上野の山は桜満開


春は弥生のころ。お花見にでも見に行きましょうか。
この時期、上野公園は酒臭くて大変です。
鴬谷から上野公園を避けて、上野桜木に出ます。
名前からして、いかにも桜の名所ですね。

01_0035cherry.jpg
[東京国立博物館庭園の正福寺桜]

02_0034cherry.jpg
[東京藝大旧館の桜]

寛永寺の開山堂の境内に出ると、別の種類の桜をいろいろ見ることができます。

03_輪王殿
[開山堂の桜]

開山堂は両大師とよばれ、山門から右手が地蔵堂。その後ろが国の重要文化財黒門(旧本坊表門)です。

04_寛永寺1838cherry
[地蔵堂の桜]

上野の山を後にして、そのまま東に歩くと西浅草に出てきます。浅草寺脇をぬけると、言問橋に出てきます。
言問橋から桜橋の間は、落ち着いた隅田公園になります。墨堤の桜は享保年間に、暴れん坊将軍こと八代将軍吉宗が始まりと言われています。

05_18334cherry.jpg
[隅田川沿いの桜]

向島の飲み屋で時間をつぶし、陽が落ちるのを待ちましょう。高島田に白ぬりのオネエサンは向島の芸者衆です。この日は桜橋で向嶋墨堤組合主催の芸妓茶屋が開かれていました。
向嶋墨堤組合といいますのは、料亭寄合と置屋所が合わさった見番(けんばん)で約120人の芸妓さんをかかえて邦楽、三味線、笛、太鼓、鼓、唄、舞踊、作法、の指導をしているところです。

06_1857cherry.jpg
[向嶋墨堤組合の芸妓茶屋]

ここらあたりは昔は小梅町といって池波正太郎の時代劇にもよく登場します。
小梅町から北に行ったところが、鐘ヶ淵といって剣客商売で秋山小兵衛が隠居していた庵があります。

07_20200002_1.jpg
[剣客商売/池波正太郎]

さてとっぷりと陽も落ちたことです。春とはいえ日が暮れると夕闇に交じって寒気もぶり返してきます。川面に映える夜桜は凛とした感じさえも漂わせています。

08_1883cherry.jpg
[隅田公園の夜桜]

やはり桜色の夜桜もほろ酔い気分でちょいと乙なものです。

09_1886cherry.jpg
[隅田公園の夜桜]

隅田川を望むと、遠くにアサヒビール吾妻橋ホール、別名ウ○コビルが見えます。

10_1884cherry.jpg
[隅田川から]


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

お久しぶりです

やっぱり桜は風格が違いますね。
マスクしてでも桜見に行く人の気持ち判りますよ(笑)

最後に桜見たのって6年くらい前だった気がします。
いつか宇野千代先生が書かれていた岐阜県の薄墨桜を見に行きたいです。

Re: お久しぶりです

海外暮らし さん。コメントありがとうございます。
日本は暖かくなったかと思うと、冷え込んだりの繰り返しです。

> やっぱり桜は風格が違いますね。
さくらを見ながら長命寺のさくらもちを食べるのもいいですよ。長命寺の桜餅は、かわ(皮、墨田川)をむいて(剥いて、向いて)食べるのが作法とか。

> いつか宇野千代先生が書かれていた岐阜県の薄墨桜を見に行きたいです。
薄墨桜は見事でしょうね。坂口安吾の「桜の森の満開の下」のイメージにぴったりでしょうか。
非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR