とうがらし



今日は、トウガラシを描いてみましょう。

タイはトウガラシの名産地です。すごく辛いのもあるし、やや辛いのとか、甘いのとかいろいろあります。

01-tarat-tougarashi.jpg
[いろいろなトウガラシ]

牧野日本植物図鑑によると、

”トウガラシとシマトウガラシ(ピッキーヌー)を別種と扱うのは異論あり、トウガラシの果実の形状多様にして、大小あり長短ありにて、元来トウガラシは、「うはむきたうがらし」と、その亜種の「さがりたうがらし」に分けるのがよい”

としています。

茎は無毛で多数の分岐をもち、葉は互生で柔らかく、卵状皮針形又は長楕円形で 葉の先は尖っているとあります。

02-tougarahi.jpg
[トウガラシの葉のつきかた]

********************************************************

紙は他のボタニカルアートと同様にミューズKMKケント#200のSUPER-FINEを使います。

トウガラシは実生の形が丸まった葉とよく似ていますので、点描で実の形を整えるため0.2mmのロットリングと0.05mmのライナーを併用して点の形や色を変えて描き込んでいきます。

(ライナーペンとロットリングペンでは太さの比較はできません。0.05mmのライナーは0.13mmくらいのロットリングと同じくらいの太さになります。ロットリングの方がシャープな線になります。)

トウガラシの実の特徴とすると、中に豆でも入っているかのように表面が丸くぷくぷくとしています。これは仲間のピーマンとは大きく違います。

この丸く膨らんだ部分をハイライトにして、陰影をドットで付けていきます。

これは根気のいる仕事ですから、一気に片付けようとせずに少しずつ描いたら、翌日に回した方がいいでしょう。一気にやってしまうと点に心が籠っていないので、やっつけ仕事になってしまいます。

03-tougarashiBW-01.jpg
[トウガラシ]


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR