ソニーXperiaCを買ってみました

(2013/12/10)

ソニーのスマホXperiaCを購入にいきました。
場所はサイアムパラゴンです。MBKでも扱っていますが、中古品または箱だし品を押しつけられる可能性が高いから、ちゃんとした場所で買いたいと思います。

01-SONY_1317.jpg
[XperiaC]

まず向かったのはパラゴンデパート4階のパワーモール。品ぞろえが良さそうな気がしましたが、置いてある品はほとんどギャラクシーばかりです。

Xperiaはほとんど、モックしか無いし「見せて」と言っても、売る気がなさそうです。店員さんはみんなでサムスンのTシャツでお揃いです。
サムスンから出向した販促かなっとも思ったのですが、多分売上バックマージンがからんでいるのでしょう。

パラゴンモールの方(デパートの外周の店舗)にDTACがあるので入ってみます。
ここでは、Xperiaは置いてあるのですがやはりサムスンの方が多いので選択肢が少なそうです。

02-SONY_5857.jpg
[DTACショップ]

もうすこしパラゴンモールを歩くと2階にソニーのショップがありました。
最新型のXperiaZだけでなく、XperiaJやXperiaMも置いてあります。XperiaCは無かったので店員さんに聞いたら自分の使っていたXperiaCを見せてくれました。

03-SONY_5859.jpg
[SONYショップ]

本体の開け方は、ツメやボタンがあるわけではないので、まごつきましたが下図の部分を押して開けます。つまり外カバーがかかっているだけなので外側に押し出せばすぐ開きます。

04-SONY_1320.jpg
[本体の開け方]

XperiaCはデュアルSimだとは聞いていたのですが、カタログやスペック表にはどこにもデュアルSimだと書いてなかったからです。

開けて見せてくれたら、デュアルマイクロSimでした。

05-SONY_1319.jpg
[XperiaCの内部]

メモリーはマイクロSDが32GBまで入るようです。

日本語メニュー表示も可能でしたが、一番気になったのはファイルコマンダーを使って見た時のファイル名の日本文字表示とWALKMANアプリでの音楽ファイルタグの日本語表記(楽曲名を日本語できちんと表示できるか)ですが、これも大丈夫でした。

06-SONY_1312.jpg
[音楽ファイルタグの日本語表記]

中国製スマホなどでも日本語メニューまでは出ますが、音楽ファイルタグなどは文字化けするものが多いです。

ついでにファイルマネージャーを使って見たら、ディレクトリまでちゃんと見えるので、細かいファイル操作ができそうです。

07-SONY_1313.jpg
[ファイルマネージャー]

WiFiはAOSSアプリから、直接パスワードも認識してくれます。
つまり、AOSSボタンのある無線ルーター(Buffaloなど)を使えば、ルーター側のボタンを押すだけでSSIDやパスワードを相互認識してくれるものです。

08-SONY_1315.jpg
[AOSSアプリ]

WiFiを繋いでくれて、動作の確認もさせてくれました。色は紫・黒・白から選べます。
ちょっとサイズが大きめですが、153gなのでi-Phoneよりは重いです。ぎりぎり胸ポケットに入るサイズです。
ただ、サイズが大きいので、ポケットが大きいシャツでは、ポケットが開きぎみになりそうです。

これで8990バーツですが、VATの書類をいろいろ教えてくれて、空港で400バーツが戻ります。
そこで実質は8590バーツ(27400円)になりました。

後日台湾に旅行したときにお金は戻りました。
空港でイミグレで出国手続きする前にVATリファンド窓口(出国ロビーWカウンター側の銀行の横)に書類を出して印鑑を貰い、イミグレを通過した後に、免税店の端っこにあるVATリファンドマネーセンターに出してお金を受け取ります。2度手続きが必要です。

ただ領収書などもすべて提出なので、修理に出すためには、あらかじめコピーを取っておいた方がいいでしょう。

09-sony xperia C 領収書
[VATリファンド書類]

デュアルSimで何ができるかというと、タイでDocomoのSimを挿して日本からの電話をローミングで受けながら、タイのSimも使えるようにしたいと思うのですが、はたして信号があうのかどうかは、今度帰国したときにDocomoでSimサイズを変更してから試すしかありません。

今現在はXpediaNVで出来ていますから、多分大丈夫でしょう。

うまくいけば、日本でdocomoSimとb-mobileの2本差しが出来ると思うのですが。
デュアルSimでもひとつはW-CDMAでもうひとつはGSMでしたので、Docomoは認識しましたが、もうひとつのSIMスロットルはタイでしか使えないですね。Docomoとb-mobileの共用はできませんでした。

それから、バッテリーの持ちが非常に長いのと発熱が少ないことが特徴ですね。ソニーは音がいいから、電話をするときにとても聞きやすいです(ココ重要!!)

スマホになってから、写真がきれいとか、WiFiが速いとかばっかりで一番大事な電話機能のことを忘れているメーカーばっかりです。

ただ、マイナーだからカバーケースは無いようです。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!
            にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR