松江城が国宝になるそうです。




住宅の買取交渉をした後は、温泉につかってのんびりしましょう。宿屋は宍道湖温泉の「すいてんかく」です。価格は15000円くらいですが、航空券を買うとオマケで無料で1泊付いてきます。

01_3855mze2.jpg
[すいてんかく]

近くには一畑電鉄の「松江しんじ湖温泉駅」があります。これに乗ると出雲大社とか行けるようです。昨日交渉した不動産業者もこの一畑電鉄グループですから松江の中では大手の地元企業ということでしょう。

02_3852mze2.jpg
[一畑電鉄]

駅には無料の足湯温泉もありました。今回は宿屋に露天風呂もありますので利用はしなかったですよ。

03_3851mze2.jpg
[足湯温泉]

これが「すいてんかく」の朝ごはん。温泉宿の定番の朝ごはんですが、チクワに見えるのはアゴ(トビウオ)の蒲鉾。干し魚は「ハタハタ」、味噌汁は「大和シジミ」、付き出しなのは「小エビのむき身のゆず味噌あえ」でした。細かいこだわりがあるのに、説明の御品書も無いので、
やや観光地として損をしてますね。

04_3857mze2.jpg


宿屋の前からレトロなバスが出発します。車内もレトロな作りですがお客がいないので貸し切りです。

05_3858mze2.jpg
[レイクライン]

何かの博物館に見えても、これは現役の小児科病院。そのまま映画のロケに使えそうです。

06_3847mze2.jpg


茶町通りの筆屋さん。文房具は置いてなくて、各種の筆とか岩絵の具、奉書紙、中国墨などを扱います。

07_3846mze2.jpg

これは「國暉」の酒造蔵元です。文化二年(1805)に今の町屋に改築されたということなので、改築後210年ということになります。松江にはこのように1品だけを売っているというお店が少なからずあります。國暉酒造は「國暉」だけ、風月堂は「黒小倉」だけ、という1品だけです。そんなトコは京都に似たところがあります。

08_3845mze2.jpg

********************************************************
松江城が国宝になるそうなので、ひなびた城郭というのは見おさめになるかもしれません。
世界遺産とか言って喜ぶのはいいことですが、実際は世界遺産になったとたん大型バスの横付けする観光地になって、ゴミの山になって荒れ果てるのが常のようです。

09_3840mze2.jpg


松江城は千鳥が翼を拡げたようなので「千鳥城」と呼ばれています。なぜ今まで国宝じゃあ無かったのかと言うと、たぶん古いのだろうけど、城郭を作った年代の証拠が見つからなかったという事だけのようです。

10_0056mze2.jpg


天守閣の中は細い階段を昇っていきます。400年とは言わないまでも改築してからでも100年は経ていますので、かなり時代を感じます。

11_3817mze2.jpg


最上階まで上がると松江の町が見渡せます。400年経っても松江の町にはこのお城より高い建物も塔も無いのです。むしろそういったことの方が希少価値な気がします。

12_3821mze2.jpg

この最上階は意外なことに何も無いのです。映画なので落城間際に天守閣に籠っているようなシーンがあるけど、そんな空間では無いです。それは天守閣の最上階の外廊下が無く、いきなり外になっているので小さく感じるからでしょう。

13_3820mze2.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 歴史   ジャンル : 学問・文化・芸術

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR