バンコクのフランス料理




Bangkok et Paris
De Paris à Bangkok
C'etait la nos plus belles annees
Qu'aucun souci ne pouvait alterer



ある秋の日、フランス料理の「ア・パリ・バンコク」に行ってきました。
場所はシーロム通りからサ-トーン通りに向かってラマ4を下ります。ソイ・サラディーン1に来たらしばらく入ります。

01_0803pari.jpg
[ア・パリ・バンコク]

「ア・パリ・バンコク」にはエスカルゴやフォアグラ、グルヌイユ(蛙の腿肉)もありますが、普通のメニューから選びます。

まず前菜は7種類あります。
【前菜】
①Croustillant au Chevre et Saumon Fumeサーモンと山羊のチーズのパストリー
②Salade d'Endives au Bleu et Noixブリューチーズと胡桃のサラダ
③Carpaccio de Boeuf牛肉のカルパッチョ、ブロッコリーのパテ
④Grenouilles en Persilladeグルヌイユ・エト・ペルシラーデ(蛙足のガーリックバター焼き)
⑤Feuillete Fromage山羊のチーズとホウレン草のパフ
⑥Petite Tartifletteサヴォア地方のチーズのタルティフレット
⑦Oeuf Bebedicteエッグベネディクト


次に魚か肉か選ぶわけですが、
【魚料理Les Poissons】
①Barracuda poêle バラクーダのたたき、山葵ソース添え
②Duo de Gambas Flambe au Cognac コニャックでフランベした車海老

【肉料理Les Viandes】
①Confit de canard, Pommer Sautees Ail et Persil 家鴨のコンフィ、ジャガイモ添え
②Boudin Blanc Maison 自家製白プッディングのソーセージ
③Daube de Boeuf Provencal プロヴァンス風ビーフシテュー
④Escalope de Volanille,Jambon Cru 鶏の胸肉とパルマハム
⑤Wagyu Bavette a l'echalotte 和牛フランクステーキ、シャルロット添え
⑥Souris D'Agneau a l'Orientale ラムのすね肉オリエント風
⑦Demi Coquelet Rôti 若鶏の半焼き

【デザート】
①チョコレートムース、アジアンフルーツ添え
②タルトタターン、バニラアイスクリーム
③Tiramisu ティラミス



この中から選択していきます。
今回は、
前菜:牛肉のカルパッチョ、ブロッコリーのパテ
メインディシュ:家鴨のコンフィ、ジャガイモ添え
デザート:チョコレートムース、アジアンフルーツ添え
コーヒー

メニューは日によって変わりますので、魚料理、肉料理も変わります。

02_3045pari.jpg
[ア・パリ・バンコク]

********************************************************
On se connait depuis l'enfance
On allait au cours de piano a cote
En face du grand marche
On jouait au square du quartier
A la marelle et au ballon prisonnier
Puis c'etait le gouter

まずは前菜の牛肉のカルパッティオから。
バンコクでこんなに溶けるような牛肉を食べたのは初めてです。
塩味がよく効いていて、赤ワインがよく合います。

03_3041pari.jpg
[牛肉のカルパッティオ]

ワインはシャトウ・モンクレールを注文しました。120バーツです。
高そうに見えるけど、この値段はバンコクいち安い価格設定です。
それでいて、このワイン。おいしい。
バンコクだと1000バーツくらいのボトルを取っても、何コレ?って味なんだよね。

04_3042pari.jpg
[シャトウ・モンクレール]

メインディッシュの家鴨のコンフィ。
やわらかく煮込んだアヒル肉です。骨付き肉ですが、身がほろほろと崩れるようです。ちょっと柔らかすぎてコクが落ちていたので胡椒をかけました。
家鴨のコンフィというのはアンリ14世のお好みの料理で、家鴨を70度以上80度以下の温度で2時間以上熱し、自身から出た油で煮込むという南西フランスのビスケー地方の調理法です。肉から脂を出させるのでしっかり脂のある肉でないと使えません。

05_3044pari.jpg
[家鴨のコンフィ]

デザートはチョコレートのムースです。どうです、この華やかさ。カクテルグラスにチョコムースとホイップクリーム。下のお皿には生姜とかタマリンドの口直しが入っていて、両者の間には銀河のようにパウダーシュガーが横たわっています。

06_3049pari.jpg
[チョコレートのムース、生姜を添えて]


07_3050pari.jpg
[生姜のフルーツマリナード]

これでワインも含めて二人で841バーツ(3000円)というのは、日本の相場から見て、かなりお安い感じにも思えますが、タイ料理がずっと安いので、高価なんでしょうね。

08_3046pari.jpg


なお、グラスワインはシャトウ・モンクレール120バーツ、コート・ドゥ・ローヌは220バーツから、ボトルワインはチリ産で800バーツからでした。

◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇◆ ◇

でも・・・・あえて言うと、前菜が美味しすぎるから、前菜だけ2品取ってワインをもっと飲みたい。メインもデザートもおしゃれだけど、いらない。そのお金でワインを飲む。

09_3051pari.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : フランス料理・フレンチレストラン   ジャンル : グルメ

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR