長命寺の桜もちは川を向いて食べます




今は桜が満開ですので、隅田川のほとりに桜を見に行きましょう。

01_3438chomyo.jpg

********************************************************
向島の墨堤ぞいにある長命寺。そのほとりには知られた『長命寺の桜もち』がある。
三枚の大島桜の塩漬けの葉に包まれた白身の桜もちは、春の宵にはことのほかに妖艶な香りがある。

江戸小噺に、江戸に出てきたばかりの田舎者が、名物の桜もちなるを食べてみんと、茶店縁台に座って出てきた桜もちを皮ごとむしゃむしゃと食べはじめた。見かねた茶店の女将が「お客さん、それはかわをむいて召し上がれ」と申すに、田舎者、「そうかそうか」と、墨田の川の方を向いて召し上がり始めた。

02_3449chomyo.jpg
[長命寺の桜もち]


********************************************************
まぁ、皮は食べても食べなくとも良さそうなものではありますが、実際はアントシアニンが含まれているから食べ過ぎるのはどうかと思えるので、食べても1枚程度にしておいた方が良さそうです。

そういえば、京都嵐山の渡月橋の北詰にある「琴きき茶屋」の桜餅。もちとアンコもちが別々に出てきます。もちは桜で包んだ道明寺ですが、アンコは皮なし桜餅です。

img_0541chomyo.jpg
[琴きき茶屋の桜餅]


いづれも甲乙つけ難しと言いたいところですが、「琴きき茶屋」の方が好きです。長命寺の方にはニッキが入っているので、生八橋と味がかぶるんで。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : スイーツ   ジャンル : グルメ

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR