オペラ座へ行きませんか?




これもちょっと前の話になるが、10月にパリのオペラ座にオペラを観にいきました。チュイルリー公園のマロニエの葉が周辺だけ黄色く色づき始めた頃でした。
オペラ・バスティーユが出来てからは、オペラ座ガルニエ宮(パレ・ガルニエ)と呼ばれているあの本家のオペラ座です。

今ではパレ・ガルニエはこじんまりした作品、例えば、ル・シッド(マスネ)とかエトワール(シャブリエ)のものとかを主に行っています。

大入りになる作品、例えばトスカとか魔笛とかは、だいたいオペラ・バスティーユでやります。オペラ座の怪人の出てきたあのオペラ座でオペラを観るんだと思って今のオペラ座へ行った人はハズレです。
オペレ座の怪人の登場するのは古いオペラ座、パレ・ガルニエ(ガルニエ宮)の方です。

                phantom_opera_logo.jpg

さてそのパレ・ガルニエ宮に行ってきました。オペラの出し物はヴェルディの『マクベス』です。

ガルニエ宮のチケットは、旅行代理店のパリ支店にお願いしてフロア席をお願いしておきました。チケットが取れたという連絡が入ったので、代理店に行って支払をすませます。
よく現地のエージェントにチケット購入の前金を払いこんでトラブルがありますが、今ではオペラ座に直接チケット発券の依頼が出来ますので、あまりエージェントは使わない方が安全でしょう。
だいたい500円~20000円くらいですが、500円は天井裏のような場所なので舞台はあまりみえません。
少々頑張ってここはフロア席で観るべきです。


01_Opera_Garnier_night_front.jpg
[オペラ座ガルニエ宮]

オペラ座はドレスコードがあるようで、あまりラフな格好は好まれません。タキシードで行かなくてもいいが、ジャケットくらいは着て行った方が顰蹙をかわないと思います。女性ならドレスくらいです。

02_ALeqM5hknQxc02sxbl_uRLdKrk3GDAIZjg.jpg
[théâtre]

********************************************************
まず大理石の柱にアポロンの像の、エントランスをくぐります。
中に入ると、無数のシャンデリアに正面の大階段が浮かび上がっています。もうこれだけで、自分もオペラの主人公になったような錯覚に陥ります。

03_Paris-opera-house.jpg
[大階段]

ホールに入ると、係のお姉さんが席に案内していますが、これはチップを要求されます。まあ自分で席を探すこともできますが、ここまで盛り上がった雰囲気を壊したくないから、皆さんチップを払って案内してもらっています。


フロアの席に付いて、天井を見上げればひときわ巨大なシャンデリアがシャガールの絵をバックに燦然と輝いています。
この巨大シャンデリアがあのオペラ座の怪人で落下してきたシャンデリアだということを、その時は忘れていました。
この王宮のような大広間のシャンデリアが落下してくるなど、あまりいい趣味ではないですね。華麗ですけど。

04_Garnier ceiling
[シャガールの絵とシャンデリア]

ヴェルディは、合唱が多いのであまり華麗なオペラな方ではないです。やはり華の舞台にふさわしいのはプッチーニとかマスカーニでしょう。

オペラは幕間にバレーを挟んでいました。

オペラが終演はだいたい夜の10時半です。これからが、パリの街は活き活きとしてくる時間帯です。
ここではオペラ座の側のCafé de la Paix(カフェ・ド・ラペ)に行ったのですが、ムシューと呼んでも無視ゅーされちゃいます。
どうもココはダメですね。有名店なのに。しかたなく、そのまま出てきました。
カプチーヌ通りを進んで、反対側のアパルトマンにあるLe Grand Café Capucines(ル・グラン・カフェ・カプシーヌ)に行きました。

05_Le Grand Cafe Capucines
[Le Grand Café Capucines]

ここは生カキの盛り合わせと、カキのガーリック炒めを注文します。生カキは少し緑色をしています。マレンヌ・オレロンの淡水カキはフランス料理の中でも特別なカキです。生ガキは大ぶりでなかなかの美味でした。
カキのガーリック炒めの方はニンニク臭が強くてオリーブオイルも多いので少しもたれてしまいました。これは生カキの方に軍配が上がります。

06_2522huitres.jpg
[Les huîtres]

後で聞いたらパリの生ガキはA型肝炎になるリスクが多いので止めるようにと言う注意情報が出てましたけど、やはりパリまで来たらムール貝じゃあなくて、生ガキの方がお薦めです。
肝炎もこわいけど、こんな絶品は食べないわけにはいかないですよ。

パリのオペラ座ガルニエ宮。一度は行ってみることをオススメします。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 音楽   ジャンル : 学問・文化・芸術

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR