ひなげしのある坂道





前回7月25日の「コクリコ坂から」の続きです。



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

あなたと出会ったころ
コクリコの花が咲いていたことを
まだ憶えてますか


01_2367.jpg
[ひなげしのある坂道]



あなたが旅立ったころ
コクリコの花が咲いていたことを
まだ憶えてますか

輝く海に浮かぶ船影
青い松の木の香り
それはやっぱり悲しかったけど
わたしはもう一人でも
漕ぎ出すことができると知っていた


02_0530.jpg


坂道を駆け上がる潮風が
手紙を運んでくれる
きっと、ずっと、あなたが
あなたがどこにいても


コクリコ坂から
愛をこめて


     -愛をこめて。海/宮崎吾朗



-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴



********************************************************
少し遅くなってしまいました。
お話をつづけます。

これは「人を恋する心を初々しく描いた」お話ですという解説が良く付いています。
しかし、ここにはそのような初恋の初々しさといったコンビニエンスな物語として使い捨てにするには、いささかもったいない気がする話ではないかと思います。


それはノスタルジーのような過去を絶対正義とする観念とは違うものです。場面場面を彩るノスタルジックな情景は、さりとて昔は良かったなどと論じるための舞台装置ではありません。

この時代設定は東京オリンピックの前の年、つまり団塊の世代の高校生時代という設定です。果たして団塊の世代は何を犠牲にして繁栄を築き、何を置き去りにして現代社会の行き詰まりに陥っているのでしょう。団塊世代の原点とは何だったのでしょう。

03-ヒナゲシ
[ひなげしのある坂道]

もう少し、掘り下げてみると、忘れていた憧れ、そのひとときだけは大切にしたいという思いがあったのではないでしょうか。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : イラスト   ジャンル : 学問・文化・芸術

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR