長次郎の茶碗



今日は東京国立博物館の転合庵を見てきました。この庵は非公開ですから中を見ることはできません。茶会を行う団体に有料で貸出できるようです。茶会といっても大変なことではなく、5000円くらいの月謝を払い続けて2年くらい続けると奥伝になるでしょうから、そうすると参加できるでしょう。ただ月謝以外の道具代とか着物代とかで数十万単位でお金がかかります。

01_2215転合庵
[国立博物館転合庵]

中の写真を探してみたら、中は2畳の間と4畳半の間があるようです。
小堀遠州が寛永の頃(17世紀前半)京都伏見の六地蔵に建てた数奇屋の一部でした。その後、大原寂光院に移築され、昭和38年にここに移築されました。(東博の案内より)

02_18転合庵茶会
[転合庵茶会]

私の母親もこの茶会にのめり込んだ、松平麻佐女ばりのおひとでしたので、茶道具は骨董屋が出来るほどありますよ。着物も2~30はあったかと思います。買うのは高いが売るには二束三文。三文だってありゃしないかもしれない。
********************************************************
そこで我が家に代々伝わるお茶碗の話です。
これは長次郎の黒楽だと言ってましたが、果たして本当に長次郎かどうかは不明です。

★長次郎というのは千利休が好みの茶碗を焼かせた安土桃山時代の陶工です。ろくろを使わず手ごねでこしらえ、小さな窯で焼いたものです。代表作は『尼寺』

この黒楽というのは「長次郎写し」として、沢山あります。贋作というのではなく、長次郎好みに焼いたらこのように出来上がったということです。お茶碗の窯変は意図して出来るものでもないので、模造品ができるほどの安易さはないでしょう。

03_2257茶碗
[黒楽茶碗]

なお、比較のため正真正銘の長次郎の黒楽『尼寺』を載せておきます。これは東京国立博物館に展示してあります。出典は東京国立博物館画像検索アーカイブです。

04_13840尼寺
[黒楽茶碗 銘尼寺/東京国立博物館蔵]

次に紹介するのは、「石州焼茶碗」です。
これは萩焼のような淡い焼き色に紋様が窯変をおこし、中央に残月の紋様が表れています。銘を残月としたいところですが、薩摩黒釉の残月という有名な品がありますので、ここは無銘ということで。

05_2254茶碗
[石州焼茶碗]

「薩摩黒釉の残月」というのはこちらの写真です。やはり出典は東京国立博物館画像検索アーカイブです。

06_1138残月
[黒釉茶碗 銘残月/東京国立博物館蔵]
********************************************************
かようなものはブランド商品に似たところがあります。つまり箱書の有無です。有名ブランドのドレスでもタグを取ってしまうと判らなくなるようなものです。
例えば、エ○メスのバッグでは100万を超えるものがありますが、果たして馬印のタグや金具を外していたら、それを評価できるのかどうか。
100万の価値はタグや金具にあるわけではないのですが。

茶碗なんてものは、ガラスケースに飾るものじゃあなく使ってこそ価値が分るような気もします。
個人の趣味の問題ですから、良し悪しはともかく。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。   ジャンル : 学問・文化・芸術

No title

若い頃に少しお茶を習っていたのですが、
いろいろと物入りで、とてもついていけなくなって
辞めてしまいました。
バブルの末期だったとはいえ、普通のOLには
やはり敷居の高すぎた世界でした。

焼き物はよくわかりませんが、見るのは好きです。
石州焼って知りませんでしたが、とても素敵ですね。
こういうのは、気に入ったのを見つけるとあれもこれも
と欲しくなって、きりがなくなってしまいます。

タイではセラドンが好きなのですが、やはり偽物が
たくさん出まっているようですね。
そしてここは南部の観光地ということで、あまり扱ってる
店がないんです・・・。
いつか、本場に行って大人買いしてみたい~。

ぷんぷく さんコメントありがとうございます

セラドン好きですよ。バンコクに一か所タイセラドンの
直営店があったのですが、ここでコーヒーカップや大皿
などごっそりと大人買いしてしまいました。
それをまた日本に持ち込んでいったから、気が付いたら
周りはセラドンだらけ。

一番のお気に入りは、緑がかったセラドンではなく、
ほうじ茶色の茶と緑の混じったカップです。
これで飲むコーヒーが口当たりも温かさも最適です。
非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR