リタイアメントビザを取る苦労話




実は2年前にやっとリタイアメントビザを取ったのですが、はたしてこのビザはあまりリーズナブルではないので今ビザを続けるかどうか検討中。
とはいえ、先月1年延長しましたので問題解決は先送りです。

ビザの取得条件の一つに銀行で80万バーツの預金をプールしておくという項目があります。そのためには銀行口座を開設しなくてはいけません。
ところが銀行口座を開設するにはワークパーミットが必要です。
(WPなしでも○○銀行は開設できたとか、断られたけど別の担当者ならできたとか、いろいろ説があります)
これが大きな壁になりますね。


WPが必要だとか、口座条件が厳しいという背景は不良口座の問題だと思います。つまりマネーロンダリングに使われるということの予防です。

この趣旨から見ると、いくら店頭で札束で頬をたたいても口座は開けないことになります。いかにも詐欺師がやってきて口座を開けと言っている様な物です。

********************************************************
それではどうしたらいいかと言うと、信用保証を得ることです。つまり「この見知らぬ日本人」を「彼は信用できるから作ってあげて」と言ってくれる人物がいればいいことになります。

それにはタイ人のお友達を作ることです。できたら銀行関係で。


最初は、1週間の予定でノービザでバンコクに来ました。その時は住い探しと銀行口座開設だけが目的ですので、ビザはしばらく後回しです。

最初はカシコーン銀行は口座開設がしやすいとかの情報もあったので、プロンポンのカシコーン銀行に行ってみますが、WPが無いと作れませんの一点張りで拒否されます。



ワタシの場合は東京でよく知っていたタイ人が、バンコクに戻っていました。
確か一族が保険会社を経営しているとかなんとか言っていたのを思い出したので電話をしてみます。

さっそくバンコク銀行に連れて行かれて「口座を作ってあげて」のひと言ですべて完了。5分とはかからずに終了。

********************************************************
もうひとつの目的は、住まい探しです。こちらは足で探し回ります。サービスアパートメントでもいいけど、年中バンコクにいるつもりでは無いので不在時の家賃を払い続けるということを考えると、あまり高い部屋は避けます。かといって低家賃ではセキュリティや住民層という不安もあります。そこで予算は2万B前後とします。

しかしこれではバスはシャワーだけですね。パッカノンの新築のコンドでは壁面に触るとすこし暖かい。壁面が薄いので部屋がすぐに暑くなりそうです。プロンポンの古いコンドでは部屋全体が暗かったので、おそらく見えない所でカビがあるかもしれません。つごう7~8件回ってみたけど結局は決まりません。

そこでコンドミニアムの件もタイ人に相談してみます。ちょっと調べて、「ボクの叔父さんがオーナーで持っている部屋が空いているようだけど行って見る?ボクにリコメンドされたと言えばダイジョーブ」と言われて、翌日には引越しが完了しました。

********************************************************
さてここまでは順調で、ビザを取得する要件は揃ったように見えたのですが、これから先が大変でした。

2010/5
まずは赤シャツによる占拠事件と暴動。今でこそ反政府運動のひとつと片づけられているようですが、これは連合赤軍の榛名山事件にも匹敵するもので、赤シャツ隊がCTWのZENを放火を始めバンコク中で銃を発砲しはじめ、鎮圧された後には、死体がCTWの中に散乱し、隣のワット・パトムワナラムにも死体が投げ込まれていたという悲惨極まりないものでした。

01_5983visa.jpg
[引用:Natureより]

02_2635visa.jpg
[引用:Natureより]

その間は日本に退避していましたので、ビザどころではないですね。


2011/10
翌年になって、やっと取りに行こうかとしたら今度は大洪水でチェンワタナーが水没してしまいました。

ビザ発給の入国管理局はチェーンワタナーからサートーン事務所に仮事務所を移転していましたが、狭い場所なのでとっても混雑していて新規ビザどころじゃあないので断念。

03_2355visa.jpg
[大洪水@シーロム]

ようやくインラック政権で少し落ち着きをみせてきたので、やっとビザ取得に行ってきました。

2013/11
その後はインラック首相が恩赦法案を通すかどうかでまたデモが始まり、黄シャツ隊の一派がチェンワタナー付近でも気勢をあげていましたので、ちょっとキナ臭くなりかけてはいたのですが。

04_6853visa.jpg
[恩赦法案反対デモ@アマリン]

デモが始まる前に1年有効ビザに切り替えが終わりやっとひと段落です。その後バンコクシャットダウンが始まり、また日本に避難しましたので、実際はビザを取る必然性も無かったです。


こうしてみるとビザ取得の技術的問題よりも、政治的問題の方が大きいので、取得時期さえ間違えなければ簡単ですね。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR