東芝もダメだねぇ




東芝の32インチの液晶TVをパラゴンで購入したのですが、3年すぎたところでもう壊れてしまいました。

01_3594tos.jpg

電源は入るので、視聴はできますが、輝度の強い画像の後に残像が強く残ります。
文字のある画面で1分くらい静止すると、もう焼きついたようにその文字がくっきり30分くらい残ります。

02_3596tos.jpg

たとえば、最初の画面右上に「DAISUKI」という文字をみてみますと。

03_3595tos.jpg

それが画面を変えて別のメニュー画面に変えても、右上に「DAISUKI」の文字は残ってしまいます。

04_3597tos.jpg

次々と画面を変えていけば、画像はそのうち飽和状態になって消えますが、文字やグラフィックによってはいつまでも残留することがあります。

******************************************************
ブラウン管TVと異なり、液晶パネルは理論上は画面焼きつきというのは起こりません。
電子ビームを当てて発光させている訳ではなく、液晶の配列の変化によって後ろから来る光をさえぎるシャッターだからです。

05_img218tos.jpg
[電圧をかけると光は通過できない:
引用http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apricot/2669/page015.html]


この焼きついたような強い残像は、液晶配向のくせの固定化でしょう。つまり液晶の並び方にクセが付いてしまい、それが取れなくなってしまった。これは一定の画面(ブルーバックなど)を連続して流すとクセが取れることもあるけど、逆にクセが強く残るようになることもあります。

これは単純に商品故障といったものではなくて、液晶パネルの品質の長期信頼性の欠如。つまり本質的に液晶が不良品が多いということを意味します。

早い話、このメーカーは避けたほうが無難なので、他のメーカーを見渡してみます。

しかし残念ながら32インチサイズでは、東芝やシャープでは高機能な製品は出ていません。主力商品を4Kにシフトしているからです。LGとかサムソンを選択するしかないのかもしれません。

4Kの50インチ越えになると、日本のメーカーもちゃんと出しているようですが。

そんな大きなTVを買ってどうする。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 宇宙・科学・技術   ジャンル : 学問・文化・芸術

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR