FC2ブログ

フレンチの店「Blend Bistro & Wine Bar」




アソークのサマセットメゾンSomerset Maison Asokeに立ち寄った時に、中にあるフレンチの店に興味があった。「Blend Bistro & Wine Bar」というらしい。

Somerset Maisonは、新しいサービスアパートメントなので、グーグルマップではまだ工事現場しか載っていないのですが。

01_134858Blend.jpg


実際にはもう完成していますので、新しさ満載。でもこの外の羽は何の意味なんだろう。すぐに汚れそうな予感がするのですが。

02_123922Blend.jpg


「Blend Bistro & Wine Bar」はサマセットメゾンの1階にあります。ビストロ・ワインバーだから夜だけの店かと思ったら、ブレックファーストからあるらしい。

03_123902Blend.jpg





********************************************************
ランチは11:30-15:00で350THBのようです。ワインは付くのかどうか不明。

04_123912Blend.jpg


これはステーキメニュー。250gのアンガス牛のリブアイステーキが825THB、300gテンダーロイン牛が1320THB

05_124902Blend.jpg


ピザのメニュー。マルガリータ320THBからなので、お値段は標準的。

06_124908Blend.jpg


ハンバーガーもあります。オーストラリア産のWagyu200gを使ったハンバーガー550THBだって。おそらく美味しいんだろうが、これはビミョー。Wagyuというものは和牛のことだと知っているのは日本人だけではあるまいか。

07_124857Blend.jpg


サラダのメニュー。シーザーサラダ340THBも美味しそう。パルメザンチーズがスライスでたくさん乗っているみたいだ。

しかしここは「warm goats cheese salad」にも心が惹かれる。

08_124914Blend.jpg


結局ランチセットではなく、アラカルトから「warm goats cheese salad」を注文します。395THB

09_125921Blend.jpg


一見普通のサラダなんだけど、中に秘密が隠れています。山羊のチーズをベーコン巻きにしてオーブンで焼いたもの。外がカリカリ、中がとろっとろ。これが実に美味しい。ふぐの白子を食べているようです。

10_130208Blend.jpg


メインディシュは「seared duck breast 250g」530THB
250gの家鴨の胸肉のステーキ、マッシュルームソース添えです。

熱した石の上にお肉が乗っています。右に添えてあるものが面白かった。ニンニク1個をまるごとオーブンで焼いたものです。

11_131413Blend.jpg


このように少しずつ下から切って食べますが、あとで大変なことになりそうな予感がする~。と思ってたんだけど、意外とそうでもなかった。あのキムチみたいなニンニク臭のするやつとは種類が違うのかな。

12_131513Blend.jpg


でも家鴨250gは多すぎた。途中で厭きてしまった。西洋人と同じように食べようとするのは無理がある。日本人的には腹は五分にして満たさぬほうが美味しく頂けるというもの。

サラダだけにしておいたほうが良かったかな。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

バンコクバスは交通系カードを諦めたみたい?




「交通系カード」つまりSUICAなどの電子チケットのことです。

タイでの交通系カードの扱いは、まだ各社別々ですのでそれぞれの交通手段ごとに買いそろえる必要があります。

BTSなら交通カードはラビットカードです。
MRTではコイン状のトークンがワンタイムカードつまり切符相当で、交通カードはMカードとなっています。

01_141153buseticket.jpg

********************************************************
ではバスはどうかというと、2017年12月4日では「eTicket」制度が導入予定か?という記事になっています。←記事が別窓で開きます。

「eTicket」導入に合わせて、タッチセンサーや車内の切符自販機も設置されていました。

02_20171204buseticket.jpg


しかし1年半後には、タッチセンサーや切符自販機は撤去され、「eTicket」導入のお知らせも無くなっています。

03_135423buseticket.jpg

車内の自動支払機の方はというと、半分くらいは撤去されているものの、そのまま放置されているものもある。
この支払機が作動したのを見たことは一度もない。

04_153040buseticket.jpg

まるでこのことに触れてはならない黒歴史だったような。
知ってはいるけど、誰も口に出してはいけないような。

きっと誰かの思い付きで始めて、予算をかけて設置したものの、モニターテストをしてみたらあまりに不便なので止めたんでしょうね。


ダ・カ・ラ。前からも後ろからもルール無しに乗り込んで、どちらからでも降りるタイランドでは、この方式は無理。

前乗り、後方下車というルールをまずしっかり教育し、センサーにタッチしないなどの不正乗車をしっかり取締り、乗車カードが近くのセブンでも買えるようにインフラを整備して初めてこのシステムが動けるというものでしょう。
それでもまだ、私立バスと公立バスも同システムにする必要がありますが。

そもそもこんなオンボロバスにシステム導入するだけの価値があるのかしらん。


車内のモニターTVでは、ことの経過に全く触れず、代わりに「車内監視カメラを設置しました~」とか「次の停車場所を表示できるようになりました~」とか、新しいオモチャに夢中です。


「次の停車場所」は、いつも全く関係ない場所を表示してますから、そのうち飽きてやめるでしょう。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

オーガニック志向のレストラン「Water Cress」




Rama4のK-Villageに立ち寄ってみます。Big-Cの裏手になります。このK-ヴィレッジというのは、以前はほぼ日本村だったのですが、最近では日本カラーは薄れ気味。

01_131014watercress.jpg


ヴィラマーケットの隣に、オーガニック野菜を使いましたと書いてあるレストラン「Water Cress」がありました。

02_125236watercress.jpg


本日のプロモーションをみると、「プーニム・パッポンカリー(脱皮したての蟹を使ったパッポンカリー)」とかカノムジーンとかあるようです。

03_125402watercress.jpg


お店の雰囲気は、小洒落たカフェって感じです。

04_140939watercress.jpg


お店の謳い文句のオーガニックって何でしょう。看板を見ると卵・野菜・コメ・コメ油・水がオーガニックであるという事です。

05_140920watercress.jpg


********************************************************
さっそくメニューを拝見。日本語も書いてあるメニューなんですが、「パッタイ」って「焼きうどん」という訳だったんですか~

日本語メニューに振り回されるとこんがらがるので、英語メニューの方を見ていきましょう。

まずは野菜から。「Royal Project vegetable」にします。170THB
「国王の野菜とゴマオイル炒め」って何?機械翻訳にしたってもう少しマシにならないのかな?

06_140812watercress.jpg


メインディシュは「Brown rice noodle」を使ったパッタイ。230THB
食べにくい玄米も粉に挽いて麺にすることで食べやすくする工夫があります。確かにパッタイだと味が濃いからあいそうです。

07_140754watercress.jpg


まずは「国王の野菜とゴマオイル炒め」(笑)
ブロッコリー、ズッキーニ、ナス、人参にゴマを振りかけてアバロンソースで味付けしてあります。

名前だけ見ると野菜をゴマ油で炒めた中華料理みたいですが、確かにこれなら上品なタイ料理です。生野菜と違って温野菜なので、野菜の旨味で美味しくいただけます。ただアバロンソースはそれだけで完成した味付けになるので、もう少し控えめにしたほうが野菜の旨味をもっと引き出せるんじゃないかな。

08_141331watercress.jpg


次に「Pad-Thai Brown rice noodles with soft-shell crab」
川海老がいいか、ソフトシェルクラブがいいか最後まで悩んでしまった。お値段一緒なので決めかねる。230THB

確かに味が濃かったから、ご飯が必要ということで追加。ご飯45THB

パッタイとは。。。って講釈はさておき、コメの麺なのにご飯がよく合う。お好み焼きのもう少し濃い目のやつだと思うとご理解いただけるかな。

市場でよく買って帰るパッタイというのは、コメの麺をナンプラーとシーユーダムで味付けして、ピーナツの粉をかけたものだけど。
これはもう少し違う。むしろ日本の醤油に近い味がする。日本醤油をたらして香ばしく焼き上げたようです。あえていうとパッタイを焼きうどん風に炒めた感じ。タイ料理なのに和風テイストがある。

「おいしいね~コレ。」

09_141719watercress.jpg

これならタイ料理苦手の人でも苦労せずに食べれるかな。これがタイ料理だと思われても困るけど(笑)



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

バンコクのお酢を買い込みます。




まだお土産の調達には少し早いのですが、特売の時期を見計らって「お酢」を集めましょう。

わざわざタイから酢なんか買って帰るの?と思われそうですが、実は酢が日本に無い。

正しい表現をすると、ミツカン酢ばかりが蔓延っているので、お酢らしいものが無い。まあどういうものを酢と定義するかによりますが。少なくとも日本で売っている酢はスッパい。スッパいので料理に使えない。サラダに酢だけをかけて食べるって日本の酢じゃあ無理です。
酢飯を作るのも日本の酢だと酢酸臭が強いので、シャリが酸っぱくなってしまう。ネタと合わない。

逆に言うと、キュウリやワカメに入れるなら日本の酢の方がいいです。

そこでリンゴ酢、ワイン酢、ブドウ酢などいくつか揃えます。

********************************************************
まずはリンゴ酢。これはキューピーのリンゴ酢です。75THB

日本でもキューピーのリンゴ酢は売っているのですが、全く似ても似つかない別物だった。

01_222030Vinegers.jpg


次はウエイトローズ(Waitrose)の白ワインビネガー。139THB
ワインビネガーとは書いてあるのだが、次のベルトリのワインビネガーと比べると少し違うタイプです。

「Waitrose」はTOPSに、「Marks & Spencer」はセントラルワールドに行けば調達できます。英国までいかなくても大丈夫です。

02_222002Vinegers.jpg


ベルトリの白ワインビネガー。165THB
赤ワインビネガーよりも白ワインビネガーの方が使いやすそうです。

ポテトサラダを作るときに、マッシュポテトに塩コショウを加え、白ワインビネガーとオリーブオイルを入れて作ると、マヨネーズで作るよりヘルシーで上品な味のポテトサラダになります。

03_222116Vinegers.jpg


なお、マスタードも忘れずに。マイユよりはこのウエイトローズの方が美味しいです。105THB

04_172916Vinegers.jpg


この他にも醤油とかも買って帰りたいのだけど、問題はビンなので割れやすいこと。衣服で包んでーーという意見もありますが、高い衣服を酢や醤油で棄損するというのもいかがなものか。


まずは梱包材で包み、タッパーに入れて、万一壊れても汚染はタッパー内だけに留めておきたい。

05_231718Vinegers.jpg


黒酢が無いですね。帰国までに調達できるかな。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ステーキみたいな?カレー




インド料理というと、いつもトンローの「Masala Art」やエカマイの「Spicy by Nature」くらいにしか行かないんだけど、たまには別の店のインド料理も試してみたい。そんな気になりました。

グーグルで探した「Royal Punjab Indian」
ここが評判が良さそうです。おまけにBTSナショナルスタジアムの駅前です。


さっそく出かけてみました。
BTSナショナルスタジアムで降りると、「Royal Punjab Indian」の看板が目に止まりました。

01_140311RoyalPunjab.jpg


ただ入口はどこ?
あった、あった。テーラーの勝手口かと思ったら、お店の入口でした。間口は75cmくらい。半間もないですね。

02_140258RoyalPunjab.jpg


こんな急な階段で二階へ上がります。
インド料理屋さんは、こんなのが多いけど。慣れないとかなりディープな感じなので、初見なら逃げだしそうですね。

03_143655RoyalPunjab.jpg


二階はわりと広いですが、ビニールを張ったテーブルがチープ感を盛り上げてくれます。

04_141151RoyalPunjab.jpg



********************************************************

まずはお通しの「パパド」
日本ではパパドは別料金になりますが、バンコクでは無料で付いてきます。パパドは「Masala Art」のほうが、とんがりコーンみたいなので面白かった。

05_141638RoyalPunjab.jpg


パパドをチャツネで食べます。手前のマンゴーチャツネが一番おいしかった。

06_141634RoyalPunjab.jpg


「プリー」は風船みたいに膨らんだ揚げパンです。70THB
ちょっと油っぽいので、手がベタベタになります。これはプリーよりバスマティライスの方が良かったかもしれない。

07_142020RoyalPunjab.jpg


さて、メインの「Mutton masala」330THB
マトンマサラはインド料理店でよく注文していますが、「お肉がたっぷり」というのは経験がありますが、このお店は、「ほとんどお肉だけ」だった。つまりステーキ肉にカレーソースを付けた状態です。

カレーのルウにお肉や野菜を入れたスープではなく、お肉を焼いてカレーをソースに加えたソテーということです。

そこで見かけでは分からないものの、ステーキをガッツリ食べたような満腹感があります。

他のインド料理屋とはだいぶ違う。インド料理屋とはマサラ粉の調整の仕方で美味い不味いが分かれるのだけど、マサラの調合も良かったが、お肉をメインにして美味しく引き立てるマサラの調合があるというのも初体験。

これはバルディ料理に近いのかな。

08_142025RoyalPunjab.jpg


次はパニールのようなベジタブル系も試してみよう。

09_143715RoyalPunjab.jpg


10_140716RoyalPunjab.jpg


11_140930RoyalPunjab.jpg


12_140937RoyalPunjab.jpg


それでお会計の方は、eatigo50%割りを使ったので、262THBでした。リピートしそう。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

「Jamies Italian」でパスタ




サイアムディスカバリーがリニューアルしたので、行ってみたいと思いながらもなかなか行く機会がなかった。

今日はMBKに行ったので、久しぶりにサイアムディスカバリーに立ち寄ってみます。



立ち寄ってみたものの、どうも使いにくい。上に上がるエスカレーターと下るエスカレーターの配置がデタラメである。上の階に上がったらデパートの中を反対側まで回らないと下れない。動線が悪い。

以前はもう少しエスカレーターが多かったし、上りと下りはペアになっていた。
とにかく客を素通りさせまいとして、全ての店を回らないと別の階に行けなくしてある。これだと却って使い辛いから客足が遠のくと思うのだが。
万一出火したらどうするんだろう。


このデパートは一階が一番使いやすい。サイアムセンターやサイアムパラゴンへもアクセスが良い。一階以外はダメだな。。。。

一階に「Jamie's Italian」があったので入ってみます。

01_151114JamyItalian.jpg


表の立て看板にお薦めメニューとしてリゾットやボロネーズが載っていた。

02_151124JamyItalian.jpg


********************************************************
お店の内装は倉庫のようなスタイル。テーブルもトタン板を打ち付けたスタイルになっています。なんだかイケアみたいだな。
客の入りも上々。こういうインスタ映えのするお店はタイ人客で賑わうようだ。

03_154245JamyItalian.jpg


パンが無いと思ってパンを注文したら、パンがやってきた。話がややこしいが、これはお通しのパン。注文したのは別のパン。パンがかぶってしまった。

04_154111JamyItalian.jpg


こちらが注文したガーリックトースト。185バーツ
パンだけ比べると、お通しのパンより美味しかったからマアいいか。


ガーリックトーストはローズマリーがたっぷりかかっています。ローズマリーって魚料理の臭み止めくらいしか使い用途が分からなかったけど、こういう使い方もよいかな。

05_154648JamyItalian.jpg


本日のメインである「ラグー・アラ・ボロネーゼ」。385バーツ
麺は平麺のタリアテッレ(Tagliatelle)。
タイにしてはアルデンテでやや硬めにゆでてあります。硬い麺は食べごたえがある。欠点はソースが飛び散りやすいことかな。


「ラグー・アラ・ボロネーゼ」と「ミートソーススパゲッティ」の違いは何かというと、「ボロネーゼ」の方は肉・野菜たっぷりを煮込んで濃密にしたシチューをかけたもの。「ミートソース」の方はトマトソースに肉などで味付けをしたもの。ということで全くの別物ということでいいでしょう。

06_160134JamyItalian.jpg


以前のタイのスパゲッティというのはグデグデの茹ですぎ。老人にやさしいおかゆ状態が多かった。それでスパゲッティは避けてペンネばかりを食べていた。ペンネは茹ですぎてもトロトロにならないからね。

最近はちゃんとしたスパゲッティが出回るようになったんですね~~



合計で605バーツのところをeatigo割りで377バーツでした。

07_123456JamyItalian.jpg



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

SWEET SOY SAUCE




このまえ、フードコートでカオマンガイを頼んだら、あの黒くて甘いタレが瓶で出ていた。

01_131325swsoysauce.jpg


この黒いタレの正体が分からなくて、いろいろ探していたけど、TOPSに普通に売っていた。32バーツ/415g

02_184212swsoysauce.jpg


「源昌 甜珠油」Nguan Chiang - Sweet Soy Sauceとあるから、源昌というのがブランド名で、商品名は甜珠油ということになります。

大豆を原料にしたものでは、珠油、鼓油、酱油などがあります。酱油(ジャンヨウ)は醤油と名前は同じなんだけど、醤油とは違ってシイタケエキスなどの味がしますので使いにくいですね。鼓油は日本名では香味醤油で、魚の蒸し焼きに使います。

甜珠油も直訳すると砂糖醤油ということだけど、煎餅に塗る砂糖醤油とカオマンガイにかける甜珠油では明らかに別物です。

03_184242swsoysauce.jpg


********************************************************
さてカオマンガイなどの鶏の蒸し焼きにかけるソースとしては、甜珠油の他にもいろいろあります。

写真の左上は「スィートチリソース」、左下は「ナムチム」だけど、右上がよくわからない。これは市販品であるものか、家庭で作るものなのか。

04_131329swsoysauce.jpg


ともかく甜珠油が手に入ったことで、自家製カオマンガイへの道は大きく歩み出したわけですよ。

友達にもお土産にしようかな。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

コンドの民泊取締りが厳しくなってきた




今年の4月に掲載した記事を再度説明すると、
「このマンションは2522年(西暦1792年)の国家建築法の規定に基づいて、住宅用として登録されておりデイリー並びにウィークリーのレンタルは禁止されています。」

01_152741minpak2.jpg


「このコンドミニアムでデイリー並びにウィークリーの賃貸を運営するオーナーおよび代理店は2547年のホテル法によりホテル事業とみなされ、違反した場合は1年以下の懲役または22万バーツ以下の罰金、あるいはその両方で罰せられます。」

02_152766minpak2.jpg


というものです。

そんな昔の法律を引っ張り出してきてもなぁ~~と思っていたのだが、最近になって2522年の入国管理法第38条(Section 38 of IMMIGRA TION ACT)を厳格に報告するようになっています。
つまり短期の外国人はタイ入国後24時間以内に住居提供者が入国管理局に報告します。

ところがこれを報告できるのはホテル法事業者だけなので、1週間程度の民泊オーナーは届出ができません。(届けるとホテル法違反になる)それにより無届けはオーナー側の責任ですが、旅行者もビザ失効などのペナルティを受ける可能性があります。

********************************************************
そういう取締りがあるようになったんだね。と思って来たら、前回の警告掲示から3ヶ月たって、もっとはっきりとした警告が出るようになりました。

03_151521minpak2.jpg


これはIdeoMixのような比較的新築のコンドでは、以前から厳しく言っていたのだけど、ウチのようななあなあのコンドでも厳しく言うようになってきたようです。
ガードマンが知らない住民が入ってきたら、どこの部屋ですか?と聞くようになってきた。


それでAirbnbのような民泊者が居なくなったかというと・・・宿泊予定表が相変わらず出ているところを見ると、変化ないみたいですね。

04_124569minpak2.jpg


そのうち、もっと厳しく取締りがあるかもしれません。
********************************************************
お話変わって、ウチのコンドの入口に卵が積んでありました。

「みなさん、どうぞ」ということですね。

05_142438minpak2.jpg


家賃が安いので居住者は変わる気配がない。ある意味、部外者が全く居そうもないコンドなので、こういう感じなんでしょうね。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

亞坤カヤトースト




「亞坤カヤトースト」(ヤックン・カヤトースト)は、シンガポールを代表する朝食の定番です。

オーチャード通りを歩くと、何軒かカヤトーストのお店がある。だいたい地下にあるからお洒落なコーヒーショップというよりは、待ち合わせに使うスタバという感じかな。

カリカリに焼いた薄いサンドイッチパンに、カヤジャムとバターを挟んだもの。それにコピと温泉卵がついて4.8sin$(370円)です。

ただそれだけのものだから、自宅でも、っと思ってカヤジャムを買って帰ってみたんだけど、自分で作るとなにか違う。

こういう単純なものは難しいですね。パンが特別なんだろうか、バターが違うんだろうか。

「亞坤カヤトースト」は、バンコクでは伊勢丹の4階と、チットロムのマーキュリータワー、アマリンプラザにもあります。

01_144503akunkaya.jpg


さっそくAセットを注文します。150バーツ(500円)。シンガポールの1.35倍です。

02_145355akunkaya.jpg


いつものカヤトーストと温泉卵とコピです。
お味の方は・・・うん。シンガポールと同じだ。

温泉卵はいつものように気持ち悪い。醤油が甘いのと塩っぱいのと2種類付いてくるのですが、どちらも日本の醤油とは違う。

コピは定番の甘さです。イノダコーヒとおんなじだ。

********************************************************
コピの新製品の看板がありました。
「ブラウンシュガーシリーズ」と「ブラックシュガーファイヤーシリーズ」だそうです。

気になったのは、抹茶ラテ。(レギュラー100B、ラージ115B)ということなんだけど、もうコピではないんじゃないの。

03_144519akunkaya.jpg




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

「和食さと」の天丼




「和食さと」というのは、日本でも多くの店を展開している和食ファミレスなんだけど、アマリンプラザの4階にも出店してました。

日本では「やよい軒」と双璧をなすくらいに巨大なグループでグループ店舗数は445軒(うち「和食さと」は203軒)もあるのに、バンコクでは後発となってしまいました。


「大戸屋」「やよい軒」がやや高級レストランとしてお店を構えてしまい値段を下げられずにいるのに、後発組の「和食さと」はバンコクの食事情をよく研究しており、フードコートにいわゆるファミレスとして低価格・高回転を目指しているようです。


さすがに屋台の値段ではないが、わざわざパラゴンやエンポリアムで高い値段を出すのはちょっとという向きには、気軽に入れる値段というクラスかな。

コレってけっこう重要なことで、屋台値段だと不味くてもしかたがないやとなる(潰れはしない)。エンポリアム値段だと美味しくて当たり前、更になにかビジュアルが無いと一軒家レストランにお客を取られてしまう(先に潰れてしまう)。

01_150007tendonsato.jpg


ほとんどの商品が99バーツで出ています。350円だから日本よりも安そうですね。

02_150020tendonsato.jpg


ちょっと高いのは「鮭フライ丼」109バーツ。385円。
でも鮭フライを丼にするのかなぁ。鮭フライ丼があるなら海老フライ丼だってアジフライ丼だってあるだろうけど。
要は、カツ丼のように卵とじができるのかっ?ということ。

03_144726tendonsato.jpg


********************************************************
さて、おすすめメニューの中から「天丼」99バーツ(350円)を注文してみます。

04_144746tendonsato.jpg


調理場を見ていたら、ちゃんと揚げたての天ぷらを出してくれました。天丼とみそ汁と天つゆが付いてきます。

揚げたてという事もあり、サクサクしていて美味しい。エビはタイの方が本場だから日本の天丼より美味しいかもしれない。味噌汁もきちんとしたものだった。

05_150221tendonsato.jpg


でもよく見るとエビは1本だけですね。写真では2本あったのに・・・・

後でチェックしたら写真の天丼は「大エビ丼」165バーツでした。写真が間違っていたようだ。



ちなみに日本の「和食さと」のメニューでいうと、これは「昼得天丼」598円(+税)と同じものでした。「昼得天丼」も海老1本、野菜3種です。

06_150222tendonsato.jpg


こりゃ日本に帰ったときに天丼食べると、高いものについていたということかいな。

メガバンナーにも出店しているようです。

JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

トンロー8のプーケット料理店




今日は「Phuket Town」に予約を入れたので出かけます。

確かエイトトンローの中にあったよな~という結構なうろ覚えです。

中をうろうろして見つけたのがこのお店。
「Tumrup Phuket」とあるけど、いいのかな?

01_256631phkrest.jpg




違わない?って聞いたら、大丈夫ですということで入店。
********************************************************
まずは「パンダンリーフティー」69THB
パンダンリーフというのはお菓子などに色付けをする緑の葉です。そのままではただ緑色が付くだけなので、ゼラチンをパンダンリーフで染めて、そのゼラチンを細かく切ってお茶に入れてあります。

02_151628phkrest.jpg


プーケットといえば、マサマンカレーですが、聞いたら「とっても辛いよ~」とのこと。タイ人が辛いというからには相当なもんだね。っと日和って「豚の角煮」にします。139THB
辛くないよという言葉を信じましょう。

03_151623phkrest.jpg


「豚の角煮」は蜂蜜で甘く煮てありますが、すごく美味しい。中華料理の角煮から脂っこさと八角の臭さを取り除いたと思ってください。これはリピートもんですね。



あぁ満腹した~というところで、デザートのグアバが出ます。梨のような味です。それにディップソースが不思議。くさい臭い。魚とエビのすり身から作ったガピ味噌みたいです。日本でいうとクサヤ入りの味噌というところ。それにたっぷり砂糖を加えて練り込んである。臭くて辛くて甘くて・・・おいしい。

舌がヒリヒリになりながら、やめられない、止まらない。臭いよ~辛いよ~びっくりオドロキの新経験!!
臭い食べ物というのは、魔力がありますね。

04_152925phkrest.jpg


それではメニューをいろいろ見ていきましょう。日本語の解説も付いてます。
唐辛子3本マークの付いたものは激辛なので、タイ人でも食べられないかもしれないそうですよ。

05_150537phkrest.jpg

06_150552phkrest.jpg

07_150612phkrest.jpg

08_150638phkrest.jpg

09_150643phkrest.jpg


本日のお会計は256バーツでした。

10_256632phkrest.jpg


後日談:あとで「Phuket Town」から"No Show"だとメールが来たので、「行ったよ~」とレシートのコピーを添付ファイルで送ったのだけど、やはりお店は違っていたみたい。ソイ8のエイトトンローに行ったけど、本物はソイ4にあることが判明しました。

しかし翌日まで気が付かなかったとはマヌケですね(笑)


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

ビザの更新と「TM-30」の罰金事情




ビザの更新でチェンワッタナの入国管理局に行ってきます。まったく予測しない書類が増えたりするから毎度一日仕事です。最近では二日にわたることが増えてきています。

ロングステイビザは、預金残高が直近の3ヶ月間で80万バーツを下回らないこと。下回る場合は英文の年金証明を日本大使館で発給してもらい合算額が80万バーツを下回らないことになっています。

昨年度は年金が足りなかったので、預金証明を付けたのだが、今年はなぜか年金だけで80万バーツを遥かに超えてしまいました。
なぜだろう。昨年の書類が間違っていたのかな?いまもっていくら年金を貰っているのか把握できていないのでどちらが間違いなのかもハッキリしないのですが。

********************************************************
さて、最近話題の「TM-30」です。「TM-30」とは、"Notification Form For House-Master,Owner Or The Possessor Of The Residence Where Alien Has Stayed"の書式のことです。

日本大使館からの注意事項をあげると、

タイへ無ビザで入国後滞在が認められた方、短期滞在ビザ取得し入国された方、長期滞在ビザで滞在されている方は、
外国人を宿泊させた届出「TM-30」がオーナーによって届け出が行われたことを裏付ける半券が貼付されていることが必要です。その届出に関し
(1)家主の住居登録証
(2)家主のIDカード
(3)外国人のパスポートと入国カード
が必要となり、受領証の半券が交付さます。
受領証の半券が無い場合はビザが更新できない上、罰金の対象となります。

01_144334TM-30.jpg


案の定、「TM-30」の届け出はされていませんでした。

そこで、入管窓口で相談すると、必ずしもオーナーである必要もないので、宿泊者がオーナーとして登録してもかまわない。その場合はコンドの契約書(コピー)があれば、いつから部屋を借りているかがわかるということです。

02_211366TM-30.jpg
[書式1]

「TM-30」は多数の登録者がいることが前提なので、書式2には居住者全員をリストアップします。
他の人を見たら多数のパスポートと全員の名前を書いた書式2を出していましたので、普通はアパートの管理人がパスポートを借りて持っていくのでしょう。

03_325478TM-30.jpg
[書式2]

まずはここでは罰金は発生しません。いわゆる「TM-30」の半券というのは書式1の下1/4にある受領書のことです。

04_444325TM-30.jpg


ここまでの手続きは淡々と行われていたのですが、問題発生。

「半月前にパタヤのホテルからTM-30が出ています。宿泊は1日ですが、その後のアップデートがなされていないので、罰金800バーツです」

05_501234TM-30.jpg


********************************************************

ここで時系列をまとめてみましょう。
黄色はTM-30の届出前の時間、青色は届出後の時間です。Aで帰国後、日本のホテルに泊まり、Bで入国、数日後Cでパタヤに行き、その後[TM-30を届出]、Dでスワンナプームの空港ホテルに泊まって、数時間後出国、Eでタイに再入国した状態です。
以前の日本大使館の見解ではBとEで入管に行って届け出たほうがいいという見解でした。

06_669999TM-30.jpg


今回、チェンワッタナの入管で確認したところ、BやEの入国にはアップデート必要なし(届出不要)、日本滞在中のホテルについては記録は来ないから対象外。

CやDから帰宅した時は24時間以内に届出が必要。今回Cの届出が無かったので罰金。
CやDの場所はバンコク以外であればパタヤだろうとスワンナプーム(サムットプラカーン県になります)だろうと同じです。ただしバンコクに宿泊したのなら届出不要。


という事ですが、入管担当者2名に確認したので正しいと思います。
法の解釈で、バンコク以外の場所のアップデートが必要な場所に宿泊した場合が問題なので、日帰りしたとか友人のアパートに泊まったとかはアップデートされていないことになります。また海外に出国して帰国してもそれは宿泊記録にはアップデートされていないので、届出不要ということです。(個人的には宿泊記録になくても、入国カードの番号が変わったので届出しなくてもいいのかな?と不安ではあります)

これだと土曜の夜にパタヤに遊びに行くのはダメですね。バンコクに日曜の夜までに入管に「TM-30」を提出するのは不可能。

土曜の夜に女の子の家に上がり込むというのはOKかな。

空港ホテルに泊まってそのまま帰国したというのはダメですね。出国・入国記録がアップデートされませんので、空港ホテル(サムットプラカーン県)に泊まって、その後24時間以内にバンコクに帰った報告がされなかったので罰金です。
バンコク滞在ならなんとかなるかもしれないけど、帰国のためにウドンタニから来てスワンナプームの空港ホテルに泊まったらもう不可能。その場合は空港に野宿しかない。

・・・・なんか変でしょ??


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

MBKのスマーホフォン最新価格



2019/08/13 MBK4階 NASAで調べた最新のスマホ価格です。iPhoneもありますが、iPhone THなので、日本語は使えても正規ルートでの修理は不可ですのでリストには計上しておきません。

01_153415MBKPhone.jpg

※価格はタイバーツです。

【OPPO】
A1K            3,380
A3S(32GB)        4,250
A5S(32GB)        4,350
A7(64GB)          5,300
A83(16GB)        3,100
F9(64GB)          6,950
F11(128GB)      6,750
F11pro(64GB)      8,000
F11pro(128GB)    8,550
FindX         15,800
R17Pro               13,350
Reno(256GB)     21,600

********************************************************
【Zenfone】
MaxPro M1(32GB)   3,200
Max M2(32GB)        3,680
MaxPro M2(32GB)   3,700
MaxPro M2(64GB)   4,700

********************************************************
【HUAWEI】
Mate20                   12,500
Mate20Pro              16,000
Mate20X                 18,900
MediaPad M5lite       6,550
MediaPad T5(4G)     6,700
Nova2i                     4,300
Nova3i                     5,500
Nova4                      9,400
P10(64G)                 5,600
P10Plus                   6,650
P30(128G)             14,900
P30lite(128G)          7,550
P30Pro(256G)       22,100
Y5lite                       2,050
Y5Prime                   2,220
Y7Pro                       3,500
Y9                            5,000
Y9Prime                   6,600
Honor8A(32GB)       2,950
Honor8C(32GB)       3,450
Honor8X(64GB)       5,200
HonorPlay(64GB)    6,650
Honor10lite(32GB)   3,800
Honor20lite(128GB) 5,600

********************************************************
【Wiko】
Jerry4                   2,250
Lenny5                 2,050
Sunny3Plus          1,600
Sunny4                 1,570
Sunny4Plus          1,850
Tommy3Plus        2,370

********************************************************
【Vivo】
S1                        7,400
V11                      7,700
V11i(64GB)          5,950
V15                     8,000
V15Pro(128GB)   12,000
Y17                      6,000
Y91                      4,050
Y91C(32GB)        3,500
Y91i(16GB)          3,680
Y91i(32GB)          3,850
Y93                      3,750
Y95                      4,880


だいたいは日本語に対応していると思われますがすべてを確認したわけではありません。
なお、アンドロイド8.1と9.0が混在しています。一部7.0、8.0もあります。
OPPOではColorOS 5.2がAndroid 8, ColorOS 6がAndroid 9をベースとしたものになります。
VATリファウンド非対応です。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 海外用携帯電話   ジャンル : 携帯電話・PHS

中華Dynastyが値段据え置きで豪華になった




今日はセンタラ・グランデの「Dynasty」で豪華なランチをいただきます。豪華といってもeatigoの50%OFFですので、税・サ込みで546バーツでしたから、そこそこいい値段だけど、スゴくいい値段というわけでもない。

01_133122ChinDynsty.jpg


まずお値段は今までと同じですが、お安くなったものとして、お茶が無料になりました(以前は120バーツ)熱い烏龍茶か冷茶が選べます。

次に飲茶だからといって無節操に注文することが無く、最初に料理の構成を組み立てるようになりました。
アペタイザーから2品、スープを1品、飯か麺、デザートを選びます。
飲茶はそれ以外の品からいくら選んでも構いません。

これはイイですね。飲茶だけ食べてしまったり、饅頭だけ食べてしまったりという食事としてのバランスの悪さが点心の欠点だと思っていましたので、全体構成を組み立てていただくと、点心がフルコースに変身します。

02_133612ChinDynsty.jpg


まずは前菜、「叉焼と家鴨のパテ」
家鴨の脚でしょうか、コリコリとした食感が、叉焼のふわりとした食感とよく対比しています。

03_134626ChinDynsty.jpg

スープは、「竹笙湯」
キヌガサタケのスープです。フカヒレとかアワビのスープが高級品だと思ったら大間違い。このキヌガサタケこそ中華の神髄です。高価にして漢方の薬効アリ。免疫向上・老化防止・痴呆予防・抗ガンなど。
英語では"Bamboo Pith soup"というのですが、竹の芯とは全く関係ありません。

04_134631ChinDynsty.jpg

********************************************************
さてここからが飲茶です。

「蒸藍蟹鉗」
ワタリガニに卵をかけて蒸した料理です。ワタリガニがプリプリしていていいですな。

05_135509ChinDynsty.jpg


「阿拉斯加巨蟹腸粉」
阿拉斯加ってアラスカのことなんですね。アラスカ蟹入りの腸粉です。
腸粉って大好きなんですが、日本ではあまり見かけないですね。米粉を餃子の皮のように広げて具を挟んで蒸すのですが、春巻きとは違うので、タイ料理でいうとセンヤイ・ラートナーに近いものです。

06_135517ChinDynsty.jpg


「蝦炸雲吞」
エビの包み揚げ。ワンタンのような薄い皮でエビを巾着包みにして揚げたものです。日本だとワンタン皮って小さいから巾着包みなど出来ませんが、大きなワンタン皮を作って揚げてみましょう。

07_140329ChinDynsty.jpg


「蓬子餡的油炸芝麻球」
ゴマ団子ですが、蓬子餡ってヨモギのあんこでしょうか。

08_135525ChinDynsty.jpg


胡麻の皮を割ると、緑の層と白い餅とその中に黄色の餡が出てきました。三重になっています。緑の層がヨモギということかな。

09_141505ChinDynsty.jpg


********************************************************
飲茶も十分食べたので、飯にします。

「家鴨とピータンの炒飯」
ビックリするくらい赤黒い炒飯が登場です。この見るからに辛そうで塩っぽい炒飯だと思ったけど、食べてみるとそうでもなかった。塩は控えめな感じです。

10_140947ChinDynsty.jpg


デザートは「薑茶湯圓」
訳すと生姜湯団子。この中華系菓子はタイにもあってบัวลอยน้ำขิงといいます。これは大好きなお菓子のひとつです。むせかえるほど生姜が辛いところに甘い黒いごまあんの団子が入ってます。団子はつるんとして柔らかい。辛くて甘くてスゴク美味しい。風邪にも効きそう。

日本にはなぜか美味しい中華菓子が出回りませんね。なぜだろう。
最近になってやっとタピオカドリンクが出回ったくらいで大騒ぎです。この湯圓が出回ったら大変なフィーバーになるかもね。

11_141814ChinDynsty.jpg


********************************************************
美食を堪能したら、調度品も見て回りましょう。
ここにはちょっとした美術館並みの調度品が飾ってあります。

12_142859ChinDynsty.jpg


13_142913ChinDynsty.jpg


14_142919ChinDynsty.jpg


15_142847ChinDynsty.jpg


美術品もあわせて料理を楽しむという事では、中華は最高ですね。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

「ZING」のパン




今日は、「センタラグランデホテル」に向かいます。中華の「Dynasty」に予約を取ったからです。

01_132737CentaraGranBread.jpg


エレベーターで24階に上がるわけですが、待ってる間に下の階のパン屋さんを覗いてみました。

看板ではいろいろなデニッシュやクロワッサンが多そうですね。

02_132829CentaraGranBread.jpg


このお店は「ZING」というようです。パンだけでなく、パニーニやチャバッタ、ブリトーなども出してくれるようです。これだけ多彩なサンドイッチ類があるけど、バーガーは写真に無かった。店内のメニューにはあるのかな。

03_132934CentaraGranBread.jpg


お店の感じはカフェですね。一番手前には「Dynasty」で扱う月餅が置いてあったから、このホテル内のレストランの惣菜持ち帰りコーナーという理解でいいのかな。

04_132959CentaraGranBread.jpg


店内に入ると、サンドイッチやデニッシュなどのほかに、食事パンも置いてあった。どうやら24階の「The World」のパン部門はここで調達しているみたいです。

05_144501CentaraGranBread.jpg

********************************************************

そこで柔らかめのパンを1つ買っていきます。ホールで120バーツ

06_212011CentaraGranBread.jpg


きめ細かなパンなので、焼かずに食べるか、少しだけ温めて食べるかしたほうが美味しくなった。
まあビュフェの「The World」に行けば、120バーツ出さなくても食べられるわけですが。そうはいってもビュフェでパンだけ食べているというわけにもいかないし、かといってこの「ZING」でパンとコーヒーで過ごすというわけにもいかない。

07_212000CentaraGranBread.jpg


・・・というわけで、持ち帰りが正解かな。ただし24階で食事をした後では「もうご飯はいっぱいだ~」と、買う気にならないから、食事前に買うのがいいようですよ。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

Royal Project Work 50




「Royal Project Work 50」がセントラル・ワールドで開催中です。

今年度はロイヤルプロジェクト財団50年ということで、母の日を中心に開催されています。今回のテーマは持続可能性の維持。

タイランドの欠点の一つとして、「飽きっぽい」、「長続きしない」、「一過性」、「その時が楽しければそれで良いじゃない」という性質がありますが、50年も地道に続けるという事はそれだけでも大変な苦労。

かといって既得権の維持などではなく、健康志向への欲求にこたえ開発努力を続けること、高い収益性を求めることを念頭に置かないと、それは官製のキレイゴトになってしまいます。重要なのは官製指導のプロジェクトが国民の生活の向上と農家の生産構造の改良と収入増につながることです。

プロジェクトのひとつに高地森林の復元と山岳民族の自立、アヘン栽培からの脱却のための寒冷気候に適した作物の研究開発というのがあります。このプログラムの開発モデルは、周辺のアセアン諸国への脱アヘン栽培モデルとしての指導的な役割を担っています。

かつてタイの高地森林は紫檀・黒檀・鉄刀木の産地でした。換金性の高いこれらの樹木は違法伐採・密輸により極度に減少しています。さらに資源が減少し荒廃した高地に付け込むように換金性の高いアヘンが栽培されるようになりました。アヘン栽培を銃で取り締まるのではなく、農業で脱アヘンをすることで、資源の換金・貧困・犯罪という負のスパイラルから脱却し、特産物・観光誘致・国民意識の向上という正のスパイラルへの変換が目標となります。

そういう目であらためてこのロイヤルプロジェクトを見てみると、「安っすいわぁ~」「新鮮だっわぁ~」という見方だけではないロイヤルプロジェクトの隠れた目標が見えてくるような気がしませんか。

以上カセサート大学農学部からのうけうりでした。



********************************************************
ということで、「Royal Project Work 50」の会場にやってきました。母の日ということもあって、すごい人だかりです。

01_155437RoyalPRO50.jpg


これは「コーヒー蜂蜜アラビカ種」95THB。日本だと600円くらいで売ってるから半額かな。

02_154452RoyalPRO50.jpg


これは「ロイヤルプロジェクト紅茶」120THB。安いんだけど味がわからない。紅茶は産地がどうのではなくて、ブレンダーで決まるからねぇ。

03_154604RoyalPRO50.jpg

こういうカントークディナーで使いそうな膳も売っていました。丸い膳は見たことあるけど、船形もあるんですね。

04_153314RoyalPRO50.jpg


これは「マッドミー」でしょうか。日本でテーブルクロスにしていました。

05_153324RoyalPRO50.jpg


でも本当はショールとして使うものでした。ただショールにしては生地が厚すぎるから重いかも。なんかインディアンみたいになるし。

06_153401RoyalPRO50.jpg


センタラ・グランデホテルのパンも売っていました。90THB
早速買って帰ったけど、これは美味しいよ。

07_153522RoyalPRO50.jpg


山岳民族の服とかポーチなども売っています。3800THB
リアル森ガールになるには最適かもしれませんよ。

08_154321RoyalPRO50.jpg


なぜかタイでは誰も使わないのに、日本では大人気の買い物かご。
お土産としては最強アイテムです。ただコレを土産にすると嵩張るから大変ではあります。

09_153829RoyalPRO50.jpg


「Royal Project Work 50」は8月9日~18日までやってます。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

プラトゥナムの艦これSHOP




プラトゥナムの交差点をはさんでインドラリージェント側とThe Platinum Fashion Mall側は激混みで歩くだけでも疲れるのだけど、Palladium側はいつでもガラガラ。お客さんの気配が全くありません。

お隣にはNEONというナイトマーケットもありますが、以前ボッタクリがあったとかの影響からか、最近はお客さん見ませんね。タイ人に聞いてもナイトマーケットは「タラート・ロットファイ(鉄道夜市)」だと言ってますから、タイ人にも相手にされてないナイトマーケットって・・・

そのPalladiumの話題です。



********************************************************
「Palladium」には他所には無いお店がたくさんあります。

まずはタイの古楽器のお店。古楽器といっても古い楽器ではなくて新品の古典楽器です。

これは「キム (ขิม) 」という弦楽器です。琴のように指で弾いたりせず、バチで叩きます。琴のような物悲しい音ではなく、熱帯の夜を思わせるマンドリンのような音色です。
マーラーの交響曲第7番ではマンドリンとギターで夜を表現していますが、もしマーラーがキムを知っていたら採用したかもしれませんよ。

01-150433patonamushop.jpg


これは「ソーウー (ซออู้)」という楽器です。二胡と同じく二本の弦がちゅうぶらりんの状態で張られた楽器です。弾けば一応それらしい音は出てきますが、音が出たから音楽だというわけにはいきません。そういう意味では三味線と同じで、毎日練習してもモノになるかどうかわからんという事でもあります。

02-150441patonamushop.jpg


その近くにあったお店。いかがわしいブルセラショップではありません。かといってロリコン趣味の人が来る店でもありません。

03-150537patonamushop.jpg


ゴスロリとか天使の羽とかいろいろ揃っているコスプレ専用の呉服屋さんでした。オーダーとか出来るみたいですよ。

04-150638patonamushop.jpg



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

amazonプライムはバンコクでは見れません




「amazonプライム」というのは、会員制の優待サービスのことであり、amazonプライムに入ることで、特価商品を購入できたり期日指定の配送サービスを受けることができるシステムです。

このamazonプライムには、いまひとつ動画配信を受けることができるというサービスもあります。

そこで1ヶ月無料というので、BANGKOKで動画配信を試してみます。

ノートPCをHDMIケーブルでTVにつなぎ、モニターよりも大画面で見れるようにします。

画面サイズは「1366×768」。これはFull-WXGAという解像度になりますが、ノートPCの高画質解像度になり、TVのHD画質よりやや大きい。フルHDよりは小さい。

フルHDにするにはPC側のグラボが対応していないし、そもそも配信TVはHD画質だけなので、それ以上は必要がないということです。

01-HDsaiz.jpg


さてそのように環境を整えて「かもめ食堂」を検索しましょう。

だが・・・見れません。

「現在の場所では、このタイトルをご利用いただけません・・・・」

02-kamomeshokudou.jpg


やっぱりネ。かといって隣町に行ったところで視聴できないのは同じ。
********************************************************

VPN(Virtual Private Network)を使ってIPを偽装すれば見えるじゃないかというご意見もあるでしょうが。タイランドで合法性があるのかどうか不明なVPNを、敢えて使おうとするのはリスクが高杉晋作。

ここはDVD購入にとどめておいたほうが良さそうです。
でも最近、DVDも本物とは思えないような値段とパッケージだから、これだってあやしくって法的に異邦人かも。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

「OPPO F11」レビュー




現在使用中の「Zenfon Laser2」と「VIVO Y81i」ですが、「Zenfon Laser2」の方に最近不具合が目立つようになりました。バッテリーがすぐになくなったり、充電がされなくなったり。アンドロイド6.0なのでアプリに不具合があったり。
「VIVO Y81i」の方はアンドロイド8.1ですが、カメラもピントが合わなくなってきた。これはマニュアルモードで何とか凌いでいる状態です。

ZenfoneのラビットLINEペイは、VIVO Y81iにある日本のLINEペイと共有化できませんので、「VIVO Y81i」にZenfoneのラビットLINEペイを移し、日本のLINEペイ用には新調したほうが良さそうです。

新しいスマホを探すとなると、Android 9.0に対応した機種から探すのがベストです。Android 8.1でもまだ使えますが、意外とバージョンの更新というのはあなどれません。

Huawaiがアンドロイドの更新をストップされるみたいだけど、アンドロイド更新しなくても使えるだろうというのはダメです。Windows以上に、古いバージョンではアプリに対応していない。Playストアもアンドロイドに連動するからダウンロードも非対応。GooglePlay開発者サービスが更新できないと、インストーラも機能しなくなります。
古いスマホというものは、通話機能しか使えないことになります。まぁ電話機だからそれでも良いのかもしれませんが。

そこでパンティップ電脳ビルに出かけて、いろいろな新製品を比べてみます。格安機種のOPPOのA1Xが約1万円ですが、カメラが使いものになりません。OPPOはA3、A5までほぼ同じようなカメラ性能です。F11とR17が写した写真の分解能が良いという結果でした。R17は10,000バーツで投げ売り中。R17はAndroid 8.1ですので在庫一掃処分中なのでしょう。


そこでカメラ性能から見て「OPPO F11」8,990THBと「OPPO F11pro」9,900THBを候補にするが、いささか高額です。その足でMBKに出向くと「OPPO F11」が6,800THBでした。

********************************************************
「OPPO F11」のSIMスロットルはnanoSIM 2枚刺しか、nanoSIM 1枚+microSDメモリの選択という事になります。最近は1つのnanoSIMに2つの番号登録が出来るようになったので、こういう構成が多いのですが、これではタイSIMと日本SIMの使い分けをするにはメモリーカードは使えません。(またはSIMを外して交換する)

01_123600newteloppo.jpg


初期設定として、最初に重要なことは言語設定です。まず「設定メニュー」から「言語・地域」を選びます。これは[A]のアイコンを頼りにします。

02_124201newteloppo.jpg


「言語・地域」のサブメニューの中では下にあるのが「言語メニュー」

03_124224newteloppo.jpg


その中で「日本語」を選択すれば完了です。

もう設定後だから簡単そうですが、今までのことがすべてタイ語で表記されているのが初期状態ですから、日本語が使えるかどうかは店頭でチェックしておく必要があります。現在ではほぼどのメーカーでも日本語は使えるようですが、昨年まで「シャオミ」、「ギャラクシー」「VIVO V5」では使えませんでした。

04_124237newteloppo.jpg


********************************************************
次にカメラ性能。
比較のために同じ風景を「OPPO F11」「Vivo Y81i」で比較してみます。

まずは近くの工事現場。遠いので4倍ズームにしてあります。

05_124908newteloppo.jpg
[OPPO F11]

06_151208newteloppo.jpg
[Vivo Y81i]

日中の風景写真では「OPPO F11」の方がクッキリしています。


次に夜景を写します。
「OPPO F11」には夜景モードがありますので、これを先に設定しておきます。

07_124322newteloppo.jpg


08_192954newteloppo.jpg
[OPPO F11]

09_193218newteloppo.jpg
[Vivo Y81i]

手振れをしないようにカメラを固定してもこの状態だから、「Vivo Y81i」での夜景はほぼ絶望的。手持ち撮影だとその差は限りなく広がってしまいます。


最後に、やや暗い市場での手持ち撮影です。スマホは片手で持って、カメラを向けたらサッと写すという使用条件です。VIVOでは手振れのため何か分からない写真になってしまいました。これも「OPPO F11」の勝ちになります。

10_153133newteloppo.jpg
[OPPO F11]

11_121148newteloppo.jpg
[Vivo Y81i]


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 海外用携帯電話   ジャンル : 携帯電話・PHS

イタリア料理「SPASSO」が値下げしていた




今日はバンコクでの最高級のイタリアンである「SPASSO」に行きましょう。
日本でイタリアンに行ってみようと思っていたのだけど、あまりにも高すぎる!日本では洋食屋さんでガマン。イタリアンはバンコクに行った時だけだね。

01_144654RisterantSPASSO.jpg


「SPASSO」のランチメニューを見てビックリ。なんでも値上げのバンコクで値下げしています。
前に来たときは、ランチはメインディシュ1皿+ビュフェという形式で895バーツだけでした。
その値段は変わらないんだけど、メインディシュ無しのビュフェのみ695バーツというのも新メニューで追加されていたわけです。

02_134226RisterantSPASSO.jpg


パスタなどは、ビュフェコーナーにあるから、実際パスタとかタパス料理とかならビュフェだけでも十分堪能できます。

しかし今日はいつものようにメイン+ビュフェ895バーツにしておきます。
********************************************************
ビュフェはアンティパストから

「Zuppa di fagioli」ズッパ・ディ・ファジョーリ(インゲン豆のスープ)
ほんのり甘いスープは豆だくさんです。これにパンを浸して食べます。

03_135417RisterantSPASSO.jpg


パンは今日はフォカッチャが無くて、ピザパンとチャバタでした。ここのチャバタはバゲット風になっているので軽い。

04_135436RisterantSPASSO.jpg


「Prosciutto e Melone」ハモンセラーノをメロンと一緒に食べます。ちょっとメロンが固かった。

05_135537RisterantSPASSO.jpg


「牛肉のカルパッチョ」これも有名な料理ですね。オリーブオイルが数種類置いてあって、好みのオイルで食べるようになっていました。

06_143031RisterantSPASSO.jpg


「Insalata Caprese」カプレーゼというのはスライストマトをスライスしたモッツァレッラチーズで挟んだサラダだと思っていましたが、このお店ではトマトもチーズもブロックで登場です。

07_135528RisterantSPASSO.jpg


「ゴルゴンゾーラチーズ」
あの臭くてえぐいゴルゴンゾーラです。
ホントは臭みは全くありません。えぐみも全くありません。臭みもえぐみも古いから生じる雑味。本当のゴルゴンゾーラは、青かびの芳醇な風味が口いっぱい広がります。うまいうまいと、パンに載せてジャムのように食べています。こればっかりは食べないと分からないね。
一度これを知ると、もうゴルゴンゾーラの無い人生なんて考えられないようになりますよ。

08_142945RisterantSPASSO.jpg


「パルメザン・チーズ」
よくパスタに振りかける粉チーズです。
パルメザン・チーズも本当は粉チーズではありません。ましてやパスタに振りかけるものでもない。(かけてもいいけど)
この固いチーズは削るようにしてお皿に取り、直接食べたり、ズッペに振りかけたり、サラダに添えると良いでしょう。

09_142953RisterantSPASSO.jpg



パスタ料理です。
「オレッキエッテ Orecchiette」マッシュルームソース添え。
これはニョッキのような団子状のパスタです。初めて食べたんだけど、すごく美味しい。
でもパスタだけでお腹をいっぱいにしてはイカンので、ほんの一口だけにしておきます。

10_135450RisterantSPASSO.jpg


魚料理です。
「Barramundi alla figure」バラマンディの姿焼き。
バラマンディというのは大型の海産魚ですが、それをトマトソースで煮てあります。やや大味なところもあるが淡白な白身のバラマンディを少しワイン風味で味付けしてあります。

11_135442RisterantSPASSO.jpg


肉料理です。
「Pork meatball arabbiata sauce」ミートボール アラビアータソース煮込み
イタリア料理のミートボールというものも初体験。いわゆるイタリア家庭料理というジャンルです。これがメインでもおかしくないくらい濃厚で、どっしりした肉料理でした。
イタリアン・ミートボール大好きになりそうな味でした。

12_135456RisterantSPASSO.jpg

********************************************************
ここでやっとメインディシュの登場です。

「鶏肉のサルティンボッカ ローマ風 saltimbocca alla Romana」
鶏のグリルにグルービーソースをかけたもの。手前の白いのはポレンタではなくマッシュポテトだった。味の方はというと、あまりピンと来ない。
ビュフェの方が多彩すぎて、メインディシュとしてはやや霞んでしまった。もうビュフェでいろいろ食べたので、メインディシュは不要だったかな。

13_142211RisterantSPASSO.jpg


デザートに行きましょう。
「Baba Limoncello」ババ・リモンチェッロ
リモンチェッロ(レモンリキュール)入りのババ。名前だけ見るとババロアみたいだけど、実際に近いのはサヴァランかな。
ブリオッシュの台にリキュールを染み込ませフランベしたもので、あまりに美しいので「アリババ」と名付けられ、そのうち「ババ」となったそうな。

14_143149RisterantSPASSO.jpg


写真を取り損ねたけど、もうひとつのデザートは「アフォガート」
アイスクリームにコーヒーなどをかけたものです。
今日はバニラアイスクリームにヌテラをかけていただきます。

そういえば、「ヌテラ」もイタリアを代表するスィーツだった。

15_AC_SY400_RisterantSPASSO.jpg


以上を合わせてeatigo50%割りで、1124バーツのところを645バーツとなりました。

16_91456987RisterantSPASSO.jpg

ただこのお店はランチ終了が14:30ですので、13:30までに入店しないとディナーのセットのために片付けが始まりますので要注意です。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

トゥクトク4WD





バンコクの風物詩ともいえる「トゥクトク」ですが、これが意外と難しい。
アユタヤあたりだと移動範囲もだいたいアユタヤ島の中なので、トゥクトクのお値段もほぼ一定だから困らないのですが、バンコクの場合は端から端までが広い。(正しくは端っこのサムロンはバンコクではなくてサムットプラカーンになるのだが)

そこで、サイアム駅前から「サムロンに行ってくれ」と言ってもまず通らない。「空港へ行ってくれ」も無理。どの程度までなら行ってくれるのかという見極めが必要になる。

これは遠いからということではなくて、行動圏内の問題だと思う。サムロンで捕まえたトゥクトクでもシーナカリン通りまで行ってくれというのは大丈夫だから。

01_122842tuktuk.jpg


次にお値段の問題もある。やっかいなことに乗車する場所で値段が大きく違う。サイアムの駅前なら140バーツくらい言わないと乗車拒否になるが、サムロンだと70バーツくらいからだと思う。
でもこれはお金さえ出せば乗せてくれるわけだから、ハードルは低いのかもしれない。

サムロンやプラトゥーナムでは、市場に直結した乗り場だから、乗客も市場の買い物客か卸業者ということになり、サイアム駅前のように外国人観光客とちがって、高い値段も吹っ掛けられないのでしょう。

02_122633tuktuk.jpg


おっ!!このトゥクトク。よく見たら4WDでした。雪道に強そうですね。タイヤは三輪しか無いですけど(笑)

03_122643tuktuk.jpg



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

スーパーリッチで両替




お金がない。バーツが足りない。

・・・ということなので、タイバーツへの両替に行ってきます。

先週までは「1万円=2,840バーツ」でほとんど動きがない。50万円だと142,000バーツになります。

今週に入って「1万円=2,870バーツ」と動きが出てきました。ちょうど韓国への輸出検査の厳格化を発表したときですので、IT不況の前触れか、またはドル/円が108円から105円に円高になった影響でしょうか。

それでともかくウドムスックから高速バスに乗ってラチャダムリ通りまで向かいます。

********************************************************
ラチャダムリ通り。BIG-Cの裏手には、「Grand Superrich」「Super Rich Thailand」「Super Rich 1965」と大きな両替商が並んでいます。レートはほとんど変わりません。(たまにどこかがレートが微かに良いこともある)

01-131349THBryougae.jpg


02-131437THBryougae.jpg


03-131457THBryougae.jpg


ただいまのレートは「1万円=2,900バーツ」でした。50万円だと145,000バーツになります。

先週から比べると、わずか1週間両替を我慢しただけで3,000バーツ(約1万円)余計にゲットしたことになります。利回り2%/1week

両替差益って銀行金利なんぞ目じゃないくらいに、高利回りだということが分かります。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

和食のKAZANでディナー




わたしはバンコクで和食なんて食べたくもないんだけど、今日は誘われて出かけてしまいました。

出かけた先はMRTペブリーの駅前にあるSINGHA Complexというビルです。シンハというからにはシンハビールのビアガーデンがあるかと思ってたけど、それは無かった。

01_200028kazanwa.jpg


そのかわり、このビルにある日本料理は、ナンチャッテのタイ人経営とか日本の名前のタイ料理店とかではなく、純粋な日本のチェーン店を集めています。

まずは「しゃぶしゃぶの温野菜」
日本では3000円~で食べ放題になる高級店です。タイだと399THB~ですので日本の半額でいけます。今度行ってみよう。

02_204803kazanwa.jpg


「牛角」はタニヤにも出店している焼き肉店。ここも日本の牛角よりは安い値段設定です。

03_204811kazanwa.jpg


********************************************************

今日タイ人に連れて行かれたのは「KAZAN」というお店。日本にあるかどうかは知らない。

04_201441kazanwa.jpg


メニューを見ると、焼き物、天ぷら、にぎりのお店のようです。

05_201623kazanwa.jpg


06_201634kazanwa.jpg


07_201656kazanwa.jpg


まずは「天ぷら巻き」

天ぷら巻きにしては、天かすやらトビっこやらのトッピングが賑やかなので、本体の場所が分かりにくいのだが、太めの海老天1本を切って巻物にしているようです。

08_202039kazanwa.jpg


これは「サーモンにぎり」

生サーモンと炙りサーモンとからなっていた。

09_202048kazanwa.jpg


「サーモンのお造り」

ようするに鮭の刺身なのですが、こってりと脂の乗った鮭でした。ただ残念なことはこれは生魚の切り身です。刺身の清廉さとキリッとした感触がありません。包丁遣いが悪いのかな。
刺身というからには、切った魚ではなくて、引いた魚にして欲しかった。
生臭さは無いのだけど、ぬるりとした食感が舌に残ってしまう。
タイ人はサーモン大好きなので、サーモン尽くしになってしまったのだが、脂身の強い鮭とブリは年寄にはキツイ。

10_202042kazanwa.jpg


ビールとかご飯とかつけてeatigo割りで700バーツになりました。
以前なら入口に客引きの女の子が着慣れていない和服を着て立っていて、それはそれで良かったものだが。最近見ないね。

11_girl_Shot666.jpg
[引用 http://www.okurabangkok.com/ja/careers.html]



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

植物検疫輸出許可証の発行




日本からタイへ植物類を持ち込む場合の話です。

タイでも植物検疫上、持ち込み禁止となるものがあります。実際はタバコばかりが取り締まり対象なので、あとのものは検査するのかどうかよく分かりませんけど。

国際的な取り決めで輸入を禁止しているものには、カキ、キウイ、サクランボ、ナシ、洋ナシ、ビワ、ブドウ、温州ミカン、モモ、リンゴ、イチゴ、カボチャ、キュウリ、スイカ、トウガラシ、トマト、ピーマン、メロンがあります。

韓国産イチゴと中国産リンゴは怪しいですね。タイは法律だけ作ってそのまま運用しないという事が多いので、非合法なのかもしれない。まぁタイと韓国がホワイト国関係で輸入もフリーとしているのかもしれませんけど。
日本産メロンというものが出回っていますけど、あれはタイ産日本風メロンなのでしょう。

次に輸入禁止ではないけど、日本での輸出検査が必要であるというものがあります。
キャベツ、ネギ、ミョウガ、レタス、甘藷、生姜、大根、長ネギ、長芋、ニンジン、玉ねぎ、ワサビ、コメ、緑茶です。
米に関しては玄米はタイ側で条件を言ってきていないのでわからないから検疫許可が出せないそうです。

この中にないものとして、梅干とか、納豆とか、きな粉とかはどうなんでしょうね。加工品はいいのかな。

今回お米を持参することにしましたので、日本からタイへ持込で輸出する場合の手続きについてまとめておきます。

まずは申請用紙。空港の検疫所で作成してもいいけど、あらかじめ植物防疫所のサイトからダウンロードしておくとよいでしょう。

記載事項で要注意は、輸出する品物の学名が必要です。

01_i_2011植物検疫

植物検疫所は下の地図参照。成田第2の場合は、空港のチェックインカウンターAの外側。JTBなどの団体旅行カウンターの並びにあります。

02_0111成田空港植物検疫所


********************************************************
さて、早朝のリムジンに乗って成田空港に到着です。ここで植物検疫カウンターはすぐに見つかりました。

でも・・・閉まってる。誰もいません。

しかたがないからカウンターにある電話番号に電話します。

「今から行くから先にチェックインしておいてくれ」とのこと。

実際には電話して10分後には係りの人が登場しました。

さて、上記の申請書類を提出し、品物を見せます。(チェックインして受託手荷物にしたら見せられなかった)
それからいろいろ記載ミスなどをチェックして、やっと書類が出たのが30分後です。

どうも申請書類はあらかじめFAXで送っておいて作成してもらいなさいということのようです。

03_0211植物検疫


さあこの書類を持って、ドンムアン国際空港に到着です。

04_164009植物検疫


タイ側の植物検疫窓口を探したけど、見つからない。赤い関税ゲートに行ったけど緑の免税ゲートへといわれる。緑の免税ゲートに入ったらそのまま外に出てしまった。

どうもコレって最近流行りの輸出入検査の厳格化の一端なんだろうけど、タイ側がなあなあなんでしょうね。もっともある日から急に厳格化するのがタイランドですから、いつものなあなあを期待しててはいけません。

タイが植物検疫を厳格化したら不買運動にロウソクデモしますか。放火未遂で捕まるのが世界の常識だと思いますが。


JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 海外旅行   ジャンル : 旅行

キティちゃんの甚平@トロピカル




ガレージセールで見かけた「ハローキティの甚平」800円

なんか、しまむらで売ってそうな柄です。

01_122942Jinbeikithy.jpg


ソンクラーンにでも着ていけそうなトロピカル柄でした。
背中のキティが目にはいらぬか!!

02_123014Jinbeikithy.jpg





なぜ浴衣ではなく甚平なのか。

かつて浴衣を買ってタイに持って行ったことがあるけど。

《着れない!!》

そもそも浴衣と着物の区別も付かないうえに、着付けが出来ない(直せない)から。

《着崩れする!!》

着付けが下手なのはしょうがないとしても。体型の違いなんだろうか。

こういうイメージを求めてはいけない。

03_234564Jinbeikithy.jpg


*****
*******
*********
とまあ、甚平なら夕涼みがてらに羽織ればいいだけなので、着崩れもないでしょう。



JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : 着物・和風小物   ジャンル : ファッション・ブランド

タコベルに行ってきた




「タコベル」というのはアメリカを中心にしたタコスのチェーン店のこと。

00_021153tacotaco.jpg


タイではチットロムの駅前に1号店がオープンしたのだけど、なかなか行く機会が無かった。

場所はBTSチットロムのランスワン通りのサイドからマーキュリービラに直接入れるので、そこの1階。


01_151008tacotaco.jpg


場所としては便利な場所なんだけど、なぜかこのマーキュリービラに入っている店舗はすぐ撤退をする。

このタコベルの入っていた場所も、以前はHarrodsが入っていたが、3年くらいで撤退してしまった。Harrodsの正面にはドイツパンのお店もあったはずなんだけどこれも撤退。Harrodsのナナメ前のKalpapruekは焼肉屋に変わっていた。

ドイツパンはどこに行ったか分からないけれど、HarrodsもKalpapruekもそれぞれエンバシーとセントラルワールドにあるから、タイから撤退したという訳ではない。単にこの場所が嫌だっただけのようである。

********************************************************
その鬼門のマーキュリービラ店だけど、開店当初の勢いは無いものの、3時すぎでもそこそこ混んでいる。

まあ3時のオヤツで、小腹が空いたときに丁度いいようなお店なんだけど。

02_153314tacotaco.jpg


タコスもいいけど、カリフォルニアプレートというのになんとなく気が引かれた。200THB

トルティーヤの無いタコスというところかな。

タコライスとワカモーレ、サラダが一つのプレートに乗っている。

なんとなくトルティーヤで自分で包みたくなった。

お味は、不味くはないが、まあそこそこ。ファミレスというよりマクドの味かな。

03_151825tacotaco.jpg


ドリンクはカップを貰ってドリンクバーで自分で何杯でもお替りできる。とはいってもコーラとスプライトとあとひとつくらいなものだけど。

04_153322tacotaco.jpg







JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・バンコク   ジャンル : 海外情報

定番のサイアムエレファント




パタヤという街は美味しい店が少ない。

ジョムティエンとかナクルアまで出かければ、なんとかなるのだが。

ビーチロード沿いでは碌な店がない。

それでもビールを飲むとかならなんとかなるのだが、一般の食事となるとビアホールという訳にもいかんでしょう。

場末のタイ料理なら、そこそこの味をキープ出来るのだが、特にお薦めという所でもない。

そんな食事難民になりそうなパタヤであるが、唯一ハズレが無いのが「サイアムエレファント」かな。

ここは海に面したバーベキューレストランと、エアコンの効いたSiam Bayshore Hotel内の2つの店がある。

バーベキュー側は観光客でいつもいっぱいだけど、ホテル内のほうはいつもガラガラ。

01_200300SiamElep.jpg


たぶんゴーゴーバーとかに行ってて忙しいから、こんな洒落たレストランでゆっくりお食事をとろうという人がいないのかもしれない。

ここのお店のイチオシは、なんといっても「トムカーガイ」
あとは何をとったのか忘れてしまったけど、このトムカーガイは絶品。

02_200858SiamElep.jpg


ココナツが甘すぎることも無く、かといって激辛でもない。

ピリリと辛いがすぐにマイルドなベースに包まれてしまうような味。

これだけは、パタヤでないとなかなか味わえない。

********************************************************
しかしいつも気掛かりなことは、このお店がまだやってるだろうかという心配である。

03_202910SiamElep.jpg


バンコクのような出入りの激しい場所ではとっくに撤退してそうだけど、相変わらず流行りもしないが、撤退もしていないという姿を見るだけでもひと安心してしまう。




JIMMY

最後までおつき合いありがとうございます
タイブログのランキングに参加してます。
下記バーナー↓↓↓を1日1回一押ししてもらえると大変嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンクーバー情報へ
にほんブログ村



テーマ : タイ・パタヤ   ジャンル : 海外情報

プロフィール

JIMMY

Author:JIMMY
タイの美少女をイラストで紹介したいと思います

音楽の話やイラストの話と
おいしい科学もオヤツにどぞ

LEOも時々訪問してくれます

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR