ムアンボランへ行ってきました

(2013/12/12)

ムアンボランというのは、バンコクから東に30キロほど行ったところ、サムットプラカーンにあるアミューズメントです。

まあ簡単に言うと京都太秦の映画村みたいな所です。

それでも映画村より優れているのは、同じ建物で長屋と商家を兼ねるのではなくて、いちおう別々に作ってあることです。

バンコクからだと511番のバスでパクナームまで行って、36番のソンテオに乗ります。

どこで降りるかわからないからソンテオの中でタイ人に聞いたら、ここだここだと教えてくれました。

入場料を払うと、レンタル自転車代が込み込みでした。

自転車は、ほとんどが日本製のママチャリ。○○小学校××とか、△△商店とか名前が書いてあるのもありましたから、多分駐輪違反自転車を回収して引き取り手が無かったらここに持ってくるのかもしれないです。
日本で無くなったと思ってるママチャリが、もしかするとここにおいてあるかもしれないです。

さて、地図をもらって入ってみます。地図が英語版と中国語版しか無かったので両方を見比べながら見学します。
歴史的な建物はコピーだけど1/2くらいのサイズなので、おもちゃよりは大きいが実物よりは小さい感じ。
サラーなど実物大のものもあります。

********************************************************
まず入ってすぐに目につくのは、クメール遺跡のトウモロコシのような祠堂です。
この遺跡はラチャブリのワット・マハタートの復元レプリカです。

ワット・マハタートは、最初はドヴァラヴァティ期(10世紀)に作られ、12世紀スーリヤヴァルマン2世の時代にはクメール帝国に占領されていますので、その頃この祠堂が建立されました。
やがてこの祠堂はアユタヤ期には改修されています。

01-プラ・マハタート-ラチャブリ
[プラ・マハタート,ラチャブリ]

********************************************************
バンコク郊外のナコンパトムにあるドヴァラヴァティ期の仏陀です。

ドヴァラヴァティ王朝というのは古代モン族がチャオプラヤーデルタに作った王国です。
ところで、この仏陀坐像はナコンパトムには現存していません。
現在のナコンパトムにあるプタモントンの仏陀は立像です。

02-ドヴァラヴァティ期仏陀仏像-ナコンパトム
[ドヴァラヴァティ期仏陀像]

********************************************************
タイ東北部イサーン地方は、クメール帝国の支配が長く続いた土地でありナコンラチャシマ(コラート)郊外のピマーイは、12世紀にクメール帝国のスーリヤヴァルマン2世によって建造された寺院です。アンコールワットと同規模の大寺院だったと言われています。

これはレプリカよりも本物のピマーイ寺院を見に行った方がよいと思います。

03-ピマイ
[ピマーイ遺跡]

04-ピマイ
[ピマーイ遺跡]

05-ピマイ
[ピマーイ遺跡]

********************************************************
このままだと観光ガイドになりますので、ワットプラケオをスケッチしてみます。
全部スケッチにするといいのですが、体力が持たないのでご容赦ください。

紙はキャンソン・モンバルの300gを使います。300gというのは厚さのことで1m2で300gの紙という意味です。
特厚紙になります。紙は中手のザラついた紙です。

今回は、コンテ・ア・パリを使います。
コンテはパステルよりも硬質ですが、鉛筆よりは柔らかい素材です。
ちょっとお値段が高くて18本入りで6000円です。

06_1326.jpg
[コンテ・ア・パリのスケッチングボックス]

絵ができましたら、フィキサチーフを吹き付けて定着します。スプレーのりのようなものです。

07_1323.jpg
[フィキサチーフ]

コンテは固着力が低く、紙に描いても定着しません。

そこで擦り込みという方法を使ってベタに塗ることができます。

つまり描いた後に指やティッシュでこするとぼかしを入れることができます。

また、別の色を擦り込んで画用紙の上で混色ができます。

そのぶん気をつけないと、紙を汚してしまいます。

08-ワットプラケオ-コンテ
[ワットプラケオ]


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

No title

凄いですね。
私は、子供の頃に図画工作は2でしたので、絵が上手い人は尊敬します。
是非とも、相互リンクお願い致します。

No title

こちらこそ、よろしくお願いします。

No title

おはようございます。

私もムアンボーラン行ったことあります。
1日がかりの大きな敷地ですよね。
のんびりしてイイ感じでした。

18本入りで6000円。
ホント、お高めですね。
美大生はお金が掛かるんだと分かりました。

漫画家目指す息子たちのためにも母は頑張ります。

No title

>海外暮らし さんコメントありがとうございます。

おはようございます。
漫画家の西原理恵子のコメントの中だったか、画材屋さんに行って高いのと安いのとあったら迷わず高い方を買っておけば失敗がないというような事が書いてありましたよ。
昔むかし、頑張って描いても気に入らなくて、大人になって高い画材が買えるようになったら、なんだ簡単に描けるじゃない。オトナはずるい~と思ってしまいました。
非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR