ちょいとトンボとラピュタまで・・・

(2013/7/30)


01-Heli76.jpg
(画像01)

ヘリコプターのシュミレーターに搭乗してみました。三菱プレシジョン社製 HEL-2型機

モーションは6軸油圧式、ビジュアルは無限遠表示方式の3チャンネル4ウインドウで下方視界も有する中型タービンヘリコプターで、コックピットは

ベル204型機を模擬したものです。

操縦系はイグニッション、コレクティブ・レバー、サイクリック・スティック、ラダー・ペダル。

02-Heli604.jpg
(画像02)

計器系は速度計、ローター回転計、コンパス、オートジャイロ、高度計、燃料計などなど。機械式計器ではなく、グラスコックピットで15インチのディ

スプレイ2面に表示してあったので、オモチャっぽいけど将来は全部この形式になるようです。アナログよ~さようなら~

今日はお試しということで、30分ほど無料で乗せてもらいましたが、正規の訓練では

1.計 器 飛 行 証 明        30時間
2.事業用・自家用(基本計器飛行)  10時間
3.限 定 変 更          10時間
4.計器飛行技量保持     6時間/180日
5.その他の訓練
   天候急変対応訓練        適 宣
   緊急操作訓練          適 宣

が必要となります。このシュミレーターの利用費用は1時間で42000円です。

03-Heliコレクティブ ・レバー
(画像03)[コレクティブ・レバー]

機長席(右側)の左側に位置しています。パイロットはコレクティブ ・レバーを操作することにより、出力をコントロールし、高度・速度を変化させ

ることが出来ます。

04-Heliサイクリック ・スティック
(画像04)[サイクリック・スティック]

パイロットは、サイクリック・スティックを傾けると、それに連動し回転しているローター回転面を傾けることが出来ます。前方に傾ければ、ヘリコプ

ターを前方に傾き、ヘリコプターは前進します。パイロットは、サイクリック・スティックを傾けることにより、任意の方向へ機体を進めることが出来

ます。

05-Heli0755A.jpg
(画像05)[ラダー・ペダル]

コックピットフロアーの左右の足元には、それぞれ 1つずつペダルがあります。このペダルにより、パイロットはテールローターの揚力コントロール

が出来ます。テールローターは機体の姿勢を真っすぐに保つためにあります。このテールローターから発生される揚力の大きさを変えることにより、機

体を回転させることが出来ます。機体は右ペダルを踏むと機体は右方向へ回転し、左ペダルを踏むと機体は左方向へ回転します。

06-Heli608.jpg
(画像06)[飛行モニター]

飛行ルートはビル街の中、正面に横浜ランドマークタワーが見えますがビルの地上高は296mですから、ヘリの高度290mではビルの70階に飛び込んでしま

います。そこで、サイクリック ・スティックを引いて速度-15kmにして少しホバリングしながら左に回り込みたいと思います。
となりのクイーンズタワーAは地上高172mですから、安全に越せると思います。

07-Heli600.jpg
(画像07)

飛行は夜間や霧で視界ゼロの状況もありますのでマップを見ながら行います(この時の写真は撮る暇も無かった)
最後のランディングは、予定ルートよりも手前に着陸してしまい、再離陸するわけにもいかなかったのでゲームオーバーでした(墜落ではないよ σ

(^_^;)アセアセ...)

今度は護衛艦「ひゅうが」にオスプレイモデルで着陸したいものです。


※アミューズメントにあるフライトシュミレータよりずっと本物だったので、操縦はかなり難しいです。ヘリの免許を取ろうかなという人にはお勧めで

す。
場所は羽田の航空振興財団羽田綜合センターです。






JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            
src="http://overseas.blogmura.com/thailand/img/originalimg/0000418015.jpg" width="80" height="70" border="0" alt="にほんブログ村 海外生

活ブログ タイ情報へ" />

にほんブログ村




I'm going to Laputa with Tombo briefly・・・

01-Heli76.jpg
(Fig.01)

I tried to board the helicopter simulator.HEL-type2 made by MITSUBISHI PRECISION CO.,LTD.

The hydraulic 6-axis motion, Visual monitor is infinity display system that is 3 Channel 4 window.
It is a simulate the cockpit of the Bell 204-type mid-sized turbine helicopter.

Control system is Ignition, Collective lever, Cyclic stick, Rudder pedals.

02-Heli604.jpg
(Fig.02)

Instrument system is Speedmeter, Rotor tachometer, compass, auto gyro, altimeter, fuel gauge, etc...
Not the instrumentation, it show me two surface of 15 inches display, so it is like a toy but Glass Cockpit seems to be all this format

in the future.

Bye ~ good ~ analog

Today is free, but at the training of regular U need 42,000yen/1 Hour.

Regular training course
1)The proof for IFR: Instrument Flight Rules; 30 Hours
2)Business use and private use(Basic IFR); 10 Hours
3)Limited changes; 10 Hours
4)IFR skills retention; 6 Hours/180 days
5)the other training
   Weather sudden change response training; adequately
   Emergency operation training; adequately


03-Heliコレクティブ ・レバー
(Fig.03)[Collective lever]

It is located on the left side of the Captain's seat (right).
By manipulating the Collective lever, pilot will be able to control the output, and changes the altitude and speed.

04-Heliサイクリック ・スティック
(Fig.04)[Cyclic stick]

Pilot tilts the Cyclic stick, can tilt the rotor plane of rotation.
If tilted forward, leaning forward a helicopter, helicopter move forward.
Pilot is able to proceed with the helicopter in any direction, by tilting the Cyclic stick.

05-Heli0755A.jpg
(Fig.05)[Rudder pedals]

The feet of the left and right sides of the cockpit floor, there is two pedal one each.
By this pedal, pilot can lift control of the tail rotor.

The tail rotor is used to keep straight the attitude of the aircraft.
By changing the size of the lift force generated by the tail rotor, it is possible to rotate the aircraft.

Aircraft rotate right to step the right pedal, the aircraft will rotate left to step the left pedal.

06-Heli608.jpg
(Fig.06)[Flight monitor]

Flight routes is on the city building, I can see the Yokohama Landmark Tower in front, it is 296m.
Now helicopter altitude is 290m, so I will crash into the 70 floor of a building.
So, Pull the Cyclic stick and speed change -15km, turn to the left while hovering a little.Next Queens Tower A is ground clearance 172m,

so I will get through safely.

07-Heli600.jpg
(Fig.07)

There is also a flight of zero visibility in fog and night, so the flight while watching the monitor map.(I did not have time to take

photos at this time)

The final landing, since there is front than expected route, I can not do Re-take-off, and game over.(Not crash σ(^_^;)アセアセ...)

Next time, I want to landing by the Osprey model in aircraft carrier"hyuga".


※It was much better than real flight simulator in the amusement, control is quite difficult.
It is recommended for people who try to take the license of helicopter.
This location is aviation Foundation Haneda comprehensive center of Haneda.






JIMMY



Thank U visit my page.
It is a ranking of Thailand blog.
Please Click this↓↓↓
            
src="http://overseas.blogmura.com/thailand/img/originalimg/0000418015.jpg" width="80" height="70" border="0" alt="にほんブログ村 海外生

活ブログ タイ情報へ" />

にほんブログ村

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR