これでも商売になるんかい?

(2014/1/27)

今日の作品はいちおうプロの現場でのお話

日本のアニメ作品は非常に優秀です。毎日、毎時間どこかの局でオンエアしています。
が、そのせいか粗製乱造の感じも否めない。
特に深夜帯のアニメや5分つなぎのアニメなどの埋め草では
ディレクターさん。これでいいの?という出来栄えも多いです。
これは、最初のデザインを日本で作り、中国や韓国に送り、途中の制作をさせているからです。

まあ、製作費用が無いせいですが・・・

まだ差分ファイルを作らせているとか、背景ファイルを作らせているとかだと、まだマシなほうですが。
作画をほとんど丸投げして作画監督もチェックしないとどういくことになるか。
これは素人作品ではありません。

まずは、キャベツを千切りにしているところ。
これは、どうみてもボールか、風船を切ってるようにしか見えないものだが、この程度の仕上げでもOKを出したので、後で非難ごうごうになった作画です。

01-imgキャベツ
[千切りキャベツを切っているところ]

サザエさんは時々パースがおかしくなるが、これはデフォルメというにはひどすぎる作画です。
先にサザエさんとタラちゃんの頭部を配置して、手足を画面に収まるようにしてしまったのでしょう。

02-imgsazaesan.jpeg
[宇宙人体型のタラちゃん]

これは、第121話で啓吾が一角をアパートに連れてきた時のシーンですが、指が6本になってます。このあと、一角も指が6本で登場します。
アニメでは動きが速い場合、5本指ではブレてしまうので4本指にすることはありますが、静止画で6本指はありえないです。

このシーンでは一角をさして、"His head isn't shaved! He's bald!"と言ってます。
日本語訳だと「あいつはボーズじゃねぇ!ハゲだ!」ということでしょう。

03-imgbleach.png
[BREACH第121話、啓吾の指が6本]

********************************************************
これをパロディ化しているのが、「増田こうすけ劇場」です。
「ララ美リアリティ」は、コンタクトと指のサイズと目の大きさの比率でおかしくなると笑いが取れるという実例です。

04-imgmasudakousuke01.png

05-imgmasudakousuke02.png
[ララ美リアリティ]

さて、アカギのエンドロールを見てみますと、作画はほとんど韓国だという事がわかります。ちょっと韓国顔なのはそのせいでしょう。
アカギでは時々、麻雀の手牌のミスも指摘されていますが、これは麻雀をあまりやらない国で作画しているからしかたないことです。
ここで、線路の上を歩くアカギの姿勢を見ると、すこし歩行障害があるような不自然な動きをしていることがわかります。


[アカギのエンドロール]

ブラックジャックのエンドロールを見ると、作画はほとんど中国だという事がわかります。
ただ、アカギほど丸投げはしていないので、日中合作(というか手塚プロの中国支社)でかろうじて品質を守っている状態です。


[ブラックジャック21エンドロール]


JIMMY

けっこうアニメっていいかげんだな~と思ったら
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR