TVを飛行機で運ぶには




前回お話ししましたが、タイのTVを日本に帰るお土産にするということで、パラゴンで東芝のTVを購入いたしました。

今回は実際にはどのように運ばれるかを体験しました。

コンドからスワンナプームまではタクシーに乗せますのでそれほどの問題ではありません。

空港に着いたら、チェックインの前にVATリファンドカウンターに行ってリファンド用紙にスタンプを押してもらい、イミグレを通過した後にVATリファンドカウンター(最初に行ったのとは別)に行って税金の還付を受けます。
合計2回行かなくては還付が受けられません。また最初のカウンターに行くのを忘れて確認印が押してないと2度目のカウンターで注意されても、もう戻って印を押してもらうことはできません。
なんかワナみたいですが、けっこうこの手法にかかって間違えて税金還付を受けられなかったという人をたくさん見かけました。

今回は上手くいったので400バーツの返金がスムーズにできましたので、東芝 32L2450Vは 8,590B(28,600円)で購入したという事になりました。

01_4138tvsend.jpg
[東芝 32L2450V]

********************************************************
さてそれからが大変です。
まずチェックインカウンターに出かけて受託手荷物にしますが、ここで書類3ヶ所にサインを記入します。そのあとにここでは預けることが出来ないので、オーバーサイズチェックインカウンターでの手続きになるようなことを言われます。

02_4241tvsend.jpg
[チェックインカウンター]

が、サイズはオーバーしていないけど???とまごついていたら、ANAの係員の方がTVをカートでオーバーサイズチェックインカウンターに運んで、自分でX線保安検査にかけてくれました。
このカウンターは特に人がいるわけでもないので、ここに放置するのも変な感じですが、こういった特殊荷物を預けるカウンターのようです。
それで手続き終了なので、オーバーサイズ料金がかかるという事では無かったです。

03_4240tvsend.jpg
[オーバーサイズチェックインカウンター]

飛行機が羽田に到着して、手荷物のターンテーブルの前で待っていますが、なかなか荷物は出てきません。
預けるカウンターが別だったので、さては乗せ忘れたのかなあと半ば諦めかけた頃、CAさんがTVをカートで運んできました。どうやらTVは特殊荷物なので、一般の荷物とは全く違う場所に保管されていたようです。


[写真はありません]

荷物のチェックではTVに対して輸入関税をかけられるという事は無くそのままスルーでした。
********************************************************
さて最後の関門。羽田空港のリムジンバスで横浜まで戻ります。
ここでもTVをどうやって運ぼうかとバスの係りの方が考え込んでしまいます。TVはトランク内で荷崩れが起きた時に破損するかもしれない。そこで客室内で手持ちで運ぶのが望ましいが、これから国内線のお客さんで一杯になった時に客室が困るかもしれない。

結局はトランクに収納するが、万一のことも考えて出来るだけ荷物がかからないようにしましょうという事で決着です。

ここは空港から宅配便を使うべきだったですね。


04_0008tvsend.jpg
[到着後]

やっと自宅に戻って梱包を開くとそれでも外箱の段ボールには少しだけ凹みはありましたが、TVは液晶抜けも無く無事に到着しました。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR