ミカンとパパイヤでダイエット

(2014/1/25)

ミカンとパパイヤといえば、黄色が特徴的です。黄色い植物色素をキサントフィルといいます。

もみじの紅い色はアントシアンという色素ですが、黄色い色はキサントフィルです。

実はこのキサントフィルは年中葉の中にあったのですが、緑色のクロロフィルが目立っていたのでじっと隠れて暮らしていたわけです。それで秋になって寒さでクロロフィルが壊れると、やっと出てきたわけです。

このキサントフィルの一種にβ-クリプトキサンチン(β-CRX)というのがあります。

01-Cryptoxanthin.png
[β-CRX]

このβ-CRXですが、生活習慣病ー特にガン、糖尿病、リウマチに効果があると言われています。

同じように生活習慣病に効能のあるカロテン(人参に入っている)やリコピン(トマトに入っている)と比べて、吸収比率が10倍ほど高くなっています。

つまり1個のミカンを食べると、10個のトマトと同じ効果が期待できるという事になります。

さて、ここまではTVの健康番組みたいな記事ですが、本題はこれから。

*******************************************************
β-CRXの仕組みを調べるために肥満体型のネズミを用意します。

かれにβ-CRXを食べさせて、体重及び腹部における脂肪組織重量と血清脂質濃度を調べてみると、抑制するという結果がでました。

これはβ-CRXが腹部の脂肪細胞の肥大を抑制することによって肥満を防止するのを助けることができることを示唆しています。

つまり直接的にダイエットできるということです。

さらに太っちょネズミ君にβ-CRXとアルコールとタバコの煙を吸わせてみました。

すると・・・

タバコを吸わない場合:
軽度の飲酒量ではβ-CRXの血中濃度はほとんど変わりませんが、
アルコール常用者では、β-CRXの血中濃度が低いことが解りました。

タバコを吸う場合:
飲酒しない場合はβ-CRXはへっていません。
少量飲酒でもβ-CRXの血中濃度は低くなり、
飲酒量が多い人では著しく低いことが解りました。

喫煙も飲酒もしない人に比べて、喫煙と飲酒をする人は、β-CRXの血中濃度は約53%低い計算になりました。

つまり喫煙と飲酒を両方するのはダイエットにならないということです。
(引用はMechanism of visceral fat reduction in Tsumura Suzuki/J Agric Food Chem. 2011 Dec)

*******************************************************
日本の妊婦さん母乳中のβ-CRXが圧倒的に高濃度であると言われています。

日本人は生まれた時から、母のチカラで生活習慣病にならないように守られてきたわけです。

なんか、ファランが肥満体が多いのに、日本人には肥満が少ない、または太っててもロシア人の肥満とは比べようもないことの原因のひとつなのではないでしょうか。

ではどうやってβ-CRXを摂取すればよいか・・・

β-CRXは、オレンジの皮、パパイヤ、卵黄、バター、リンゴ、ウシの血清に含まれています。

このうち一番食べやすいのはミカンですね。温州ミカンをコタツに入ってもしゃもしゃ食べるのが一番いいようです。

02-Citrus_unshiu-温州蜜柑-3
[温州ミカン]

パパイヤといえば、コレ。タイ人がスマートなのはこれを毎日食べてるから?

03-20157270.jpg
[ソムタム]

卵黄、バターだと逆に太りそうです。

タイだと暑いからコタツみかんとはいかないですから、マーマレードとかミカンの皮で作ったコンフィなどいかがですか~

04_0312jam.jpg
[コンフィ・ドゥ・オランジュ]

過去記事[コンフィ・ドゥ・オランジュは、琥珀色の・・・]
にミカンのコンフィのつくりかたを載せてありますから、ご参考までに

(引用文献/Mechanism of visceral fat reduction in Tsumura Suzuki/J Agric Food Chem. 2011 Dec)

The carotenoid β-cryptoxanthin (β-CRX) is abundant in Satsuma mandarins (Citrus unshiu Marc). Several studies have shown a relationship between Satsuma mandarin consumption and a low risk of several diseases, for example, diabetes, gout, and hypertension, suggesting β-CRX involvement in disease prevention. We investigated the effect of β-CRX on mildly obese males. β-CRX administration reduced visceral adipose tissue, body weight, and abdominal circumference. However, the detailed mechanism by which β-CRX mediates these changes remains unknown. To identify this mechanism, we used an obese model mouse (TSOD). Oral β-CRX administration repressed body weight, abdominal adipose tissue weight, and serum lipid concentrations in TSOD; these results are identical to previous human trial results. β-CRX administration significantly repressed adipocyte hypertrophy. Gene expression analysis strongly indicated that β-CRX can alter cytokine secretion and cell proliferation. These results suggest that β-CRX derived from Satsuma mandarins can help prevent obesity by repressing hypertrophy of abdominal adipocytes.


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR