飛ばねぇ豚はただの豚だ

(2013/7/29)
A pig who doesn't fly is just an ordinary pig.



01-Fly502.jpg
(写真01)
これは零式艦上戦闘機二一型改造複座機(国立博物館蔵)

Mitsubishi A6M Zero (Zero Fighter) Model 21. Exhibit in the National Museum of Nature and Science, Tokyo, Japan.
ゼロ戦は三菱重工が設計し、三菱だけでなく、中島飛行機でもライセンス生産で製造を続けた第2次大戦の代表的な航空機です。
21型は航続距離2000マイル、定員は1~2名

02-Fly583.jpg
(写真02)
これはYS-11

YS-11は国産ターボプロップエンジン旅客機で64人乗り。航続距離は500マイルから1,000マイル(800km - 1600km)、であり航空管制ルートを飛行するには羽田から鹿児島くらいの距離になります。三菱重工(当時は新三菱重工)、富士重工(旧中島飛行機)、川崎航空機(現在の川崎重工)などで製造をおこないました。
YS-11の後継機種として計画が始まったのがYX計画ですが、開発費用の高騰からアメリカとの共同開発を余儀なくされ、ボーイングとの共同開発で完成したのがボーイング767ですが、実際は共同開発は名ばかりで下請けに過ぎず、次期開発のYXX計画に望みをかけることになります。
YXX計画でもボーイングとの共同開発として777を開発する事になるが(結局日本はただのATMにされ、金と知恵を貢がされるだけに終わる)重要部分の設計からは外されてしまいました。

03-mitsubishimrj_905.jpg
(写真03)
三菱重工業の開発中の国産ジェット旅客機「MRJ」

MRJ(Mitsubishi Regional Jet)は最先端技術を採り入れた次世代のリージョナルジェット機で、最高レベルの運航経済性と最高レベルの客室快適性を兼ね備えています。世界最先端の空力設計技術、騒音解析技術などの適用と、最新鋭エンジンの採用により、大幅な燃費低減を実現するとともに、騒音、排気ガスも大幅に削減します。
これら圧倒的な運航経済性と環境適合性により、エアラインの競争力と収益力の向上に大きく貢献します。
また1列4席の配置、大型のオーバーヘッド・ビンの装備、新型スリムシートなどの採用により、これまでのリージョナル機にはない快適な客室空間を提供します。
--引用:三菱技術パンフレット--

The MRJ(Mitsubishi Regional Jet) is the next generation reguinal jet will offer both top-class operetional economy and outstanding cabin comfort. By featuring a game-changing engine, state-of-the-art aerodynamic design, and noise analysis technology, the MRJ will significantly cut fuel consumption, noise and emissions.
The MRJ will have a feature an innovation slim seat that offers heightenedcomfort to passengers.

そこで、今度は日本独自開発としてリージョナル・ジェット、70~90人乗り。航続距離は最大1,780マイル、の開発を進めることになります。機体開発はJAXAが協力することになります。

04-Fly571.jpg
(写真04)
「MRJ」の風洞実験

さて、このMRJが低空離着陸で失速しないかとか、鳥やタイヤの破片が機体に衝突しないかとか、空中でねじれないかとか、離陸時に揚力が確保できるかとか、予測される機体騒音とか、ディッチング時や胴体着陸時の挙動なども解析する必要があります。

05-Fly613.jpg
(写真05)
そこで活躍するのがJAXAのデジタル/アナログ・ハイブリッド風洞Digital/Analog-Hybrid WINd tunnel(DAHWIN)です。
これは、リアルにある2m×2mの遷音速風洞、6.5m×5.5m低速風洞とスーパーコンピュータ上のデジタル風洞を用いて、コンピュータで予測される挙動を実物モデルで検証し、そのデータをコンピュータ解析を行うシステムです。

08-Fly01.jpg
(写真06)
6.5m×5.5m低速風洞における翼表面の気流の流れ

07-Fly02.jpg
(写真07)
6.5m×5.5m低速風洞における機体上昇時の圧力分布

09-Fly614.jpg
(写真08)
「MRJ」のフライトモデル

10-Fly615.jpg
(写真09)
「MRJ」のフライトシュミレーター操縦席

シュミレータで見るとコックピットには15インチ4面ディスプレイが付くようです。

これは中距離用航空機なので成田からだと台北乗継でバンコクまでということになります。ちょうどアメリカの国内線くらいの距離間での需要が多く望めます。まだ受注が約160機ですので、さらに売り込みをかける必要があります。

2012年12月31日現在の発表済み受注数
全日本空輸15機(他にオプション10機)
米トランス・ステート航空50機(他にオプション50機)
米スカイウエスト100機(他にオプション100機)
       計 確定165機 オプション160機



初フライトは今年の10月を予定しています。


2013/7/26
MRJの初飛行は来春以降に延期だそうです。パートナー企業であるPratt & Whitney社のエンジンPW1200Gの納入の遅れが原因だそうです。
多国籍で機体製造を行うとどうしても遅れや不具合が発生しますが、100%国産というのは開発予算が出ないのと米国の圧力もあるから難しいところでしょう。
ただボンバルディアもエンジンはPratt & Whitney社のPW1500Gだから条件は同じはずなんですが。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130725-00000005-fsi-bus_all



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



A pig who doesn't fly is just an ordinary pig.



01-Fly502.jpg
(Fig.01)

Mitsubishi A6M Zero (Zero Fighter) Model 21. Exhibit in the National Museum of Nature and Science, Tokyo, Japan.
Model 21 capacity is Full Passenger Payload 2000 miles range, 1-2 seater.

02-Fly583.jpg
(Fig.02)

The YS-11 was a product of the Nihon Aircraft Manufacturing Company (or NAMC), a consortium of Fuji, Kawasaki, Mitsubishi. Range with max payload and no reserves 1090km (590nm).


Next-generation plan of the YS-11 is YX program, and completed Boeing 767 by jointly developed.
Actually, Japan was helped Boeing financially, to YX program.

03-mitsubishimrj_905.jpg
(Fig.03)
The MRJ(Mitsubishi Regional Jet).

04-Fly571.jpg
(Fig.04)

The MRJ(Mitsubishi Regional Jet) is the next generation reguinal jet will offer both top-class operetional economy and outstanding cabin comfort. By featuring a game-changing engine, state-of-the-art aerodynamic design, and noise analysis technology, the MRJ will significantly cut fuel consumption, noise and emissions.
The MRJ will have a feature an innovation slim seat that offers heightenedcomfort to passengers.

Therefore, will want to promote the development of regional jet that is 70-90 seater, Full Passenger max Payload 1,780 miles, as Japan original.
JAXA will cooperate aircraft development.

05-Fly613.jpg
(Fig.05)
Wind tunnel experiments "MRJ".

There is a need to analyze various for "MRJ" for example stall, twist, dynamic liftlifting power, airframe noise, actions on ditching or belly landing.

06-Fly03.jpg
(Fig.06)
So Digital/Analog-Hybrid WINd tunnel(DAHWIN) of JAXA is very active plays an active part in Body design.

This sysytem use 2m×2m transonic speed Wind tunnel, 6.5m×5.5m Low speed Wind tunnel and Digital wind tunnel in the supercomputer, validate the real model the behavior predicted by the computer, and performs computer analyzes the data.

07-Fly02.jpg
(Fig.07)
Air flow of the wing surface in the 6.5m×5.5m Low speed Wind tunnel.

08-Fly01.jpg
(Fig.08)
Pressure distribution of the body rising in the 6.5m×5.5m Low speed Wind tunnel.

09-Fly614.jpg
(Fig.09)
Flight Model "MRJ".

10-Fly615.jpg
(Fig.10)
Flight simulator cockpit of "MRJ".

The flight deck will be equipped with 4 large Liquid Crystal Displays(LCDs) (15 inch diagonal) to enhance situation awareness.

This is a medium-range aircraft, will fly to Bangkok Transit Taipei from Narita.
First flight is scheduled for October of this year.

Announced number of orders as of December 31, 2012
All Nippon Airways 15 (other options 10)
U.S. Trans State Airlines 50 (other options 50)
U.S. Sky West 100 (other options 100)
Total 165, options 160




JIMMY


Thank U visit my page.
It is a ranking of Thailand blog.
Please Click this↓↓↓
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR