桃をバンコクへ持っていく




バンコクへ帰る日が近づきましたので、今回は白桃を持っていこうと思います。

でも直接では植物検疫にひかかるし、だいいち潰れてしまいます。

そこで、シロップ煮(コンフィチュール)に加工して壜詰めにしようと思います。
ちょうど手ごろな桃が売っていました。4つで399円。1つ100円(28バーツ)です。

01_3994mob.jpg

これは白鳳ですね。
02_3995mob.jpg


********************************************************
Recipe
桃       4個(600g)
グラニュー糖  190g
ココナツシュガー 70g
蜂蜜      大さじ3
レモン小    1/2個
ブランデー   少々
シナモン    少々
ダークラム   少々
ペクチン    3g


まずは圧力なべを用意します。瓶のフタと身にマジックで番号を書いておきます。
ひたひたになるまで水を張って、圧力が上がってから15分加圧殺菌を行います。
家庭で食べるのと違って、飛行場や機内で過ごす時間を考えて殺菌消毒は徹底的にした方がいいでしょう。

03_3993mob.jpg


熱湯の中から瓶を取り出すときは、普通のトングや箸で取り出してはいけません。瓶の中の熱湯が重いので滑って火傷をしてしまいます。
そこで、こんなケーキトングを使いました。

04_3992mob.jpg


桃は中心線から2つに切って、種を外します。うまくいかないと種に当たって2つに切断できないのですが、慣れると切断線がわかります。

05_3997mob.jpg


桃は4つ割りにしたうえで、さらに4つ割りですから16割りくらいにします。レモン果汁をかけたうえに所定量のグラニュー糖、ココナツシュガーを加えて冷蔵庫へ。一晩寝かせます。

06_3998mob.jpg


一晩たつと桃から水分が出て、ひたひたになってきます。冷蔵庫に入れるときは水がこぼれないように、できるだけ平らにしておく方がいいでしょう。これでも底の方にはココナツシュガーが溶けきれずに沈澱しています。

07_4000mob.jpg


アク取りに紙フタをしいて、シナモンバーとペクチンを入れて20分ほど弱火で煮ます。仕上げの5分前にブランデーとダークラムを少量加えます。
時々は焦げ付かないように、スパチュラでかき混ぜますが、あまりかき混ぜすぎると桃の形が崩れて完全なジャムになってしまいますので要注意です。

ペクチンは使いすぎるとジャム状になります。あまり使った形跡が残らないように少しだけにしてください。ただゼロにすると水っぽくなります。

強火で5分というレシピもありますが、柔らかく煮るには弱火で20分のほうがいいようです。時間が長いと色変わりしやすいので、レモン果汁で出来るだけ色変わりするのを防ぎます。

20分経過したら、殺菌消毒した瓶に詰めていきます。桃4個で収量は小瓶3つ程度でしたので、収量はあまりよくありません。このサイズの白桃のコンフィチュールですと購入すると1つ700円です。(松坂屋)

08_4004mob.jpg

収量を上げるには、水を加えてペクチンを入れるともっと増えるでしょう。増量というのは簡単にできます。
ただ今回は純粋に果汁も果実も日本産の桃だけを使用した贅沢な品物になっています。

   ■ ■  ■ ■  ■ ■  ■ ■


試食してみたら、けっこう美味しかった。これで賞味期限は半年ですから、2月13日までとしておきましょう。
バンコクに行くまでに無くなっちゃうんじゃないの。。。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子   ジャンル : グルメ

No title

うおおっ、桃大好きなのでたまりませんー。
こんなにたっぷり、しかも半年も堪能できる
なんてお得感がすごいですね。季節ものだし。

ココナツシュガーって、味が濃いから意外な
感じがしたのですが普通の白砂糖を使うより
桃とは相性がいいですか?

そして圧力鍋で煮沸消毒15分も!するんですね。
鍋で適当にぐらぐらっと、程度にしかしたこと
なかったです。
次回ジャム作る時は、もう少し頑張ってみよう。

ぷんぷく さんコメントありがとうございます

桃は美味しいよ~

保存の最大の問題は缶詰のようにならぬこと。香りを最大限残すこと。
食感を残すこと。かな。
最初グラニュー糖でやってみたら、香りは残るがサッパリしちゃいま
して桃のクドクド感が消え、缶詰みたいになっちゃいました。
黒砂糖だと砂糖の方が勝つけど、ココナツシュガーだとほどほどの
クドさが出ます。

むかしバイ菌を培養していた時の経験だと、ジャム側を殺菌するより
容器をきちんと消毒殺菌する方が菌は入ってきません。

お土産をつくって持参するなんてオバアちゃんみたいでしょう。
非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR