今週から大学の講義が始まります



ウチの大学は文科省のダメ出しの一覧校には入っていないのでちょっと想像になります。

(引用)
「講義は中学レベル、入試は「同意」で合格 文科省がダメ出しした“仰天大学”とは?」
(2015/02/21 YAHOOニュース)

文科省は今月19日、講義内容や運営方法などに不備があるとして、改善を求める大学253校を公表しました。新設された大学や学部を昨年度から調べており、対象となった502校の約半数に問題が。多くは学生の定員割れや、教職員の高齢化などでしたが、大学としての“適格性”が問われそうなものも少なくありませんでした。

 千葉科学大(千葉県銚子市)は、一部の講義で“レベルの低さ”が問題視されました。たとえば「英語1」の講義。同大のシラバス(講義計画)によると、冒頭から「be動詞」「過去形」「進行形」と、中学校レベルの内容が並びます。「基礎数学」の講義でも、割合(百分率)や小数、四捨五入とは何か、から教え始めます。

 つくば国際大(茨城県土浦市)でも、「化学」の講義が元素や周期表の説明から始まったり、「生物学」では光合成やメンデルの遺伝法則を一から学ばせたり。

 こうした実態について文科省の調査は「大学教育水準とは見受けられない」と指摘しており、改善を求めています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150221-00000001-withnews-soci


この記事に対し国内のネットユーザーからは批判的なコメントが寄せられています。
「ゆとり教育の弊害だ。ゆとりを進めた文科省が無責任なことを言ってる」
「高校では選択科目が進んで生物をやらずに医学部に行くからそうなる」
「大学に行ってもしょうがないヤツが行くからいけない」
などの意見が出ているようです。

*************************************************
こうした記事はしばしば悪意が込められていることもあるので、元ネタを見るといいでしょう。
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ninka/__icsFiles/afieldfile/2015/02/19/1355057_01_1_1.pdf

元ネタを読むと、文科省は大学の講義の内容が中学校レベルだからダメな大学だと言っているわけではなく、この内容を大学専門科目の必修単位に換算するのはどうかと思われるから、補修とか入学前自宅学習(リメディアル教育)にしたらどうかと提案しているにすぎない。

むしろ問題はそこではなく、大学入試においてアドミッション・ポリシーがいわゆる学力偏重になっており、極端に言うと受験科目に特化した高校教育になっていることにある。つまり、医学部に行くのに入試に有利という事で生物も履修していないとか、経済学部に行くのに数学を全く履修していないという合格至上主義の勉強に問題があるのです。

さらには日本語能力レベルの低い学生に対し語学学校における日本語教育と同じ内容を単位認定科目にしている大学があるという事です。

日本語能力レベルにより専門教育科目の日本語に関する授業科目の履修推奨科目数が異なる、語学学校での日本語教育と同じ内容の授業科目が開設されていると思われるなど、学士(教育学)を授与するにふさわしい教育課程となっているかどうかについて疑義があることから、教育課程を再度確認し、必要に応じて見直しを行うこと。(東京福祉大)

たとえば、タイのチュラロンコンで基礎からのタイ語を学んだらチュラ卒業になるという事なので、それは無いだろうタイ語学校へ行けよという事です。

*************************************************
実際に果たして「元素や周期表」、「光合成やメンデルの遺伝法則」が中学生の内容だという記事には疑問には思わないのだろうか?

周期表とは何?というとじつはうまく答えられないものです。
元素を重さ(質量)順に並べた?電子の順に並べた?陽子の順に並べた?
中学生ならすぐに「陽子の順」と答えるでしょうが、では陽子1個と反陽子1個からなるプロトニウムは陽子数は1?2?0?
陽子0個で電子と陽電子からなるポジトロニウムはどこに入れる?
陽子の数(原子番号)は元素の性質となぜ関係性がある?
むしろ元素の性質ならば量子力学でいう構成原理にしたがって電子の主量子数と角運動量量子数に従うんじゃないの?

光合成も非常に難解なものです。CO2と水が反応してデンプンが出来る・・・わけがないだろ。CO2とH2Sだって反応できるし、リンゴ酸とH2Oでも反応はできる。光が必要なのは光化学反応系群であって、グルコース合成系はNADPH+とATPをエンジンとする反応系なので、炭酸同化と光合成は独立しているともいえるし、そのじつ酵素群の活性化には光が重要なファクターになりうるので独立はしていないともいえる・・・・・。

*************************************************
話はかわりますが、こういった認識はバンコクのワットプラケオの観光に似ているような気がします。

ワットプラケオを見に行くというと、タイの初心者?とか思われてしまいます。
つまりは、「見た」というだけで終わってしまう中学生の授業と同じこと。一度訪問しただけで、「見たつもり」になっているだけのようです。各々の建造物の様式の違いや像の差異など細部にわたって調べようとする気もないのです。

ワットプラケオが何年に誰によってどこに建立されたかを暗記することが「受験に必要な学力」であって、それで終わってしまい、そこに秘められた仏教上のことわりや建築物の持つ意義を学びとろうとする「学びとる力」は存在していないのです。

01_2460kougi.jpg
[ワットプラケオ]

無理スジでタイに話をふったような・・・・・・・・


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 短大・大学   ジャンル : 学校・教育

まさか

まさか周期表の話から、ワットプラケオに行くとは思いませんでした。
それにしても日本の大学。
一説によると、高校卒業者数よりも、大学の定員の方が多くなってしまったらしいですね。
既に大学に行けば、よい生活が保障される時代ではなくなっていますので、結局4年間無駄に過ごすだけのような気がするんですけどねぇ。

No title

今の大学ってそんなになってるんですか。
確かに大学は増えすぎて、子供の数は逆に減ってるから
さもありなんという気もしますが。

大卒がステイタスではなくなってしまっては
なんだかもったいない(時間もお金も)ですね。

Toshi@タイ さんコメントありがとうございます

いやータイカテに引き込むためにワットプラケオに話を引っ張ってしまいました(笑)

さて大きな問題が2つありまして、1つ目は大学の定員超過問題。これは地方の大学が無試験状態で入れてしまい、学業に付いてこれないという問題です。
これは勉強しなくても入れたから勉強しなくても卒業できると錯覚してドロップアウトする問題です。

2番目の問題は、首都圏の大学に多いのですが、高校で受験科目以外は勉強しないという問題。大学が受験者人数確保のために、受験科目を減らしたために受験者は増えたものの、受験科目以外は全く出来ない学生が増加しているという問題です。

むしろ大きな問題になっているのが、2番目の問題です。
難関を突破しながら、高校では受験科目以外は何も勉強してこなかったので落ちこぼれてしまうという事になってしまいます。結果として受験倍率は高いがドロップアウトが多い事になります。
今回文科省がメスを入れたのは、入試レベルの不釣り合いな大学でした。

ぷんぷく さんコメントありがとうございます

> 確かに大学は増えすぎて、子供の数は逆に減ってるから
> さもありなんという気もしますが。

大学は増えすぎているものの、集中する大学と不人気な大学の差が広がって、入試はどんどん難しくなっています。
そこで例えば理系大学で英語と数学だけの入試にすると、入試科目しか勉強していないから、物理も化学も授業についてこれない状態になります。

つまりは今まで学校や予備校で覚えることばかりやってきたものだから、自分で勉強の仕方がわからない。そんな学生が増えたということでしょう。

これじゃあ社会に出ても使えないだろうなぁ、という所からのスタートです。
非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR