ヴィオスは運転席が壊れるらしい?



日本に一時帰国中ですが、トヨタからお手紙が来ていました。
「ご愛用車のリコールに関するお詫びとお願い」でした。

1)内容はベルタの運転席側シートを頻繁に移動調整していると固定スプリングが折損し、座席が固定できなくなり、走行中に座席が動きだすおそれがある。

2)ワイパー排水口にゴミが詰まると、水がワイパーモーター内部に入りワイパーとブレーキランプが作動しなくなる。

3)ハンドルのカバーの固定ブラケットが強度不足のためハンドルを端まで強くガンと切ってるとカバーに亀裂が生じる。

というものです。細かい車台番号も書いてありましたが、車台番号が該当していても部品の製造番号が該当するかどうかは別なので、無料点検するということです。

対象車は2005年から2010年までのヴィッツ、ラクティス、ベルタ、イストになります。

01_crsm0000000001.jpg
[ベルタ 出典:トヨタ]

日本では、ディーラーに持って行くとその場ですべてのパーツを新品に無料で交換してくれます。

この世代のプラットフォームはタイプBと呼ばれる全世界共通モデルです。タイでは、ちょうど第2代目ヴィオス(ヤリス、エティオス、アクシオ)も同じプラットフォームを使います。
タイ仕様はエンジンが1NZ-FE1500ccなので日本の2NZ-FE1300ccとは仕様が異なりますが、内装や外装は日本のものと全く一緒です。

02_Toyota_Vios.jpg
[ヴィオス 出典:タイトヨタ]

**********************************************************************
この車種は非常に燃費が良く、内装も同クラスよりは立派ですので、非常に好まれているクルマです。
今回のリコールは、欠陥というよりは非常に無茶な使い方をした場合、壊れるかもしれないというレベルなので丁寧な使い方をしていれば破損は起こらないそうです。

昔、三菱のミラージュに乗った時は、丁寧な使い方をしていても窓ガラスが上がらなくなったり、ホイールナットが吹っ飛んでタイヤが危うく外れそうになったことがありましたが、それでもリコールにはならなかったです。部品も50円くらいだったから文句も無いですが。

その点、トヨタは些細なことでもすぐリコールで無償交換してくれます。

この機種はタイでも非常に多く見かけますが、リコール対象になっているのでしょうか。ニュースでは聴かないですが・・・

もし、お持ちの方がいらっしゃったら、ディーラーに確認を取られた方が宜しいかと思います。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR