木曜日はX-JAPANはいかがですか(5)

(2013/8/15)


アニメーションを構成しようとすると、どうしても音楽を操作しなくてはいけなくなります。または音楽を指示していかなくてはいけません。


【バッハ 小フーガ ト短調 BWV578を扱う】

具体的な楽曲として「バッハ 小フーガ ト短調 BWV578」を扱います。
このMidiデータはチロルミディワークスというサイトからダウンロードしたものです。

http://tirolmusic.blogspot.jp/2007/10/fugue-in-g-minor-bwv578-little.html

MuseScoreを起動します。ドキュメント/「jsbach_bwv578.mid」を選択します。

この曲はバッハの初期の代表作です。1707年ころ(23歳)の作品だと伝えられています。BWVというのは、バッハ作品目録番号のことです。最初のメロディーがどのように重なって音楽が構成されているかを見てみましょう。

この音楽は、まず最初のメロディー(主唱)が出ます。

01-music03001.jpg
(画像01)

このメロディーは応唱として第2声部に引き継がれます。第1声部はバックにまわります。

02-Music03002.jpg
(画像02)

以下同様にして第3声部、第4声部と引き継がれます。

このようにしながら、主唱のメロディーはしだいに変化しながら回り込んでいきますが、全体構成はきっちりとした構成になっています。


まずは、普通に再生してみてから、次に、[ウィンドウメニュー/楽器リスト]を開いて、[GM]をクリックして、好きな楽器に変えてみます。楽器だけでなくBird Twet(小鳥のさえずり)や電話まであります。バッハの音楽は、実はどんな楽器でも対応できるように作られています。

以下の動画ではポリフォニーの構成がわかりやすくなっています。




バッハなんて、古臭いし眠くなる・・・・


この指摘は的確です。なぜなら、
「バッハのフーガは数学だからです。」


フーガはカノンのように模倣対位法という原則で出来ています。
模倣対位法とは、一つの旋律を細胞のようにとらえ、細胞が増殖し、変化し、機能が変わってゆくものです。ただしそこには厳密なルールがあり、勝手に増殖したり勝手に変化してはいけません(細胞でも勝手に変化するのはガン細胞です)

フーガでは、その構成は主調部は、最初に一つの声部が主唱旋律で流れます。
主唱が終わったら、別の声部で応唱をする。このとき、主唱を5度上げるか4度下げる。
応唱が始まったら、最初の声部または第3の声部で対唱を演奏する。
その時主唱を上下逆にして演奏する反行フーガ、主唱の長さを整数倍にする拡大フーガ、整数倍の分数にする縮小フーガと複雑に絡み合う。

こう書くと複雑難解になりますが、
昔からこの制約の中に、ちょっとした変化を付ける演奏者も多く、テンポを変えたり、アッポジャトゥーラを付けたりと「婆娑羅」で伊達男っぷりを示したようです。


こんな伊達男の演奏もあります。


X JAPAN - ROSE OF PAIN


バッハとX-JAPAN。ミスティシズムを表現したかったという部分もありますが、この音楽はポリフォニーといって、音のパーツがだんだん重なることで音楽が出来ています。現代の音楽はモノフォニーといって一つのメロディーに和音が団子になって付いていきます。
しかし、その方法だと演歌になってしまうので、ユーロビートなどクラブミュージックでは、ポリフォニーと、次に述べるポリリズムを多用してトランスな音楽空間を形成します。


(次回へつづく)


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


****************************************************

Thursday, Let's listen X-JAPAN.(5)


To configure the animation, it is necessary to operate the music, to direct the music.


【Bach, "Little" Fugue (G minor, BWV 578)】

I will treat「Fugue in G-min, BWV578 'Little Fugue'」.
This Midi data is downloaded from "Tirol's midi works".

http://tirolmusic.blogspot.jp/2007/10/fugue-in-g-minor-bwv578-little.html

Start MuseScore. select [Document / "jsbach_bwv578.mid"]

This music is a masterpiece of early Bach.
It is said to be a piece of 23-year-old around 1707.
BWV is the catalog number of Bach works.


Let's investigate how the first melody overlaps and music is constituted.

The first melody (subject) comes out of this music first.

01-music03001.jpg
(fig.01)

A second voice takes over with the answer to this melody. The first voice turn in the back.

02-Music03002.jpg
(fig.02)

Takes over the third voice, a fourth voices in the same manner.
Thus, the melody of subject continues, changing gradually.
The whole composition is organized exactly.


First play normally, Next open [menu / instrument list] and click [GM], try to change to a favorite musical instrument or Bird, Twet or Telephone.
Music of Bach, has been designed to be compatible with any instrument.

It is easy to understand configuration of polyphony in the next video.



Bach, "Little" Fugue G minor BWV 578


Bach is unfashionable and becomes sleepy....


This identification is exact, because
"Bach's Fugue is mathematics"


Fugue is made of the principle of counterpoint as canon.
The counterpoint, think one melody like the cells, it increase, it change and add function.
However, a strict rule is there, and don't increase freely or don't change freely. (if change freely, it is Cancer cells)



It play one part as The first melody (subject) into The episode.

The first melody (subject) A second voice (answer)
When finished subject, It will do answer in different voices.
At this time, answer is 5 scale up or 4 scale down than subject.


When start the answer, it is played regular countersubject by 1st or 3rd voice.
This time, Counter-fugue is reverse subject. and Extension-fugue is integral multiple of subject or Reduction-fugue is reciprocal of reverse integral of subject.


It becomes difficult to complex writing this,
Within this constraint, the performer to give a bit of change; change the tempo or add the appoggiatura, They showed a dandy by the "BASARA".



There is also a performance of such a dandy.


X JAPAN - ROSE OF PAIN


Bach vs X-JAPAN. They wanted to express the Mysticism, and To say polyphony, this music is made by parts of sound overlap gradually.

Modern music will follow you chord becomes the dumpling to melody of one to say monophonic.
Modern music is called Monophony, and a music is made one melody with dumpling chord.

However, it will be enka in case of the method.
The club music form a Trance music space from many polyphony and polyrhythm.


(Continued to next)



JIMMY



Thank U visit my page.
It is a ranking of Thailand blog.
Please Click this↓↓↓
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR