BTSはBOSEを使ってますね




BTSの構内放送のスピーカーはBOSE DS16SEでした。

01_3404BBE.jpg


家庭のオーディオの場合は、音楽プレイヤーから聞き手に向かって一方向ですが、あまり強い指向性ではスピーカーの存在だけが際立ちますので、やや弱い指向性が求められます。
また雨風にさらされることも無いので、あまり堅牢性は重視されません。

しかし構内放送では、雨ざらしや直射日光、近隣への音漏れ、うるさくないことが必要ですので、音質よりも明瞭性、堅牢性、指向性、明瞭性、伝達力が求められます。

日本では単発ならエレクトロボイスのSX300などが使われます。

02_EV-SX-300-speaker.jpg
[SX300]

このような単発のスピーカーは音質が明瞭で、音漏れも少ないのですが、スピーカーから離れると遠くでは聞きにくく、音量をあげると近くではうるさくなります。
そこで全方向に拡散させるながら近くには聞きやすく、遠くにもよく伝達するようにスピーカーを何段か重ねる方法があります。(ラインアレイ)。用途によってセットの仕方が異なりますが、全方向性の場合はラムザ(パナソニック)などがラインアレイでよく使われています。

03_linearray.jpg
[ラインアレイ]

********************************************************
PAのアンプとしては、コンソールに調整卓がありますので、パワーアンプ部分だけになります。
低インピーダンス(8Ω)であれば、QSCなどがよく使われます。

04_usa-900-452487.gif
[QSC USA900]


家庭のオーディオのようにローインピーダンスではパワーアンプ(4~16Ω)につなぐスピーカーは普通は2つですので、アンプにかかる負荷は8Ωくらいです。

スピーカーは一種の抵抗ですから、並列につなぐと合成抵抗は次の式で求めます。

05_R123.jpg


そこで図のように8Ωのスピーカーを8個つないだ場合はインピーダンスは1Ωになります。パワーアンプが4~16Ω対応の場合は、これでつなぐとパワーアンプのトランジスタがショートします。必ずパワーアンプにつなぐスピーカーは合成した抵抗以上にしておかないと壊れます。
この場合32~128Ωのインピーダンスのスピーカーが要求されることになります。

06_8ohm_sp.jpg


そこで1つのスピーカーに1620Ωのものを用いると、合成抵抗は200Ωになります。
もちろんハイインピーダンスのスピーカーにはハイインピーダンスのアンプを組み合わせないと音が小さいし、音量を上げると歪んで変になります。

07_101HI_pop.jpg
[ハイインピーダンススピーカーBOSE 101HI]

もちろんこのような配線をせずにコンサートホールなどスピーカーの数だけパワーアンプを用意するという方法もあります。






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報   ジャンル : 学問・文化・芸術

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR