中なので、土日やゴールデンウィークには連日満員だと願ってます。

このままシャッター商店街が続いていると、ホントに狸がまい戻ってきますよ。

********************************************************
展望台から高松の街を眺望してみます。
右の方に瀬戸大橋が見えるらしいけど、この日は曇っていて見えなかった。

高松は平野の中に急に山がぽつんぽつんと見えるので、島と島の間に土砂がたまって平野になったように見えるけど。

実は逆で、山の部分は浸食されないで、平野の部分だけが浸食を受けたというメサ地形です。アメリカのグランドキャニオンやモニュメントバレーと同形式の浸食と言う事です。

05_0369yasi.jpg
[高松市街]


06_maxresdefa.jpg
[Monument Valley]



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 香川   ジャンル : 地域情報

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR