バンコクで但馬の和牛ステーキ




ソイサラディーン1にある「ア・パリ・バンコク」へ出かけてランチを食べてきました。

今月はステーキ祭りということで、WAGYUがメニューに載っていました。WAGYUは但馬和牛の500日穀物育成ものです。それを数日熟成して調理に使います。

熟成というのは、0度くらいの無菌箱にドライエイジングして、肉の内部の自己融解酵素によってじっくりと肉の細胞が分解されて柔らかくなるのを待って調理したものです。

2475662184_8b1a094f55_z.jpg
[ドライエイジング]

冷蔵庫に肉を入れっぱなしにして気が付いたら熟成肉になっていたというのとはちょっと違う。ソレは肉が腐っただけ。
細菌が付いていては発酵牛肉になります。悪臭がするようだと腐敗牛肉です。


このお肉はチョクチャイファームの肉のように大きく脂身が入った肉をナイフでガシガシと切るアメリカンスタイルではなくて、日本のような柔らかいお箸でも切れそうな細かなサシの入ったお肉でした。

ディナーでも100グラムで250バーツという非常にお安い値段設定です。

ランチもディナーもお肉は同じですが、ランチではチョイスしやすいように100グラム設定で1割くらい安くなっています。
ディナーでは1700グラムですので、4~5人で切り分けることになると思います。

********************************************************

さて本日選んでみたお料理は
「パリジェンヌのサラダParisienne Salad」120バーツ
これはエメンタールチーズと白ハムが入っています。

01_3136wagyu.jpg
[Parisienne Salad]

「但馬牛のフランクステーキWagyu Flank Steak」230バーツ
パセリが散りばめてあります。切り口の写真が無いですが、ミディアムレアでもナイフで軽く切れます。
ランチメニューではリブアイでは無くてフランク(わき腹肉)です。柔らかくてそれでいてサシの入った部位になります。
付け合わせがフライドポテトというのはランチメニューだから。

03_3137wagyu.jpg
[Wagyu Flank Steak]

デザートは「クリームブリュレとコーヒーCreme Brulee」90バーツ
クリームブリュレはレンゲに入って出てきました。
お隣にあるのは、パイナップルの糖蜜煮です。

04_3139wagyu.jpg
[Creme Brulee]

それと赤ワイン。全部で560バーツ+サービス料、税が加わって700バーツくらいになります。

バンコクでもお安い値段設定で、美味しいお肉を出してくれる店はあるんですよ。





JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR