タイはカメラが2倍以上高い



キャノンEOS-Mの値段をタイと日本とで比べてみました。
まずバンコクのCWPのビッグカメラです。(値段はバンコクならどこもだいたい同じです)

EOS-Mの22mmパンケーキキットが29,900バーツ(97,015円)
色は黒のみ。EFレンズマウントアダプターが付きます。

EOS-Mの18-55mmズームキットが28,900バーツ(93,770円)
色は黒と赤のみ。

EOS-Mの22mmパンケーキと18-55mmズームとのダブルレンズキットが33,900バーツ(109,994円)
色は黒・赤・白・銀があります。スピードライトは付きますがEFレンズマウントアダプターは付きません。
(レートはバンコク銀行の1バーツ=3.245円で計算)

01_CANONEOS_0047.jpg
[CWPのビッグカメラ]

日本のヨドバシカメラでの値段は、
EOS-Mの22mmパンケーキキットが37,305円(ポイント分を減額)
色は黒・赤・白・銀があります。EFレンズマウントアダプターは付きません。
レンズマウントアダプターを付けると45,805円になるからダブルレンズキットを購入した方が安くなります。

EOS-Mの18-55mmズームとのキットが36,939円(同上)
色は黒・赤・白・銀があります。

EOS-Mの22mmパンケーキと18-55mmズームとのダブルレンズキットが44,982円(同上)
色は黒・赤・白・銀・青があります。スピードライトとEFレンズマウントアダプターの両方が付きます。

********************************************************
日本で購入した場合は、タイ価格の約40%ですので、6割引きということになります。こりゃ飛行機代くらいは浮きますね。

EFレンズマウントアダプター(8433円)の有無やスピードライト(8118円)が気になるところですが、この2つはほとんど使いません。
EFレンズマウントアダプターというのは、一眼レフのEFレンズの焦点距離にEOS-Mのセンサーを合わせるアダプターなので、これを付けて普通のキャノンのEFレンズを付けることで露出やピントの補正を自動でしてくれるのですが、これを付けてEFレンズを付けるとレンズの方が巨大になってしまいます。
おまけに位相差AFとコントラストAFの合わせ技でフォーカスを取るので、巨大レンズでは合焦が遅くなってしまいます。EFレンズは一眼レフで使った方がいいでしょう。

02_CANONEOS_prod-photo.jpg
[EFレンズマウントアダプター]

スピードライトの方も買ったっきりで机にしまってしまいました。取り付けると邪魔になるのでEOS-Mの機動性が損なわれてしまいます。
それにスピードライトを付けなくても、手持ちで十分夜景は撮れます。夜景モードにすると、手振れをしないスピードで連続撮影を行い、それを合成して照度を稼いで手持ち夜間撮影ができます。連続撮影といっても、自動車が流れてしまわない程度には高速です。
少し明るい夜間の室内ならスピードモードに切り替えると、ASA感度の方を自動で変更して手持ちでも手振れしないように撮影できます。

03_CANONEOS_0067.jpg
[手持ち夜間撮影:横浜コスモクロック21]

04_CANONEOS_0057.jpg
[手持ち夜間撮影:横浜赤レンガ倉庫]


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR