TVを再購入




東芝の液晶TV32PB-10Tに残像が出るようになったが、コンセントを抜いてTVの液晶を自己放電させると、残像は消えるかもしれないと思って、帰国の日にコンセントを抜いておいて、3ヶ月ぶりに通電をしてみます。


01_3598tos.jpg
[残像]

結論は、残像は一時的には消えるようですが、しばらくするとまた出てきます。そのうえ動きのある動画では動きがギクシャクする。
はじめはそういう効果を狙った映像かと思えたほどです。

チェックした動画が「るろうに剣心~京都大火編」だからなおさら動きに残像効果を持たせたものなのか、TVの残像なのかが全く分からなかったですけどね。

もっとも他の動画でも画面が蛍光灯のようにチカチカしたり変なゴーストが出たりしたからやはりダメかもしれない。TV放送を見ている分は平気ですが、動画モニターとしては致命的です。

東芝といえども3年しか持たなかったことになります。
********************************************************
そこで新しいTVを探すのにパラゴンまで出かけます。
BIC-Cとかでもいいような気もしますが、TVはどこで買っても値段は変わりません。
あまり場末で買うとVATリファウンドが出来ないことがあります。

まずは低価格帯のものを見てみます。東芝32P1400UTやシャープLC32LE150Mなどの最近の製品は、32PB-10Tにくらべると値段が25%くらい下がっています。そのぶん機能が落ちており、USBでMP4再生などは出来ないということです。



次に中価格帯として東芝32L2450VT(10490THB)とシャープLC32LE265M(8290THB)とソニーKDL32R300C(9990THB)を選択してます。まずは動画の解像力を比べため、家庭からMP4の動画を入れたUSBを入れてみて比べます。店頭で見るサンプル映像というのは綺麗に映るように作られていますので参考にはなりません。

比べると東芝とソニーのほうがシャープよりくっきりとしまった画像ですが、東芝とソニーは価格差を埋め合わせるほど解像度が高いというわけでもないので、シャープLC32LE265Mを選びます。

02_32-lc-32le265m.jpg
[シャープLC32LE265M]

レジに入る段階で、さらに5%の値引きがあって7875バーツになりました。これでVATリファウンドが350バーツあるので、実質価格は7525バーツ(26700円)になります。

シャープのアクオスでUSBでMP4再生の出来る製品を日本で購入するとだいたい5.3万円ですので、半額くらいになります。

ケーブルTVで観ている家庭では、タイで買って持ち帰ったほうがお買い得ということです。(NTSCもPALもサポートしているし、電源は110~240Vなので日本でも使えます)

********************************************************
自宅に持ち帰ってから、出入力端子をチェックすると、コンポジット入力1、コンポーネント入力1、HDMI入力2、USB入力1ですが、音声出力はラインアウトやデジタルアウトは無く、ヘッドホン出力のみになっています。その分機能は低下させていることになります。

USB入力のサポートが1テラまで拡張していましたので、メモリーカードではなくハードディスクをつないで再生することも出来ます。

またマニュアルでは映像はmpeg1、mpeg2、MP4、AVIとなっていましたが、FLVフォーマットも再生可能でした。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR